【3DS】ゲームギアバーチャルコンソール全22タイトル人気ランキング!


ミニファミコンにミニスーパーファミコン、レトロゲームリバイバルが来ているんじゃないかと思っています、勝手に。レトロゲームといえば、3DSにおいてもバーチャルコンソールとしてスーファミ、ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジン、そしてゲームギアなど旧ハードのタイトルが安価でダウンロードでき、ファミコン世代としては嬉しい限りです。

ところがマイナーなハードほどソフトの更新もなかなかされず、ゲームギアにおいては2014年 1月15日を境にぱったりと更新も途絶えてしまい、ファンとしては少し残念な気持ちです。

どうせあまりソフトの追加がされないので、ニンテンドーeショップで販売されているゲームギアソフト全22タイトルを人気順でソート、現時点での人気ランキングをこのタイミングでまとめてみました。

10位:シャダム・クルセイダー 遥かなる王国


このソフトが10位にランクインしてくれてよかった!1992年に発売されたRPGで、シンドバッドやランプの魔人などアラビアンナイト風の世界を舞台に、暗黒神復活をたくらむ帝国に立ち向かう、英雄の血をひく王子の冒険。オートセーブなど快適なゲームシステムも特徴的。個性的な仲間の一人「魔人」の成長は他キャラクターと異なり、アイテムで強化したり、各地に隠された石盤から呪文を覚えたりと画期的なシステムが取り入れられている名作。間違いなくプレイすべき一本。

9位:ソニックドリフト2


マリオカートの対抗馬としてリリースされたと思われる1作目に続き、1995年に登場。ソニックたち7人のメンバーが専用マシンに乗り込みレースを展開。コース上のアイテムを使って加速や妨害をするなど、体感的にはマリオカートと同様のお祭り感。良く出来たレースゲームですが、そもそもソニックって走るの速いわけだし車に乗らなくてもよかったんじゃないかしら?と思ったのも今では良い思い出。

8位:ドラゴンクリスタル ツラニの迷宮


1990年に登場し、ゲームギア初期作品でありながら、プレイする度に変化するダンジョンなどチャレンジングRPG。モンスターを倒してレベルを上げながら、魔法陣を目指して進みます。手触りとしてはハイドライドっぽい?落ちているアイテムは最初はすべて正体不明で、使ったりしながら効果を学ぶ、ゲームで遊んでいる感が強く味わえる名作。

7位:The GG 忍


1991年に登場、当時はグラフィックとスピーディーな立ち回りに感動した覚えがあります。主人公である忍者ジョー・ムサシが、仲間を救い出しながら暗黒都市を進んでいくアクション。クサリガマや波動拳、逆さはりつきなど個性的な技を持つ4人の仲間を切り替えながら進行。分かり易く遊びやすい、当時の横スクロールアクションのお手本のような作品。ドラゴンスレイヤー、イース、ロマンシア、アクトレイザーなどのBGMを手掛けた古代祐三氏が担当。

6位:ソニック・ザ・ヘッジホッグ


1991年に発売されたゲームギアのソニックシリーズ第1作で、Dr.エッグマンとソニックの戦いはそのままに、ステージ構成はメガドライブ版とは異なるオリジナル。メガドライブ版には及ばずないものの当時の携帯機横スクロールアクションでは類を見ないスピード感。音楽はおなじみドリカム中村正人氏のテーマ曲に加え、The GG忍と同じく古代祐三氏が担当。ソニックの冒険を彩ります。

次ページ「1〜5位、11位以下は?」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。