【画像あり】FC隠れ名作アクション「時空勇伝デビアス」エンディング紹介!-前編-


ファミコンが好きだ。

ファミコンの歴史を経て今のゲームがある。その過程を思うだけでゾクゾクしてきませんか?なんだかクセになっている最近はPS4もニンテンドースイッチもそっちのけでファミコンばかりしています、マズい。

そんな矢先のこと。先日ファミコン 北斗の拳の記事をご覧くださった方から「もし機会があれば、時空勇伝デビアスというゲーム攻略もお願いします。昔クリア出来なかったとを未だに引きずっています。」という反応を頂けました。大変ありがたいご提案なのですが、そろそろ新しいゲームもプレイしなければ積みゲーが重なっていくばかり。申し訳無い気持ちでいっぱいです。

「時空勇伝デビアス」ってこんなゲーム

気が付けばアマゾンで購入していました「時空勇伝デビアス」。当サイトは当時を懐かしむ誰かの忘れ物を一緒に取りにいけるような、そんなソリューション的存在でありたい。

この男の子を心をくすぐるような衣装がまた。

本作は1987年11月27日にナムコから発売されたアクションアドベンチャー。1987年といえば「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」「聖闘士星矢 黄金伝説」そして「ファイナルファンタジー」など、垢抜けなかったゲームからドラマ性溢れるものへの流れを汲んでいく過渡期だったような気がします。

これまでに数多くのファミコンソフトに触れて参りましたが、本作のプレイは初めて。いったいどんなゲームなのか?カセットを裏返してみるとあらすじが。

ああもう絶対楽しいよね、こんなストーリー。

「王国アルマータが危い!善の守護神アーロンは魔界の支配者ゴルゴーンを倒すため、時空を超越して現代の少年をアルマータに転送した。キミ自身が主人公として戦い囚われた人々を救い出し、3つの魔境をクリアせよ!」といった、男の子の心をグッと揺さぶる何かがあります、こりゃ絶対楽しいわ。

それでは改めて今回もこの方にお手伝いいただきます。

どうも、お騒がせしております。

最近ちょっとしたトラブルによって販売中止になり、価格がやや高騰しているレトロフリーク大先生です。それでは早速ゲームスタート。

NPCへも攻撃可能!その結果…

…怖いよ!

ゲームを開始すると、突然白目を剥いた男が語りかけてきます。ちなみにこの方がデビアスさんなのではなく、アーロンと名乗る神様。

話を聞くに、主人公は伝説の勇士デビアスの現代の生まれ変わりで、魔王と三匹のゴルゴーンによって支配された王国アルマータを救うためにアーロンが呼び出したのだそうな、大変。ここで自分の名前を入力すると…。

半ズボンから変身!

昭和当時の少年は皆こういった半ズボンを履いていたんですね。半ズボンこそ少年の象徴だった時代があったわけで。パッケージの勇ましい男の子とやや風貌は違いますが、まあ良しとします。

場所は変わって、中世を思わせるファンタジー色漂う街へ到着。ここが本作の舞台となるアルマータ王国。横スクロールの街を回って市民に話を聞いてみると「夜になると魔物が現れて人をさらっていく」とのことで、どうやらアルマータ王国は大変なことになっている模様。街を散策しているうちに辺りは徐々に暗くなっていき…。

モンスター登場!

突然モンスター登場!何の前触れもなく襲い掛かってくる敵を蹴散らします。なるほどBボタンでジャンプ、Aボタンで剣を振るというシンプルな操作ですが、私の体に染み付いたスーパーマリオの操作と逆のパターンとはなかなか気が抜けない。

やがて夜が明けて、再び町の住人が姿を現します。操作もままならない状態で町の人に話かけようとしたところ…

あっ!

勢い余って市民を斬りつけてしまいました!なるほど、NPCにも攻撃できてしまうのか…とふざけて攻撃を加えていたところ、NPC消滅。殺してしまった!よく見ると「SPIRIT」のゲージとなるハートが一つ減っています。後々判明したのですが、これは主人公の精神力のようなもので、アーロンへ次の道筋を尋ねる時に必要となるパラメータなのだとか。

市民に話しかけては間違って斬りつけたりしながら町の奥へ進んで行くとお城が見えてきました。これからの冒険に思いを馳せて王様に会いに行ってみると…

市民を殺害してしまったため、こっぴどく怒られた上にこれ以上冒険が進められなくなるという事態に!泣く泣くリセットボタンで最初から始めます。市民を殺してはいけません!

王様から王国で起きている事態を聞き、いざ冒険の旅へ。

気を取り直して最初からリトライ。間違っても市民を攻撃することの無いよう気をつけながら改めてお城へ。

王様と王女様は、このアルマータ王国で起きていること、そして魔境の奥にいる3体のゴルゴーンと魔王を倒すよう命じ、軍資金をポンと手渡してくれます。

さっきはホントすんませんでした。

軍資金を元に町へ戻り支度を整えようとたまたま入ったレストランで「戦士の服」をタダで受け取ります。あまり深く考えずここはありがたく頂いておきます。

装備してみると、これまでダメージを受けていたはずの敵からの攻撃がノーダメージに!戦士の服、凄いぞ!

町のはずれから魔境に入るエレボスの門へ。

ダンジョンの中はコウモリやオオカミなどが行く手を塞ぎますが、戦士の服のおかげで恐るに足りず。がしかしここで思わぬ落とし穴が。

足場から足場へ飛び移る幅は思った以上に開きがあって、ほんの少しでもタイミングがズレると奈落の底へ真っ逆さま、そのまま容赦なくゲームオーバーに。

はい落下ー。

ゲームオーバーになると所持金と経験値は半分になるものの、直前のエリアから再スタート可能。その程度のペナルティなら何度でもトライしますよ。

ジャンプ!

ああん!

トライ!

エラー!

物事にはトライアンドエラーが大事とはいえトライアンドエラーばかりで全く前に進まないので、ネットで調べてみると下ボタンとジャンプでハイジャンプができることが判明。早く教えてよ。

ダンジョンを奥深くに進んで行くと、扉が3つ現れます。

この扉のどこかに囚われた市民たちを全て助け出し、そこに潜む3体のゴルゴーン達と彼らを倒す鍵となる重要なアイテムを見つけ出す必要があるのですが、一体どの扉へ入ればいいのか?

そういえばオープニングで登場した「アーロン」の力を借りるのを忘れていた、こんな時こそ神の力に頼るべきなんじゃないか。試しに「どのとびらをえらぶか?」について尋ねてみると…!

まさかの回答。

魔境を奥へと進み、3体のゴルゴーンと対峙、そして魔王との戦いが迫ってきています。全てのゴルゴーンを倒した時一体何が起き、主人公は魔王を倒してアルマータ王国を救うことができるのか!?

エンディングへ向かいます。

エンディングは衝撃の結末が!後編へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。