レトロゲーム専門店「スーパーポテト」GBソフト福袋1,500円(10本入り)の中身を開けてみた!〜後編〜


レトロゲームショップ「スーパーポテト」で購入した、ゲームボーイソフト福袋1,500円(5,000円相当10本入り)に入っていた1〜5本目に続き、残り6〜10本目についてのご報告です。

開封した1〜5本は、既に1,500円の元は取ったと確信できるなかなかよろしいラインナップでしたが、果たして残りの5本も納得のタイトルなのか?ご覧ください。

6本目:ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド


6本目は「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」、今でもシリーズが続くドラクエ初の携帯機版です。

初めてプレイしたときにはあのドラゴンクエストが携帯機で遊べる、しかもあのモンスターが仲間にできて配合、強化もできる!なんて挑戦的なドラクエなのかしらと手軽さに感銘を受けたものですが、つまりはそういうことです。

持っているから知っている面白さ。

3つ目の重複、既に所持しているものです。ただしカセットの色が黒とグレーとで異なっています。調べてみたところ、ゲームボーイカラー本体の発売前に出荷された物はグレーのカセット、GBC発売後に出荷された物は黒いカセット。残念ながら、どちらもソフトの中身も市場の価値も全く一緒のものです。明日使える豆知識ですね、合コンで積極的に使っていきたいところです。

7本目:ドクターマリオ


7本目は誰もが知っているパズルゲームの雄「ドクターマリオ」。なんと200万本という伝説的な売上本数を誇ります。誰かの家で遊んだことはありますが、そういえば所持していなかった。こちらも時代を問わず楽しめる名作、当たりと言っていいでしょう。

と、深夜にガサガサと福袋を開封していたところ、トイレに起きてきた妻が「これ知ってる。私でも遊べそう。」と一言。日中は私と同様働いている妻が帰宅後に家事や子供の寝かしつけに奮闘している最中、一人池袋にゲームボーイの福袋を買いに行った夫に対して怒っていなかった模様。安心して次のカセットを開けることにします。

8本目:役満


8本目は「役満」。ラーメンでも作りそうなパッケージのおじさんがなんとも印象的な、1989年4月21日に発売されたゲームボーイのローンチタイトルです。もう30年前に発売されたものなんですね。30年前、みなさんは何をされていましたか?

ゲームはというと、1対1の2人麻雀で勝負します。麻雀を楽しむというよりは、ゲームボーイのルーツを感じる一本。当たりかと聞かれると、素直に喜べない何かがあります。当時小学生だった30年前に思いを馳せつつ次へいきます。

9本目:遊戯王デュエルモンスターズ2


9本目は「遊戯王デュエルモンスターズ2」。遊戯王は知っているけれど、触ったことは無い。ファンの方には申し訳ないのですが、テレビのチャンネルをカチカチ変えていると時々やっていたことがあるな、くらいの付き合いです。

今後一応動かすだけ動かすかもしれないし、そうしないかもしれない。プレイしたことはなくても、やたらとシリーズが量産されているのを横目で見ているからか、有り難みが無い。上手く言えないけれど、なんかごめんね、遊戯王。

続いていよいよ最後の10本目です。

10本目:SD 戦国伝3 地上最強編


最後の1本は「SD 戦国伝3 地上最強編」、戦闘がアクションになるシミュレーションゲームです。というよりこのシリーズ3作品も出ていたことに驚き。

この頃のバンダイのガンダムゲームは全体的に大味なところがあって、つまらなくは無いんだけど、安っぽいシステムや単調なBGM、大雑把なグラフィックなど、そのクリエイティブから得体の知れない独特のB級感がありました。ですが、3作品も出ているからにはさすがにクオリティも高まっているはず。期待を胸に起動してみます。

寸分違わぬ大味な感じ!我々30代にはなにか心揺さぶられるB級、いや、C級感がきちんとそこにはありました。これでいい、これがいい。逆に嬉しくなるそんなSD戦国伝3です。当たりかハズレかで言えば、「C級感」です。

結論:スーパーポテトの看板に偽りなし!福袋はお得だった!

1,500円分のゲームボーイソフト10本入り福袋の中身が出そろいました。後半はややB、C級感漂うソフトが並んだ印象ですが、前半5本のタイトルだけでもこりゃ十分元は取ったな、という印象です。

が、果たして本当にお店の言う5,000円相当の商品だったのだろうか?いや、そういった揚げ足取りはいたしません。そんな、彼女が買ってくれたプレゼントの値段をこっそり検索するような、そういった小さな男にはなりたくない。

・ポケットモンスター 赤 1,382円
・カービィのピンボール 410円
・マリオのピクロス2 518円
・真・女神転生 デビルチルドレン黒の書 540円
・爆転シュート ベイブレード 54円
・ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 194円
・ドクターマリオ 734円
・役満 108円
・遊戯王デュエルモンスターズ2 54円
・新SD戦国伝地上最強編 842円

計4,836円分
※スーパーポテト通販サイトより(2018年1月現在)

小さな男にはなりたくはないのですが念のため。つい衝動的に同社の通販サイトで確認してみたところ、パッケージ記載の通り確かに5,000円相当の商品が入っていました!

当初一本珠玉の名作が入っていて、その他は見たこともないようなゲームや、なんなら動くかどうかも分からないジャンク品が含まれているんじゃないか?だって1500円だもの。と勘ぐっていましたが、正直期待していた以上に名作がゴロゴロと入っていたように感じます、こりゃ福袋が楽しいわけだ。スーパーポテト、ちゃんとしていました!

店員さんに来年の福袋の取り扱いについて伺ったところ、例年同様予定されているとのことなので、また来年もお世話になるかもしれません。次はもう少し高値の2000円〜3000円くらいで…!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。