メガテンとポケモンってどっちが面白いと思う?


2017年11月17日、間もなくポケモン新作「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」が発売になります。

周囲の影響で飛ばし飛ばしシリーズを遊んで参りましたが、どうやらこのポケモンが3DSで最後の作品になるとのこと。まだまだ現役だと思っていた3DS、こうして宣言されてみると時代の移り変わりを感じてセンチメンタルになったり、一方で次世代機に思いを膨らませたりします。

せっかくなので次のポケモンは久しぶりに触ってみようかしら?と思いつつも、ただいま同じく3DS「真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY」にドはまり中。かれこれ50時間プレイしておりますが、未だ終わりの兆しが見えてきません。どちらも敵を仲間にして育成し、戦うという心強いシステムですが、インターネット上ではやれあっちが面白いこっちはつまらんの論争が散見されます。

そこで、どんなゲームも楽しめ、どんなに不味いラーメンも美味いと感じる私、がそれぞれの魅力についてご説明します。

ポケモンはかわいい!

世界のポケモン、ポケットモンスターですが、とにかく登場する全てのキャラがかわいい。そして2017年11月現在、その数なんと800以上という脅威の数。

お馴染みピカチュウもこの通り。

まあ可愛らしいわね。

揃いも揃って皆かわいらしく、動きまで愛くるしいときたもんだ。破壊光線を吐こうが毒ガス吐こうが、かわいい。私も一児の父ですが、ポケモンだったら3歳の娘に見せることに何ら抵抗無いもん。

ちなみにポケモンで最も「可愛くない」と思うのは、「ノズパス」

この人は女神転生に登場してもギリ違和感ないと思う。

ポケモンは負けても立ち上がれる!

ポケモンは野生のポケモンや待ち受けるトレーナーにボコボコにされ全滅しても、目の前が真っ暗になってポケモンセンターから復活。全国各地、野山を駆け巡り、ポケモンを鍛える過程で倒れたってへっちゃら、悔しくたって何度でも立ち上がれるさ。とにかくポケモンはピースフルなのだ。頑張りは報われるのだ。

ポケモンは知名度がスゲー!

ポケモンは知名度が凄過ぎます。2017年現在、ポケモンGOのプレイヤー人口は、6000〜7000万人いるのだとか。この人口がどのくらい凄いかというと、現在世界の人口が約70億人いるので、100人に一人はポケモンGOをプレイしているというわけです。100人に一人!自分で申し上げておいて、実はいまひとつピンと来ていません。

尚、世界におけるポケモンシリーズの累計販売本数は2億本を突破!一方で女神転生はというと同じく2017年現在、世界でのシリーズ累計販売本数は800万本。ポケモン恐るべし。

余談ですが、あのマイケルジャクソンのアルバム「スリラー」は、アルバム一枚の推定売上枚数が6,600万枚、全アルバムの売上枚数は10億枚を突破しているという。ポケモンも凄いが、マイケルも凄い。

ポケモンは対戦できる!

しばしばジャンケンゲーと揶揄されることこそありつつも、その対戦は高い戦略性が求められます。より派手で強力な技をぶつけ合うというよりは、地味な手段であっても相手の動きを読みながら一撃一撃よく考えてから行動することで、思わぬ効果を発揮することもあります。

単純でありながら奥深い、そりゃ子供やライトゲーマーも楽しいわけだ。かく言う私はというと、当時ゲームボーイのポケモン世代で周りでポケモンを対戦してくれる人間も少なく、「どうだろう、ボク。おじちゃんもポケモンに混ぜちゃくれまいか?お菓子買ってあげるから。」と、そんな声をかけたくなる危ない年代です。

続いて女神転生の魅力について。

メガテンはカッコいい!

ポケモンはかわいい。誰がどうみてもキャワワ。対して女神転生の悪魔は全然可愛くないし、力いっぱいキモいキャラだっている。稀に登場するかわいい顔した悪魔も平気で殺しにかかってくるし、セリフだってちっとも可愛げが無い。でも、メガテンの悪魔はカッコいいのだ。

カッコいい。

超カッコいい。

しかも八百万の神様だったり神話に登場するキャラクターだったりと登場する悪魔にドラマやルーツがあるので、馴染み深いエピソードやビジュアルから、初プレイであってもなんとなく愛着が湧くのもメガテンの魅力。

ちなみに2017年11月9日、DSJの発売記念で実施された同タイトル登場悪魔人気ランキングめでたく一位に輝いたのは、およそカッコいいとは言い難い「ご立派な」悪魔だったりするのもまた一興。

※詳しくは「「真・女神転生DSJ」人気悪魔ランキングTOP100結果発表!」をご覧ください。

メガテンは全滅したら容赦なく終了!

ポケモンは全滅したって、何度でも立ち上がれる!最強のポケモントレーナーになるんだ!一方の女神転生ですが、油断すると即死。まあ相手は悪魔ですから。苦闘を繰り返してパーティーを鍛えたりやっとの思いで憧れの悪魔を仲魔にしても、全滅したら容赦なくゲームオーバー。まさに一寸先は闇。

一寸先はDIE!

メガテンは悪魔と会話できる!

メガテンでは、悪魔を仲魔に加えるために交渉によって相手を説得させる必要があります。バリエーション豊かで悪魔の反応が楽しいこの会話こそが本作の名物であり醍醐味。ただし交渉に失敗すると逆上して襲いかかってくることもあるので、難易度によっては命がけで会話に臨むことに。

神様をナンパするだなんて

一方、一見ピースフルなポケモンですが、野生のポケモンをボコボコにして瀕死状態にまで弱らせてからモンスターボールでキャッチする姿は、女神転生よりもバイオレンスだったりするのもまた事実。

メガテンは合体できる!

悪魔と悪魔を掛け合わせて新しい悪魔を作ってしまう名物悪魔合体は、後ろめたさと隣り合わせのワクワク感がたまりません。シリーズによっては、それぞれの持つ特技や耐性を継承させることで、弱点を補いつつよりオリジナリティの高い悪魔を作り出すことができる大変バチ当たりな行為。

試しに真・女神転生ⅣFINALで、美人のお姉さんと美人のお姉さんを混ぜ混ぜしてみると、こんな物が出来上がりました。バチ、当たらないと良いなあ。

君、キモいね。

どっちもコレクション性、育成が楽しい!

結論、ポケモンとメガテンはどっちも楽しい!「あっちはつまらん、こっちはヌルい」、わかります、白黒付けたいですよね。「ポケモンGOよりもメガテンGOが出たらそっちの方が面白いんじゃないか?」間違いない、絶対面白い、出たらダウンロードするもん。でも、モンスターや悪魔を仲間にしたり、身につける技を選んだりしながら、愛着のあるキャラクターを自分なりに育て上げるのはどっちも面白い!

メガテンの怖さとキモさ、無情さに疲れた方は、ポケモンを、ポケモンのピースフルな世界からもう少しスパイスを求めるのであればメガテンをプレイしてみるなんてのはいかがでしょう。

メガテンとポケモン、みなさまはどちらの方が好きですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。