新宿のレトロゲーム店「駿河屋マルイアネックス店」規模、取り扱いハードは?


私は嬉しい。なぜって、新宿の街でついにファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームソフトの購入、買取ができる巨大な店舗がでっかくオープンしたからです。その名も「駿河屋新宿マルイアネックス店」

実はこれまで新宿でレトロゲームが買えるお店はほぼ皆無。意外にも地方に比べてレゲーが手に入りにくい東京に暮らす我々ファンは苦虫を噛む思いをして参りましたが、やっとその悔しさから開放される時が来たようです。

その苦しみを断ち切るべく、現地の規模感、品揃えについてリサーチして参りました。

駿河屋新宿マルイアネックス店の場所は?

2018年4月28日(土)にグランドオープンした「駿河屋新宿マルイアネックス店」。場所は新宿マルイアネックスの5階。

地下鉄新宿三丁目から目と鼻の先

マルイアネックスは、スタジオアルタ、伊勢丹のある新宿通りを新宿東口からまっすぐ進んだ場所にあるアパレルや雑貨屋の入る商業ビルです。

最寄り駅は地下鉄「新宿三丁目駅(副都心線・都営新宿線・丸の内線)」となり、C4出口を出ると目の前にそびえ立っています。

新宿駅からでも徒歩圏内。

都内最大級の映画館「バルト9」のあるビルでもあり、新宿を拠点とする首都圏生活者にとっては身近な場所かもしれません。

ビルの中には若い人向けのアパレルショップや雑貨屋が揃います。おしゃれな若者が出入りするビルに入るショップのロゴはどれもシュッとしていますが、5階に構えるお店だけなにやら様子が違って見えます。

他と比べて5階だけどこか場違いなロゴ。

駿河屋新宿マルイアネックス店の規模感は?

駿河屋といえば中古ゲームショップの金字塔的な存在で、特にレトロゲームの品揃えには拘りを持つお店。

都心の土地代が高いとはいえ、町のゲーム屋さんよりは広ければいいなと期待を胸にエレベーターで5階へ上ると、マルイアネックスビルの5階をすべてぶち抜いた相当広いスペース。

マルイアネックス公式サイトに掲載された嘘見たいなフロアガイド。決して不真面目なわけではなく。

それにしても上下フロアをおしゃれなアパレル店や雑貨店に囲まれ、店内でオルタナ系のBGMなんて流しちゃったりする駿河屋はどことなくビレバン感があるような無いような。

ワンフロアとはいえ、その広さは「スーパーポテト」や「まんだらけビル」など、メッカである秋葉原にある大規模レトロゲームの店舗に勝るとも劣らないレベル。かなり広いです。

レトロゲームの取り扱いハード、商品の数は?

お店が広いのはよくわかりましたが、取り扱っているゲームの種類はどうかと見渡してみると、とにかく豊富。

ファミコン、ゲームボーイ、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、ゲームギア、ワンダースワン、ネオジオポケット、GBA、セガサターン、ドリームキャスト、nintendo64、ゲームキューブ、DS、Wii(U)などのレトロゲームから3DS、PS1〜4、Xbox各種、Switchなどの現行機はもちろん、MSX、マスターシステム、セガマークⅢ、3DO、PCFX、ピピンアットマーク、レトロPCゲーム、その他よく分からない謎のものまで、ソフトからハードまで思い当たる種類は一通り揃っていました。おそるべし品揃えです。

またゲームウォッチやミニファミコン、ミニスーパーファミコン、その他互換機、またコントローラーやその他アクセサリーも充実。秋葉原の大型店舗に売っていそうなものは大体置いてありました。中でもレトロゲーム攻略本の取り扱いは、秋葉原にあるレトロゲーム店に比べて数が多いように見られました。

商品を一通り見た感じでは全体的に美品が多く、やや高めな印象ですが、中古品の格安ワゴンセールといった安売り企画も少なからずも見られました。

またゲームの他にもフィギュアやプラモデル、ボードゲーム、カードゲーム、レゴブロック、キャラクターグッズ、男女アイドルの生写真、DVD、CD、仮面ライダーからプリキュアまで、子供用の玩具から大人が楽しめるグッズまで、驚くほどの数が置いてありました。

お店の客層、混み具合は?

続いてお店の混み具合と客層について。お店の入れ替わりが激しい都内ではありますが、是非とも繁盛して存続して頂きたいもの。

訪れたのは5月1日火曜日、ゴールデンウィーク中日の平日。一般的には地方への帰省や旅行で東京都内からやや人が減る期間ではありますが、店内を見渡すと他フロアに比べて人が多めです。

もちろんまだオープンして間もないため、新しもの見たさに訪れる方も少なくないとはいえ、なかなかの盛況ぶり。

客層はほぼ秋葉原などのゲームショップと同等で20〜30代がメインといったところ。ただし秋葉原と違って、カップルが多かったり、会社帰りと思しき方だったり、秋葉原とはまた違った印象。外国人の方が多いのはアキバと変わらず。

駿河屋新宿アネックス店の印象、新宿が拠点のレゲーファンはこのお店で十分かも!?

駿河屋新宿アネックス店を訪れてみた感想としては「レトロゲームを買うために、もう秋葉原まで足を運ぶ必要は無くなったかも!」といった印象です。

特に新宿を拠点とする方にとっては山手線を挟んで真逆に位置する秋葉原へ出るのは、結構エネルギーが必要な距離だったりします。

かといって秋葉原に点在するレトロゲームショップをハシゴしたところで、余程のことが無い限りアッと驚く掘り出し物がザクザク出てくるわけでもなく。であれば、この新宿の駿河屋ひとつで事足りてしまう、それほど品揃え、種類共に申し分の無い規模感のお店でした、恐れ入りました。

いずれにしてもこの東京の中心でありブームの発信地である新宿でレトロゲームショップができたことはそれだけで価値のあることなんじゃないだろうか。おしゃれ洋品を買いに来た人が思わず足を止めファミコンソフトを手に取る。この新宿駿河屋を足がかりとして、レゲー文化のリバイバル、そして裾野が広がっていくかもしれない!広がらないか。

でもレトロゲームは楽しいよ?みんな、ファミコンやろうぜ!

駿河屋新宿マルイアネックス店
東京都新宿区新宿三丁目1-26新宿マルイアネックス5階
営業時間11:00~21:00(日・祝日は20:30まで)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。