シャンティ「リスキィ・ブーツの逆襲」と「海賊の呪い」どっちが面白い?


年末年始はたくさんのゲームがセールになっていますね。中には95%OFF!とか随分大胆な割引がなされているものもあって、お金はあっても時間が無い社会人ゲーマーさんにとってはどんどん積みゲーが増える時期でもあります。勘弁していただきたい。

さて、そんなセール対象の中で「シャンティ」なるアクションアドベンチャーがあります。アメリカ発のこのゲーム、日本ではあまり馴染みがありませんでしたが、2002年に初登場したゲームボーイ版から13年後にやっとローカライズされ、2015年に3DSで発売、ここ数年でやっと認知されてきたかな?という印象です。

そんなシャンティですが、現在日本語にローカライズされているのは「リスキィ・ブーツの逆襲」「海賊の呪い」の2本。ぱっと見ではどちらも似たような絵柄だし、世間の評価はどちらも高い。一体どちらが面白いの?

それぞれの内容を踏まえて、どちらを先にプレイするのがおすすめか?についてです。

シャンティ リスキィ・ブーツの逆襲はここが面白い!

まずはシャンティ「リスキィ・ブーツの逆襲」について。

本作は2016年8月31日にPS4、WiiUから日本語版がリリース。2010年10月4日のオリジナル版発売から、なんと6年越しでやっと日本に到着しました。システムはメトロイド的でロックマン的、スタンダードな探索型2Dアクションアドベンチャーです。

ドットで描かれたたキャラクターはとにかくヌルヌルと、そして背景もダイナミックに動き、ステージの仕掛けも豊富。その映像表現はもはや芸術の域です。BGMも素晴らしく、作り手の強いこだわりを感じます。

元々ゲームボーイアドバンス用ソフトとしての開発が一度頓挫してしまった本作のクリエイティブは、とてもGBA用に作られていたとは思えない程のクオリティです。

マップが大雑把だったりと洗練されていないところも見え隠れしますが、アクションのレスポンスも気持ちよく、爽快感は強いです。何よりマップを駆け回ってアクションを増やし、行動範囲を広げていく探索要素は純粋に楽しい!

ただし、遊び易くサクサク薦められることも手伝ってか、全体的なボリュームは昨今のアクションゲームに比べれば少なめで、クリア時間は10時間前後です。

シャンティ -海賊の呪い-はここが面白い!

続いて「海賊の呪い」です。

本作のオリジナル版は2014年10月23日に3DSで発売され、日本語版はその翌年2015年11月19日にリリース。ところがなぜかその後に、過去作である「リスキィ・ブーツの逆襲」が発売されるという謎の展開。

基本的には前作リスキィ・ブーツの流れを汲んだシステムですが、アクションの種類は大きく増え、スピード感も増しています。

全体的な映像表現は前作よりもさらに豊かになっています。シャンティなどのキャラクターだけではなく、雑魚敵の動きもいちいち凝っていて、ボスは特大サイズでグリグリ動き回ります。ロックマンゼロシリーズの開発を手掛けたインティ・クリエイツも携わっていて、前作よりもさらにレスポンスやスピード感がアップしていて爽快感も強まっています。アイテムなどの強化コンテンツも増加しています。

イベント発生時にカットインされる2Dのイラストもバリエーション豊富で見ていて楽しめます。毒のあるキャラクター勢は、前作に輪をかけて、シュールでシニカルになっています。ダメージが可視化され、RPG的にシャンティの成長を楽しめます。また音声の導入も追加要素のひとつです。

ゲームを進めていくうちに新しく覚えたアクションや攻撃手段を駆使してボスに挑んだりするあたりはゼルダの伝説に近いアプローチ、手触りがあって、さすが公式でも同作から影響を大きく受けたと話すだけのことはあります。

で、どっちが面白い?

結論から申し上げると、やはり後に出た「海賊の呪い」の方が全体的なコンテンツの質や量、表現方法は優れています。また細やかなユーザビリティも洗練されています。

が、だからといって「海賊の呪いに決定!」と決めつけてしまうのは勿体無いかもしれません。

あいにく日本においては新作である海賊の呪いが先に発売されてしまったがために、同作プレイ後にリスキィ・ブーツの逆襲をプレイした人にとってはガッカリする結果だったかもしれません。ですが、このリスキィ・ブーツもその完成度たるや相当なものです。事情があったにせよ、これはパブリッシャー側の判断に問題があったのでは?と感じます。

プレイスタイルによって選ぶべし!

やや主観的な意見が重なっておりますが、上記を踏まえてそれぞれこんなプレイヤーに向いているのではないかと考えます。

シャンティ リスキィ・ブーツの逆襲
・メトロイド(ヴァニア)がとりあえず好き
・ゆくゆくは海賊の呪いもやるつもり
・面白いかどうかまずはお試しで触ってみたい

シャンティ -海賊の呪い-
・あれこれゲームをやってる時間は無い!
・でもドカドカ爽快なアクションがやりたい!

・リスキィ・ブーツの映像はちょっと物足りない?
・アクションRPGが好き

どちらも名作であるのは間違いありませんが、ゆくゆくは両方プレイするかも!?と考えている方は、まずは安価な「リスキィ・ブーツの逆襲」から触れてみるのがおすすめです。もしグレードダウンしてしまうとちょっとがっかりしてしまうかもしれません。

ちなみに「海賊の呪い」は3DSとPS4とでリリースされていますが、3D映像対応の数あるソフトの中でもかなり臨場感があって一見の価値はあります。3DSはセールの頻度も値引率も大胆さに欠けますが、ぜひ体験していただきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。