高難易度!サガスカーレットグレイス5回連撃トロフィー「フィーバータイム」の取り方


トロフィー、集めていますか?PS3、PS4、PSVitaのやり込みの証であるトロフィーですが、高難易度のものになるとそれはもう面倒なことこの上なかったりしますよね。普段あまりトロフィーに執着しない私ですが、只今プレイ中の「サガスカーレットグレイス」においてはもうちょっとでトロコン(トロフィーコンプリート)できそうな勢いなので、少し頑張っております。ところがその中でもなかなか面倒臭そうな条件のものを見つけてしまいまして、その名も「フィーバータイム」。内容は「1ターンで5回連撃が発動した」というもので、取得率は2017年1月12日現在で全プレイヤーのわずか1.4%という相当低い割合。もちろんゲームによっては1%を切るような無茶な条件のものも少なくありませんが、twitterを見ていると、このトロフィーの獲得に苦戦されている方は私だけではなかったようなので、その方法を書いておこうかと。

結論から言うと、面倒ですが決して出来なくはありません!

敵が5体登場し、難易度の高くない場所で実施!

ご存知の通り、連撃は敵や味方が戦闘不能になった後、同陣営のキャラクターがタイムライン上で繋がることで発動します。これが本作のアクセントとなり戦闘を盛り上げる要素のひとつなのですが、意識して狙っても3連撃くらいが実用レベルで、ごく稀に意図せず4連撃が発生すると「すげーラッキー!初めて見た!」といった程度の発生頻度です。

パズルゲームの連鎖的な感覚ですね

そして今回紹介する「フィーバータイム」の条件にあたる5連撃を発生させる事前準備として味方5人と敵5体を両端に並べます。ということで、まずは敵が5体出現する場所を探すことに。そもそも5体出てくる場所も限られるわけですが、出来る限り倒しやすく発生条件を作りやすい、ということで選んだ場所がこちら。

ユシタニア州の北東カール滝を渡った「ツルハシを振るう男」です。難易度は「HARD」ですが、ここに出てくるゴロゴロムシ4体とバクは、ローコストで比較的簡単に覚える小剣の「マインドステア」で眠らせることができます。ここで敵の攻撃を和らげながら発生条件となる環境を作ることができます。特にバクは全体攻撃や素早さUPの「叫ぶ」を使ってくるため、放置していると準備を台無しにされてしまいます。ちなみに私はマインドステア人員を2人参加させました。

条件のタイムライン構成はこちら!

まずこのタイムライン構成で5回連撃を決めるためには、陣形を素早く動ける「フリーファイト」にし、あらかじめ味方の運動にの高い装備をしておくと良いです。不足があれば、戦闘中に敵、味方の素早さを、技や術で補って行きましょう。そして敵味方を写真のような並びにさせます。

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩
①〜⑤に味方⑥〜⑩に敵というタイムラインを構築しましょう。さらに②〜④の味方と⑦〜⑨の敵、つまり各チームの中3体のHPを、連撃で倒せる程度まで減らしておきます。こちらも上記写真をご参照ください。概ね3分の1程度残せれば実現できると思います。

準備は以上です。決して難しくは無いですが、敵の数が多いため、先述の通り「マインドステア」等で出来るだけ敵の攻撃の手数を減らしながら準備を進めるのが良いと思われます。またこの際にHPの高く攻撃も激しいフェンリルの素早さを斧の「かかと切り」や、体術の「スライディング」、術「茨の呪縛」等で下げてほぼ確実に⑩の位置に来るようにした上で「マインドステア」で眠らせておくと準備が楽です。

あとは運に任せて連撃発動!

上記のタイムラインを構築できたら、中央の敵⑦〜⑨のどれかを攻撃します。攻撃した敵を倒すと、敵残り4体の連撃が発動し、味方を攻撃してきます。ここで味方真ん中②〜④のいずれかに攻撃が当たり倒されると、残された味方4人の連撃が発動します。ここで相手の中央2体どちらかを連撃で撃破すると、再度敵残り3体が連撃を返し、味方中央2人のうちどちらかに攻撃が当たれば…という形で、敵味方交互の連撃を繰り返すことで、うまくいけば5回連撃が発生します。この際に両端に位置する①⑤⑥⑩に連撃を当ててしまうと一旦チェインは中断されますが、残されたメンバーがうまく中央の敵に攻撃を当て再度連撃が発生しても、同ターン内で合計5回連撃を発生させられれば条件クリア、トロフィー獲得になるので、諦めずにターン終了まで様子を見ておきましょう!

ただしチェインが繋がらなければ残念ですが再度最初から!

ちなみに効率の悪い私はこの環境を作り上げるのに10分近くかかりました。途中でうまくHPや素早さを調整したはずが勢い余って敵を倒してしまったり、逆に倒されてしまったりと、事前準備にかなり時間を消費すると思われます。とにかく根気よく頑張りましょう。

味方だけではなく、敵の連携も必須条件!

連撃は敵か味方を倒すことで発動するので、一度の戦闘で参加する敵キャラクターの最大数が5体の本作では、味方の連撃はどう頑張っても最大4回、必然的に敵の連携も必要となってきます。ちなみにこのトロフィーを取得するのにかかった時間は約2時間!それはまるでドミノの大作を組み立てるかのごとく、勢い余って敵を倒してはリセットを繰り返してやっとのことで獲得に至りました。

仲間達、お疲れ様でした…

もしかしたらもっと効率的に獲得する方法があるかもしれませんが、いずれにしても長期戦を覚悟しつつ事前に準備をしておくことと、あとはとにかく根気!これが必要になると思います。頑張ってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。