「スプラトゥーン2」初心者なのに活躍!FPSベテランプレイヤーに聞く3つのコツ


nintendo switch「スプラトゥーン2」が楽しいです。が、とにかくヘタクソです

日頃ゲームの話をしている同僚二人も発売日に同作を購入し、夜な夜な楽しんでいるわけですが、3人ともほぼ初心者です。

であるにも関わらず、皆あっという間にベテランと同等の活躍ぶりを見せ、チームを分かち対戦すれば出会い頭にあっという間にキルされてしまいます

私のプレイスタイルと一体何が違うのか、初心者でありながらあっという間に活躍するまでに成長できた理由は一体何なのか?コツやプレイの心得について尋ねてみました。

スプラトゥーン初心者同僚メンバー

私(武器:ローラー)
20161231061979年生まれ
既婚(娘一人)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなタイトル:和ゲー全般、レトロゲーム
いまいち体感的に「貢献してるわー。」という実感もなく。チーム結果は概ね2〜3番手くらいの活躍。

T氏プロフィール(武器:プロモデラーMG)
160607051979年生まれ
未婚
趣味:ゲーム、スノボ
職業:プログラマー
好きなタイトル:FPS、ダークソウル3、ディアブロシリーズ等コアなものから龍が如く等カジュアルなものまで多数。信長の野望等の歴史ゲーも好き。
つい先日スプラトゥーン発売直前に新宿ビックカメラの抽選にめでたく当選!switch歴も浅いくせに、いつもチームではポイントを最も稼ぐ貢献者。対戦すればボコボコにしてくる生意気な男。BFシリーズなどFPS好き。

N氏プロフィール(武器:プロモデラーMG)
1976年生まれ
既婚(子供なし)
趣味:サバゲー
職業:アートディレクター
好きなタイトル:FPS、ダークソウル3から和ゲー、格ゲーまで。
CODやBF、ボーダーランズやオーバーウォッチ、タイタンフォールなどのFPS、TPSがプロ級に上手い。今回いわゆるFPSとはまたタイプの違うTPSである本作でも活躍しているものの、楽しさは見出せているのか?

FPSベテランプレイヤーとしての感想は?

私「スプラトゥーン2どうですか?FPSプレイヤーとして。」
N「面白いですよね。陣取りみたいなのは。」
T「操作とかもFPSと近いです。Rで攻撃して…。確実に慣れはあります。」
N「そうかも。」
T「だからもし俺がSTGに慣れているっていうアドバンテージがなかったらもっとボッコボコだったと思う。」
私「T氏とかほぼスプラトゥーン初心者だけどメチャクチャ活躍してるよね。」

N「そうですよね。何回かマッチングしてますけど、Tさんがいるチームは大体勝つ。」
T「そんなでもないっすよ。」
私「マッチングして相手チームになるとマジで腹立つ。「あ、やられた、またTかよ!」って(笑)」
T「ごめん(笑)でも俺よりNさんの方が活躍してるよ。」
N「いや、過去50回の戦歴とか見ても余裕で負け越してます。なんなんでしょうね。もう卒業しようかな…とかも思いますもん(笑)
T「え、マジですか(笑)」
私「BF1とかCODとかのFPSとかとやっぱり違いますか?」

N「スプラトゥーンは休まらないですよね、忙しい。1on1でじっくり撃ち合うって感じではないですよね。」
T「休んでる暇ゼロじゃないですか。」
私「ガチャガチャしてるしスピードも速いしね。」
N「やっているうちに脳内麻薬みたいなものが出て来るんですけど、負けが続くと「…はいはい。」「…はいはい。」って(笑)コントローラー投げそうになりました。
私「イライラ(笑)」
T「そんな時はモード変えてみるのが良いんじゃないですかね(笑)」

N「あれからお二人LINEで呼んで通話しながらやろうかなと思ったんですけど、それももういいやって(笑)」
T「なんてこった(笑)」
私「いわゆるFPSとかとはまた違う神経使いますよね。」
N「だから集中力ももう切れて。で、昨日Tさんとちょっとやっていたんですけど、ちょっと疲れたから今日はやめよう…と思って、TさんにLINEで「今日はここまでにしますね。」って送ったんですけど。それ、かみさんに飛んでて(笑)
私「(笑)」
N「(笑)」
私「奥さんから返事来ました?」
N「「…はい?」って(笑)」
T「(笑)」
N「向き不向きみたいなものはあるでしょうが、僕はFPSの方が好きですね。」

その1いろんな武器を使ってみて、勝ちパターンを見つける!

私「何か心がけている戦い方とかコツとかありますか?」
N「自分に合う武器を見つけて、そこで重点的に練習するとかですかね。使っていて「おっ?」って思うものがあると思うんです。」

T「そうですね。最初はとにかくランクを上げて色んな武器を試してみる。」
私「僕はそれでローラーを見つけました。ローラーってエイムの概念が無くなるのでとっつき易くて。普段ヌルいアクションに慣れているので凄くしっくりきました。」
T「ローラーは初心者多いよね。見ていてそう思う。」
私「極端な話そこに特化しても全然良いと俺は思うけどね。」
N「縦振り使ってますか?」

私「使ってます。ローラーは射程も短いのでジャンプしながら縦振りして。そこで道作って、潜って回復しながら前に進んだり。」
N「やりますね。」
T「自分なりの戦い方もなんとなく見つけられてくるでしょ。
私「そうね。基本正面からは行かない。絶対やられる。」

N「相手との距離とかは意識しますよね。正面からは行かないようにしてます。横から攻めます。
T「射程長いと前から撃った方が有利ですけどね。でも俺もMGとか使ってるから射程も短くて、シューターとかで来られると撃ち負けるんですよね。それが悔しくて。」
私「そうか、T氏を狙うときは遠距離の武器を使えばいいのか。」
T「(笑)射程が短いキャラなら短いなりに工夫もできて。正面から行く時はスペシャルのカーリングで道を作ってもぐって、相手のめっちゃ近くで現れたり。昨日はそうしてNさんに攻撃仕掛けてた。もうNさんとか攻撃されるの分かってたけど。」
N「お互い手口がバレてるんです(笑)」

その2キルにこだわらない!

私「やっぱり相手を倒すのって一苦労だよね。」
T「ガチマッチとかは未だやらなくて良いんじゃない?あそこはもう本当にガチだから。」

私「みんな容赦なく倒しに来るもんね。
T「しばらくはナワバリで良いと思う。ナワバリって、別に相手をキルしなくても良いじゃん。いかにたくさん塗ったかで競うから。それまではとにかく相手から逃げ回る。
私「実際今そうしてる。キルにこだわらなくなったらチームが勝てるようになった。ああ、そこそこ貢献できたなって思えるようにはなって来た。」
N「そうですね、ぶっちゃけ相手をキルしてもポイントゼロですしね。
T「塗ってるだけでも、キルなんてしなくても大丈夫だし。」
N「相手を倒すことに夢中になって塗らない人より塗ることに徹底している方がよっぽど貢献できます。

T「結構いますよね。あとはサーモンランなんかも良いですよね。難しいけど、基本対戦じゃなくて協力だし、ギスギスしたり申し訳なく感じることも少ない。あとは色んな武器を学べるので。
私「色んなモード試してみると、自分になんとなく合ったモードで楽しいって感じられるかもしれないですよね。」
T「そう、あとはキルにこだわらない。協力プレイとか陣取りとかで、まずは動かし方や武器の特性を覚えるのが大事だね。」

>次ページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。