2016年発売タイトル・ゲーマーの俺的オススメゲームランキング1位〜5位


いよいよ大晦日です。当ブログでは様々な2016年発売タイトルについてレビューやコアゲーマーとの会話をして参りましたが、昨日の「2016年発売タイトル・ゲーマーの俺的オススメゲームランキング10位〜6位」にひき続いて「5〜1位」を挙げさせて頂きます。

第5位:ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ 3DS

2016123102
2016年1月21日に3DSで発売されました。ゼルダの伝説が無双になったオリジナルのWii U版は2014年発売、結構前だったんですね。2016年発売の3DS版は、グラフィックのテイストがWiiU版から一新され、カトゥーン調になりました。

正直初めて耳にした時、アクション性と謎解きの楽しさが強いゼルダシリーズが、爽快感が魅力の無双シリーズにどう合わさっていくのか不安でしたが、実際に手にとってみると違和感なく楽しむことができました
ボリュームの割に最終的には作業と化してしまうため、全ステージ、全条件クリア、キャラクターの育成といったやり込みをする為には相当な体力と根気が必要です。(ゼルダ無双に限った話ではなく、無双シリーズ全般に対して言えることかもしれませんが)

第4位:真・女神転生Ⅳ FINAL

16070603
2016年2月10日に3DSから発売された人気シリーズ「女神転生」の最新作です。名称からアドオン形式のタイトルなのかと思いきや完全新作で、前作「真・女神転生Ⅳ」でプレイヤーから指摘された課題を徹底的に改善した作品です。個人的にはシナリオの進行も戦闘のスムーズさも、シリーズ中で最もテンポが良いと感じます。主人公の見た目が少年の割に、その世界観はちゃんと女神転生らしく、かなりダークです。

当初外伝的立ち位置だったペルソナシリーズも今や女神転生を追い抜く勢いですっかり広く知れ渡った感じがありますが、やはりオリジナルの女神転生にはオリジナルならではの良さ、ハードさがあり、当然ながら全くの別物として楽しめます。

第3位:龍が如く6

2016123107
2016年12月8日にPS4からリリースされた、ナンバリングの完結作です。このシリーズが何年もマンネリと言われ続けていながらも色あせないのは、我々日本人が本来こういったヤクザものの義理人情のドラマが好きだからなのかもしれません。本作もベタなストーリーですが、アウトローと人情味のコントラストはこみ上げるものがあります。

私は全シリーズプレイ済みですが、龍が如くシリーズってストーリーの切り出し方が上手で、シリーズ途中からプレイしても全体のあらすじがちゃんと理解できるところが素晴らしいと思います。ゲームシステムはいつも通り安定の面白さ!

第2位:サガ スカーレットグレイス

2016121509
2016年12月15日にPS Vitaから発売された人気シリーズ「サガ」の最新作です。直前まであまりにも情報が開示されなかったため、本当に当初の予定通り年内に発売されるのか?と懸念されていましたが、ちゃんと約束を果たしてくれたことはファンとして凄く嬉しかったです。
さて肝心のゲーム内容としては、先日レビューさせていただいた通り申し分なく面白いです。開発に使用しているゲームエンジン(UNITY)やグラフィックから予算感が垣間見得てしまいますが、やはりゲームというものはグラフィックやボリュームが全てではないなと痛感します。
今どきのゲームにしては珍しく良い意味で大味、放り出された感があって、「ああ、今自分はサガをやっているんだな」という感覚になります。往来のサガファンも間違いなく楽しめると思います。
長めのロード時間のマイナス面も許せてしまうほど個人的には当たりでした。

第1位:ペルソナ5

16091704
2016年9月15日にPS3、PS4から発売されましたが、これほど作り手の愛情、プライド、プロ意識を強く感じられたタイトルは私は初めてかもしれません。その独特な映像、演出はもはやアートです。グラフィックだけではなくゲームシステムも申し分なく、時間と労力を費やした分確実にキャラクターが強くなっていきます。プレイヤーの行動に対するフィードバックを実感でき、モチベーションを維持し続けられます。醍醐味である戦闘はスリリングかつ戦略性が高く、RPGの楽しさを強く感じられます

登場キャラクターも魅力的です。それぞれがちゃんとキャラ立ちしていて個性的です。舞台は「楽しい高校生活」でありながら決して甘々ではなくかなりソリッドで、大人がプレイしてもストーリーにぐっと引き込まれます。本当に素晴らしいゲームでした。

2016年は革新的な年!

2016年は満を持して超大型タイトルであるFFが発売されましたが、それより何よりペルソナ5がダントツに良かったです。なんというか、これだけ素晴らしい作品を作ってしまって?今後続編が出た時に今作を引き合いに出されて酷評されてしまったりしないか…?という有らぬ心配をしてしまうほど。仮にそうなったとしても、一プレイヤーとしてシリーズ愛してあげたいなと思えますし、作り手側も有名タイトルにありがちな政治やしがらみに惑わされず、愛情と誇りを持って作り続けて欲しいな、なんて感じました。
16092305

それから2016年はランキングでご紹介できなかったものを含め、「BF1」「タイタンフォール2」など、日本では馴染みの薄かった良質なFPSがリリースされ、私の周りでもFPS人口が増えているのを実感できます。こういうオンラインマルチプレイが浸透していき「(コンシューマー)ゲームは人知れず独りでやるもの」みたいなイメージが少しずつ払拭できれば、ゲーム業界ってもっと盛り上がっていくんじゃないか?と思います。
2016110503

そしてPlaystationVR。これまでに感じたことのない全く新しい楽しみ方を経験でき、ゲームの未来を感じることができました。このPS VRを買うために、生まれて初めて夜中並んで購入するという貴重な経験をしましたが、結果的にとても良い買い物ができたと思っています。まだまだ対応ソフトも出揃っていませんが、今後も非常に楽しみです。

Eagle Flight_20161109125434

改めまして、本年は色々とお世話になりありがとうございました。2017年も素敵なゲームライフを楽しむことができることを期待しつつ!
それではみなさま、良いお年をお迎えくださいませ。
2016123103


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。