【3DS】PCエンジンバーチャルコンソール配信タイトル一覧、人気ランキング!


PCエンジンというハードがありました。

ファミコンと同じ世代でありながら、ハードの性能に加え、外付けハードCD-ROMを取り付けることでソフトのデータ量が飛躍的に増加。音声やムービーなど、同世代の他ハードでは決して味わえなかった壮大なボリューム、表現を楽しむことができました。

ガンヘッド、ダライアス、R-TYPEなど現在のシューティングの礎を築いた人気タイトルの他にも、カトちゃんケンちゃん、ビックリマンワールド、超兄貴、邪聖剣ネクロマンサー、天外魔境などネタ的なものから正統派までチャレンジングな名作が揃ったPCエンジン。さらにグロテスク、アダルトといった、当時主流だった任天堂機では御法度なジャンルも積極的に取り入れ、インパクトの強い作品を残してきました。

3DSでもPCエンジンタイトルがバーチャルコンソールとしてプレイ可能ですが、2017年11月現在、対応ソフトはなななんとたったの4本!同じ任天堂機Wiiなど別ハードにはラインナップも多いようですが、3DSは2014年2月から3年以上全くソフト追加無し。PCエンジンVC公式サイトは2012年に閉鎖されるなど、雲行きは怪しいです。

このタイミングで全対応タイトルをニンテンドーeショップの人気順に紹介してみます。

4位:エイリアンクラッシュ


1988年9月14日に発売されたPCエンジン初のピンボールゲームで、当時としてはリアルなボールの動きが再現されています。「台ゆらし」の機能もついており、リアルな感覚でさまざまなトリックやアクションでスコアを獲得。ボーナスステージでは動き回る敵に向けてボールを当てて倒す、ボス戦のような立ち位置。

得点がカウンターストップして10億点に達すると台が壊れ、エンディングが始まる隠し要素もあり。ところがそのためには数十時間かかる上に、あろうことかPCエンジン版には中断セーブ機能がないため、当時はほぼ都市伝説のような話だったとか。VC版ではめでたく中断セーブが実装され多少は容易になっているものの、単調なピンボールをひたすら続けるのはやや苦行。

それにしても、1980年の「13日の金曜日」から始まり「死霊のはらわた」でピークを迎え、89年の凄惨な連続幼女殺人を期に収束していったホラー映画ブームの時代背景もありつつも、まさかピンボールにホラー要素を含ませるとは斬新でした。

3位:THE 功夫


1987年11月21日に発売されたアクションゲーム。感覚としてはファミコンの「スパルタンX」に近く、功夫の達人である「王」が、功夫界を牛耳る悪の組織「暗黒大帝」を倒すため、次々と現れる敵をなぎ倒すというスケールの大きな内容。

画面に対するキャラクターのサイズが大きく迫力があると思いきやデータ容量上の問題でその他の要素が大きく削減され、攻撃手段はパンチ、キック、飛び蹴りなど数種類のみ、敵のバリエーションも数えられる程度、中にはプレイヤーと色違いの敵まで出てくる始末。またキャラクターのサイズ感から雑魚敵の登場タイミングの見極めも難しく、極めてシビアな反射神経が求められます。

尚、過去に発売されたPCエンジン雑誌で発表された読者投票では、当時PCエンジンソフト485本中の中で474位という、THEクソゲーにあたる評価だったとか。他にVC対応させるべきタイトルがあったんじゃないか?

2位:グラディウス


1990年12月12日発売。独自のパワーアップやステージ構成が人気の言わずと知れた横スクロールシューティングゲームの基盤を築いた金字塔「グラディウス」の、アーケード版の異色作品。自機をパワーアップさせながら、各ステージ最後のボスを倒してステージクリア。
PCエンジン版では頼もしい「オプション」装備数が4つに増え、より派手で戦略的な攻撃が実現。シリーズお馴染みの火山やモアイも形を変えて登場、さらに弾数も増加。巨大生物の骨が横たわる「砂漠」など、グラフィックもファミコン版から大きく進化しています。

今プレイしても間違いなく楽しめ、横スクロールシューティングのルーツを感じられる名作。

1位:R-TYPE


本作は当時2本に分けて発売された1988年3月25日リリースの「R-TYPE1」と、1988年6月3日リリースの「R-TYPE2」を1本にまとめた海外版。自機「R-9」はPOWアーマーを倒すと現れる6種類のユニットでパワーアップしていきます。

そして本作の売りは何と言ってもレーザーユニットを取ると出現・成長する「フォース」、自機の前後に付け替えて攻撃スタイルを変えたり、敢えて分離攻撃をさせることもできるという斬新過ぎるアイテム。ショットボタンは押し続けるとエネルギーをチャージし、より強力な波動砲を撃つ事が可能。

またエイリアンのようなリアルな未確認生物も特徴的。キャラクターの細部に至まで忠実に再現しており、ボスキャラや巨大戦艦ステージの迫力はまさに圧巻。グラディウスと並んで横スクロールシューティング史に名を残した名作中の名作、納得の1位。

 

以上が3DS版バーチャルコンソールで配信されているPCエンジンソフトの人気順になります。PCエンジンは挙げればきりがない程名作の宝庫。もちろんR-TYPEもグラディウスもその一つですが、個人的には「なぜこの4本が?」というほど、魅力を伝えるには余りにも数もチョイスも不足している印象です。

過去作品は権限上の問題から管理や運用が難しいVCですが、未だ数多く眠るPCエンジンの名作が改めてラインナップに加わってくれるのを心待ちにして止みません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。