管理人 のすべての投稿

自己紹介:1979年静岡県生まれ、東京都調布市在住。 親にゲームを隠されては見つけ出しを繰り返す日々を送る。 大学休学、海外生活、音楽活動を経て、ソーシャルゲームなどウェブコンテンツの企画を担当。 一児(娘)の父。 これまでの経験から身に着けて来た様々な「知恵」や「体験」をご紹介し、気になるゲームをプレイしてみようと考えている方の背中をそっと押せるそんなブログにしたいです。 ほぼ毎日更新、有意義なサイトにして行きたいと思います。

知人に聞いた「PS4 proを買った理由と感想」は?

PS4 pro購入者の知人たちとお話する機会がありました。ハードのスペックが通常版から大きく向上したものの、そもそもPS4 pro専用ソフトのようなものは無いので、買ってみてどうなのか?実際にその恩恵は感じられるのか?

いまいちピンと来ていませんでしたので、感想や購入した理由について聞いてみました。
続きを読む 知人に聞いた「PS4 proを買った理由と感想」は?

発売決定!「ミニスーパーファミコン」買う人・買わない人それぞれの意見まとめ

1: 名無しさん必死だな 2017/06/27(火) 09:23:40.543 ID:r16/q4Oy0
ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
お前らミニスーパーファミコン買う?買わない?

続きを読む 発売決定!「ミニスーパーファミコン」買う人・買わない人それぞれの意見まとめ

【画像あり】ファミコン「MOTHER(マザー)」心に残る20の名言 〜前編〜

1989年にリリースされたファミコンの「MOTHER(マザー)」はカルト的な人気のあるRPGですが、言葉の魔術師こと糸井重里氏監修ということで、大人になった今改めてプレイしてみても、心に刺さるセリフが多い名作です

シリーズ3作品のうち、最も知名度が高いMOTHER2に比べると、1作目はその難易度とクセの強さからプレイ人口がそう多くはないようですが、実際に通してプレイしてみると、やはり名言が多く見られるように感じました。

ということで、本作で特に心に響いた20の名言をご紹介します。
続きを読む 【画像あり】ファミコン「MOTHER(マザー)」心に残る20の名言 〜前編〜

【薄桜鬼・イケメン戦国】人気乙女ゲーキャラ6人と実際の写真とのギャップが凄い!

乙女ゲーに登場する男性キャラクターはイケメンです。例えば、新撰組をモチーフにした「薄桜鬼」はどのキャラクターもとんでもなく美少年です。

そんな折に、たまたま主要キャラクターの一人である「斉藤一」の実際の写真を見る機会があり、びっくり仰天。乙女ゲーフリークでもそもそも乙女でもない私も、そのギャップにさすがに驚き震えました。このショックを誰かに伝えずにはいられないので、人気乙女ゲーと実際の写真とでギャップのあった「薄桜鬼」「イケメン戦国」のキャラクターをいくつかご紹介いたします。

※諸説あります。
続きを読む 【薄桜鬼・イケメン戦国】人気乙女ゲーキャラ6人と実際の写真とのギャップが凄い!

ソルトアンドサンクチュアリ3周目以降の楽しさプレイヤー同士語ってみた。

「2D版ダークソウル」と呼ばれる「ソルトアンドサンクチュアリ」ですが、クリア後の2周目は輪をかけて敵が強くなっています!しかも7周までパワーアップし続けるとのこと。

2周目に入って敵の固さに私も最初驚かされましたが「さらに周を重ねると、一体どれほどイカれた強さになってしまうのか!?」という不安を持つ1周目の知人に対して3周以上回っている我々が感想について語ります。

ソルトアンドサンクチュアリプレイヤー紹介


201612310637歳
男性
既婚(娘3歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
間もなく3周目クリア。トロフィー取得率は90%超え。(なぜかNPC魔術師3回目が出て来ず悪戦苦闘)

M氏プロフィール
201701091042歳
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
ソルトアンドサンクチュアリは4周目、トロフィーはコンプリート済み。夜になるといつも3DSかPlaystationのどちらかがオンライン状態の人。

O氏プロフィール
201703101134歳
男性
未婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
M氏の会社後輩。ソルトアンドサンクチュアリはM氏に半ば強引に買わされ、間もなく一周目クリア

周を重ねる毎に難易度が高まる!?と思いきや、そうでもない?

私「Mさん、ソルトアンドサンクチュアリのトロフィーコンプリートしました?」
M「しましたよ、2周でコンプリートです。」
私「凄い。なぜか最後の魔法使いのNPCが出るべきスタート地点の浜辺に現れなくて。」
M「もしかしたらシャム湖のボス(湖の魔女)を倒したら出てくるかもしれませんよ。僕は1周目は自力で、2周目にwiki見ちゃいましたけど。」

私「てことは今は3周目?」
M「いや、4周目ですね。色んな武器を使ってみようと思って。結局今のところはやっぱり大剣に落ち着きましたけど。」
O「4周!Mさん、そんなに時間あるんですか?(笑)」
M「睡眠時間削って(笑)
私「僕も今のところ大剣ですね。最初は手数の多さからダガーかな!と思って使ってたんですけど、実際ボス戦だと全然ダメージ与えられていなくて。かなり長期戦になります。」
M「ダガーは僕もほぼ初期段階で見切りを付けたな。」

ダガーはリーチも短くて手数の割に火力も弱い…?

O「僕も大剣使ってますよ。」
私「大剣使い易いですよね。リーチも長いし、手数だって立ち回りしっかりしていればコンスタントに攻撃できますしね。
M「特徴は大剣に近いんですけれど、ハサミはそれなりに使えるかなって。」

O「使った事ない。ていうか見たことない。2周目から出てくるとかですか?」
私「いや、そんなことない。1周目から出てくるけど、大剣とかダガーみたいにポロッと拾えず、確か最初は練金で作っていたような…。」
O「1周目で強い武器揃えておいた方がよさそうですね。」
M「あんまり気にしなくていいんじゃない?2周目は難しいけれど、あまり気にしないくらいがちょうど楽しめる難易度だったけどね。」
私「2周目開始した直後は結構インパクト強かったですけどね。

M「確かに2周目は武器もレベルも強くなっているはずなのに、雑魚のゾンビも1周目よりも固いし、被ダメージもなんとなく多い気がした。」
私「敵の攻撃方法やスピードは1周目と全然変わらないから、自分の腕前も上達しているし、やっているうちに苦戦の度合いは1周目と変わらなくなった気がします。」
M「僕はむしろ2周目の方が楽だったような。
私「2周目から3周目に入った時はさらにインパクト薄まりました。「あ、全然いけるわ。」って。

強化の方向性も定まって主人公が強くなり易い?

私「経験値も増えるからレベルも上がりやすくなりますよね。コウモリでいうと、貰えるソルトは1周目が50、2周目は600、3周目では1,000くらい貰えますよね。」

つまり経験値稼ぎには、弱い敵ほどたくさん倒した方がお得!

M「4周目もさらに増えますよ。雑魚敵の方が経験値の増加率が高いですよね。「アーマー・マイト」とかデカい敵は全然補正がかかっていないみたいで。せっかく苦労して倒しても、貰える経験値なぜかゾンビと同じくらい、みたいな(笑)」

O「デカい敵倒す意味ないじゃないですか。」
M「強いて言えば、練金や強化で使う素材集めとか?」
私「あと、最初のうちはスキルの振り分けを満遍なく振り勝ちで、結果器用貧乏なキャラに仕上がったんだけど、ある程度自分に向いた武器やプレイスタイルが分かってくるから、無駄なくパラメータを上げられるようになりました。」

М「それはありますね。基本脳筋で、実は魔法も便利だから最低限の魔力も強化しておこうと思ったんだけど、迷いが無くなって、もうやっぱり全部近接攻撃で良いや!って(笑)魔力も振らずに腕力にだけ特化させた。」
私「僕もそうなりました。魔法強い!って思ってたんだけど、やっぱり近接攻撃で十分。フォースは回復と補助魔法の「祈り」に使ってます。」

O「1周目でも十分苦戦しているから、2周目とか今から恐怖なんですけど…(笑)
M「大丈夫大丈夫、そんなに変わらないから。1周目が簡単だったとか全く思わないし。」
私「覚えてないですよね。でもバランス自体は確かにあまり変わらなかったような。よくある「ハードモード」っていう感じ全然なかった。
O「そうなんだ。」
M「寧ろ3周目くらいから雑魚もボスもズバズバ倒せるようになるよ。

私「敵も地味に強くはなっているんでしょうけど、我々もある程度慣れて来ているんでしょうね。」

使い勝手の良い武器はやはり大剣?

M「2周目から3周目にかけてこちらの装備も強くなっていますしね。」
私「僕は「三位一体の大剣」を使っているのですが、これがとにかく優秀で。」

M「優秀ですよね。」
私「もともと「体力吸収」「スピードアップ」のスキルが備わっているのでモーションは気持ち早くなって、ボスによっては4~5発ほどの攻撃でひるむので、こちらのスタミナが切れるまで切り続け、スタミナを回復したら再びひたすらサンドバッグにすることもできますね。
О「楽勝じゃないですか。」
M「そう。楽勝。
O「Mさんさっき色々武器使ってみてって話してましたけど、大剣とハサミ以外でこれは良い!っていう武器ありました?遠距離武器とか特に未知で。」

M「遠距離は正直どれも微妙だった。というのも弾数制限がある上に方向を狙ってから撃たなきゃいけない。その上当たってもさほど強いっていう印象は無かった。」
私「弓とか全くでしたね。弱い上になかなか当たらない。狙いを定めているうちに敵が即効でやってきてボコボコにされるっていう。」
О「技強化しなくて良かった…。」
私「でも3周目くらいは力技でどうにかなるからなぁ。」

敵の動きやマップ構成にも慣れてクリア時間も短縮!

M「あとマップも覚えているので、実質そんなに時間かからないですよね。」
О「ああ、それは大きい。マップが広いから、目的地探し回るのにいつも手間取ってます。

M「それがだいぶ短縮されるよ。さすがに3周目になると、大体のルートもなんとなく頭に入っているしね。」
私「慣れは大きいですよね。ボス戦もそうなんですけど、攻撃パターンが変わったりするわけじゃないので、大体倒し方は体が覚えている。3周目も開始から1〜2時間で5~6体のボスを倒しました。
О「早い!」
私「中盤以降はさすがに時々倒されますけどね。
О「単純計算で5~6時間ほどでクリアできるようになるかもしれないですね。
М「あ、でもクリアするくらいならそのくらいならいけるかも。」
私「3周目も2周目よりもさらに厳しい戦いになるんじゃないか?って戦々恐々としていたけど、結果そうでもなかったです。」

М「結構サクサクですよね。」
私「トロコンも割と取りやすい部類だと思う。僕もここ数年ヌルゲーに慣れてしまってて最初は躊躇したんですけど、2周目やったらやったで普通に楽しいし、3周目とかは多少俺つえープレイを楽しめている気がします。」
M「4週目はもっとサクサクだから。
О「Mさん、5周目やりますか?」
M「ん~、一応トロコンしたから一旦はもういいかな(笑)

まとめ:PS1のマイナーな隠れ名作RPGは?

369: ゲーム好き名無しさん 2016/08/26(金) 10:46:29.43 ID:E0fZ+1G60

マイナー寄りのRPGでおすすめソフトない?
システムやシナリオ重視、グラはWA1でも余裕

俺のおすすめは夏にぴったりマーメノイド
人魚になって水中世界の謎に迫るRPG。簡単だから初心者にもおすすめ

続きを読む まとめ:PS1のマイナーな隠れ名作RPGは?

管理栄養士に聞く「ARMS(アームズ)」の消費カロリー、ダイエット効果は?

nintendoSwitchの「ARMS(アームズ)」が人気です。特にオンラインの対人プレイがとにかく面白いようで、私の周囲でも盛り上がりを見せています。

さて、ネットを見てみるとこのARMSの「いいね持ち」で、両手を動かしながらのプレイスタイルを取ることで「筋肉痛になる」「汗が額から滲み出る」といった報告も見られ、これはもしやダイエットにも効果があるのでは?といった印象を受けました。

ゲームで楽しみながらダイエットできるのであれば願ったり叶ったりなわけですが、実際にこの動きにどの程度ダイエット効果が見込めるのか?ヘルスケア事業で当社へ派遣された元管理栄養士の方に尋ねてみました。

続きを読む 管理栄養士に聞く「ARMS(アームズ)」の消費カロリー、ダイエット効果は?

【画像あり】ゲームギアプレミア価格ソフト「IN THE WAKE OF VAMPIRE」はこんなゲーム

希少価値から当時の定価を大きく上回る破格の価格が設定されるプレミアゲームソフトがあります。

1990年、モノクロであるゲームボーイの弱点を補ったカラー液晶のゲームギアですが、任天堂機ほどの本数ではないものの、ソフトのいくつかは高額なプレミア価格になっています。中でも特に高額な価格の付いたゲームギアのプレミアソフト「IN THE WAKE OF VAMPIRE(イン ザ ウエイク オブ ヴァンパイア)」ですが、その価格はインターネットでの販売価格はなんと最安値で9,980円、定価の約2倍もの価格です。

それにしても本作はかなりマイナーなタイトルのようですが、ニンテンドーeショップでバーチャルコンソールとしてリリースされているじゃありませんか

定価の倍近い高額商品である本作はさぞかし楽しいことだろう!という期待を胸に迷わず購入。プレミアゲームソフト「IN THE WAKE OF VAMPIRE」のプレイレポートです。

※2017年5月現在の価格です。

一見ダンジョン探索型かと思いきや、基本一本道のアクション

最初にタイトル画面からゲームをスタートさせると、プロローグが始まります。

全部英語!

いかにも海外らしい画面ですが、前文英語!ローカライズ(日本語化)まったくされておらず、なんとも可愛げの無い画面です。文面から察するに「100年ほど前のロンドンで、満月の夜になると、血液が抜き取られるという殺人事件が起きていた。そこへ超常現象の研究者であるソーシャル博士が現地に趣き、事件の調査を始める。」みたいな中世ヨーロッパの雰囲気漂うストーリーです。

こりゃ大変だとソーシャル博士を操り、いざゲームスタート。

ラウンドは全部で5つ、それぞれ2つのステージから構成されています

舞台はイギリスのロンドン。画面は背景まで丁寧に作りこまれており、様式美漂い、雰囲気ある世界観です。

空中をすばやく飛び回るコウモリ、徘徊するゾンビ、銃を撃ってくるスパイなど、多種多様な敵が登場します。が、これらの敵を倒したところで何か役立つアイテムが入手できるわけではなく、得点は加算されますが、得点によってエンディングが変わったり、ストーリーに変化が及んだりするわけではありません。

途中仮面のようなシンボルが点在し、破壊することで武器やアイテムが手に入ります。武器には「ナイフ」「サーベル」「ステッキ」「斧」の近接武器に加えて、上ボタンと攻撃ボタンを押すことで敵に飛ばせる「爆弾」「ブーメラン」「銃」「杭」と遠距離武器が4種類ずつあります。

それぞれリーチや攻撃力、モーションやスピードなどが異なります。リーチが長く、攻撃力もそこそこ高い「ステッキ」か、リーチは短いものの範囲が広くほぼ全ての雑魚を一撃で倒せる「斧」で、概ねラストまで一直線です。
仮面の中からは回復薬や1UPアイテム、画面上の敵を一掃するダイヤモンドなども手に入ります。

一度倒されてしまうとステージの最初からやり直しとなり、武器は「ナイフ」に戻ってしまいますので注意です。また、ゲームオーバーになると、ラウンドの最初から再スタートです

本作でも、どこでもセーブできるゲームギアバーチャルコンソールの「まるごとバックアップ」機能大活躍です。

ホラーの雰囲気漂うソリッドな横スクロールアクション

各ラウンドをクリアするとストーリーが挟まれますが、もちろん全文容赦なく英語です。

英文もイラストも可愛さ一切なし!

画面では雲がスクロールしたり、カラフルで作り込まれたステージだったりとグラフィックは見応えがあり、ゲームギアソフトの中でも奇麗な部類に入るのではないかと思います

様式美漂うステンドグラス

ステージは横スクロールで階段を使って上下のエリアにも移動しますが、基本的には一方通行です。左右に振れる船や大きな時計の振り子などを踏み台にしたり、破壊できる壁から隠し通路を見つけたりしながら進んでいきます。

定番の仕掛けがアクションの良いアクセントに

ラウンド2は蝋人形の館。このステージでは、後ろを振り向いた途端蝋人形がいきなり動き出すという不気味な演出があります

ホラーな演出にドキッとします

さらに進むと狭い部屋に閉じ込められ、次々に襲い掛かってくる椅子や絵画を一掃しなければならないフロアもあり、骨太で難易度は高めです。

いわゆる「ポルターガイスト現象」のフロアは難易度も高く、何度かやり直しました

さらに進めていくと、生首や宙づりにされた人間などが並ぶ不気味な研究室のステージも登場します。随分際どいグラフィックだなと思い確認してみると、SEGAバーチャルコンソールのソフト紹介ページによると、一応CERO B指定のようです。

12歳未満の少年少女のみんなはちょっと怖いかもしれないので注意しよう!

ラウンドの最後は緊張感の高いボス戦

各ラウンドにおいて、ステージ2の最後にはボスが待ち構えています。攻撃パターンもバリエーションがあり、初見では苦戦する可能性があります。

ボスは何度か戦っているうちにパターンを覚えていきますが、ステージ途中の難易度が割りと高いため、ボス到達時点で残り体力が少なく、あっさりと倒されてしまうケースもあります

「血をよこせ!」と言ってくる女は体から骸骨が飛び出してくる不気味なボス

それぞれのボスは、方々へ移動しては様々な方向から攻撃してくるものが多く、ノーダメージでクリアするのはなかなかのテクニックが必要となります。

ラウンド3のボス。ムキムキのスーパーマンのような男が弾を飛ばしながら飛び回り、ラウンド4でも姿(服)を変えて登場します

最終ラウンド5の最後にはラウンド3、4で倒したボスが再びパワーアップして戻ってきます。地面から飛び出す突起を避け、上下に浮かぶ床に飛び乗りながらペチペチと攻撃を当てていくこと10発ほどで撃破。

GRAAAAAH!

ボスは最後にドラキュラを呼び出し、連戦開始です。分裂したドラキュラはとんでもない速さでスクロールしますが、どれか一つ本物に攻撃を当てます。

正真正銘の最終戦です

遠距離武器である「杭」を投げつけてから力押しで斧で数発ぶん殴ると…。

あーれー

ドラキュラが落下していき、写真がドカーンと分裂、エンディングが始まります。連戦は厳しいですが、単体でみればさほど難しくはありませんでした。

「ロンドンの街は救われた。だが忘れてはならない、ドラキュラはいつの日か復活の時を伺っている、満月の夜に…。」みたいな内容

こんなゲームが好きならば楽しめる?

クリアしてみた印象としては、非常にシンプルな横スクロールアクションゲームです。プレミア価格の面白さがあるかと言われるとなかなか悩ましいかもしれません。

特筆すべき尖った部分も特に見られず、基本的に出てくる敵やアイテムの場所も固定されているため、何度も繰り返して遊びたくなる要素も特段見られませんでした。

強いて言えば以下のゲームに近い印象があります。

悪魔城ドラキュラ
中世ヨーロッパを思わせる様式美の雰囲気と、2Dのフィールドをゆっくりと歩きながら、途中にあるアイテムシンボルを破壊して武器や回復アイテム入手ながら進むシステムは、ディスクシステム版である元祖「悪魔城ドラキュラ」に近いかもしれません。ただし「キャッスルヴァニア」のような探索要素はありません。

魔界村
禍々しいステージの道中でアイテムを拾い、自分にあった攻撃手段で突き進んでいくのはファミコン「魔界村」に近い印象です。
ステージ上の仕掛けや敵の手数、攻撃手段など、全体的な難易度、戦略の幅は魔界村の方が圧倒的に高いです。

ただしゲームの価値は人それぞれ。楽しさだけが価格の全てではなく、コレクターの方、当時を懐かしむ方にとっては他に代えがたい価値があるというものです。

今回の私のように「これだけ高額ならばきっととんでもなく面白いんじゃないか…!?」と心躍らせている方にとって、購入前の参考として本記事がお役に立てば幸いでございます。

順調にいけば、クリア時間は1〜2時間程度でした