ジョジョラーのゲーマー達が語る「ジョジョの奇妙な冒険」オススメのゲーム作品は?前編


「ジョジョの奇妙な冒険」は好きですか?

少年誌、週刊少年ジャンプ掲載でありながらクセの強い独特の画風は賛否分かれるものの、時に不気味で文字通り奇妙でドラマティックな物語は、特定の読者に対しカルト的な人気を博しています。

そんなファンを魅了して止まないジョジョですが、奇怪な能力を持つ物同士の戦いにゲームとの親和性も高く、いくつものタイトルがリリースされてきました。

当サイトに登場するゲーム仲間にもジョジョファンは少なくなく、ゲーム化された過去作品について語り合って参りました。どの作品が好きですか?

ジョジョのゲームについて語るメンバー

私(管理人)
201612310638歳
男性
既婚(娘3歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
好きな作品は3部、5部。使いたいスタンドは「ザ・ワールド」と「ゴールドエクスペリエンス」。

M氏プロフィール
201701091042歳
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつも3DSかPlaystationのどちらかがオンライン状態の人。全シリーズを読んでいるジョジョラー。好きな作品は2部、3部、4部、5部、7部って全部じゃねーかというレベルで、使ってみたいスタンドは岸辺露伴の「ヘブンズ・ドアー」。

A氏プロフィール
40代前半
男性
未婚
好きなジャンル:アクション、バイオハザード、HORIZON ZERO DAWN、等
上記M氏の職場同僚。好きなシリーズは3部、4部。使いたいスタンドはMさんと同じく岸辺露伴の「ヘブンズ・ドアー」。何か悪い事に使うのかと尋ねると「人に迷惑かけると申し訳ないから、備えているだけ。」と心優しきガチな回答を頂き、メンバー困惑。

O氏プロフィール
201703101134歳
男性
未婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元スポーツマン。本人曰く「にわか」で、好きなシリーズは3部。使いたいスタンドは「ザ・ワールド」。時間を止めていけない事をしたいという、小学生のような真っ直ぐな発想の持ち主。

SFC版「ジョジョの奇妙な冒険」はネタ作品…?

私「この4人で共通の趣味がゲーム以外にありまして。」
M「ジョジョ?
私「当たりです。
M「好きですからね、ゲームもほぼやっています。」
私「どの作品が好きですか?」
M「ファミコンジャンプは入れますか?」


A「あれはまあ…無くてもいいでしょう(笑)」
M「だとするとスーファミからですかね、3部の。」
私「あれやったの、僕中学に入ったばっかりだったかな。いっちょまえにスタープラチナ音声出ませんでしたっけ?」


M「よく覚えてますね。ザ・ワールドの「無駄無駄…」の声が妙にキモかった記憶があります。最近のと違って妙にロボットみたいな喋りでしたよね。」
私「僕、当時中学生くらいで、あまり好き放題ゲームする時間なくて、クリアしてないんです。」
A「でもストーリーの再現度高かったよね?」
M「そうですね。ただゲームとしてはなかなかネタ的な感じでしたね。RPGだけどアドベンチャーみたいな。」

私「クセの強かった印象しか無い。」
A「確かに今となってはネタ的ですね。」
M「でもあの頃既に僕ジョジョ好きで「承太郎がゲームで動かせる!歩き回る!」っていうだけで結構嬉しかったですけどね。歩き回るって言っても左右だけですけど…。」
O「クリアしました?」
M「覚えてない(笑)ていうか多分してないです。」
O「ジョジョ好きがクリアしないって相当ですよね。」

PS版格闘ゲームが秀逸!

M「プレステのジョジョはハマりましたね、格ゲーの。」


O「僕、そこから入りました。ジョジョ好きになったのはなんならそれきっかけです。友達の家でやってて「何このカッコいいスタンドとかいうの!」って(笑)」
A「3部は初心者でも入り易いからね。」
M「格闘ゲームは当時格ゲーの中でも群を抜いて大胆じゃなかったですか?」
私「スタンド瞬時に出したりひっこめたり。」
M「攻撃方法もかなり奇抜。そもそも格ゲーって大胆な動きをすればする程ゲームバランスが大きく崩れるのに、あれだけ奇抜なスタンドの技を使いながら格闘ゲームとしてちゃんとバランスを保っているあたりはさすがだなって。


O「さすがカプコンですよね、ストツーの看板背負っているだけある。ヘタな格ゲー出せないでしょうね。」
M「かなり嬉しかったですけどね、自分の好きなタイミングで瞬時にスタンド出せるところは気持ちがよかった。
私「スタンド状態でガードばかりしているとブレイクされて、しばらくスタンド出せないとかですよね。」
M「スタンドの効果やなんかもイメージ通りでした。」
O「何を使ってました?僕、承太郎です(笑)」
私「僕も承太郎、時々ディオ(笑)」


M「まあ使い易いですからね(笑)。強いし。僕ヴァニラ・アイスとかジョセフとかですね。」
A「玄人っぽいな。俺何だっけ…チャカとか使ってたかも。でもジョジョってもともと「パワーA」とか「射程距離B」とか「成長性なんちゃら」とか、かなりゲーム向きな設定されてますもんね。ああいうチャートというか性能を設定するあたり、荒木先生ゲーム好きかもしれませんね(笑)
M「いや絶対好きでしょう(笑)」

システム一新、PS2の名作5部「黄金の旋風」

O「次は確か「黄金の旋風」ですよね。PS2の。」


私「メチャクチャやりました!全ステージ評価Sだったかな、最高にしました。再現度高かったですよね。」
A「格ゲーじゃなくなりましたよね。名作なのに、割とマイナーな気がする。」
M「グラフィックは凄かったけど、ゲームは結構単調じゃなかったですか?」
私「そうですね…基本浮かしてボコボコにするゲーム。だけど爽快感が凄かった。原作と同じシーンを再現すると加点される。あと1対1アクションだから二人で対戦とかできるのかな?と思ったらまさかの一人用。


A「そうでしたね。キャラクターも複数選べるのに。」
私「でもほんと没頭しましたね。もともと5部は好きで、たしかジョルノになってから初めてのゲームだったし。
A「アニメもそれまで確か無かった。」
私「だからジョルノが滑らかに動いて喋るとこんな感じなんだなっていう感動ありました。あ、意外と声は少年なんだな…とか(笑)」
M「分かります。でもASBになるとなぜか声がちょっと低くて。最初のイメージは割と高い声だったよな…みたいな、違和感ありましたね。」
私「なんで、未だにジョルノの声は少年、っていうイメージがあります。」
M「他のキャラも良かったですね。もう最初のオープニングで結構鳥肌立ちましたよ。ジョルノとブチャラティが対峙するシーンとか。」

私「電車の中のやつですよね。最高でしたね。ニヤニヤしながらやってた記憶あります(笑)」

>次ページ「後編」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。