スキあらばGAMEメンバーが語る2019年発売の一番面白かったゲームは?


2019年も残すところあと2週間を切りました。

当サイトでいい歳こいてゲームの話ばかりして参りましたが、今年も昨年同様いい歳こいたメンバーで、今年購入したはいいが思ったほどではなかったがっかりゲーオブザイヤー(GGOTY)を寄せ合おうと考えております。が、その前に今年プレイした中で最高に面白かったゲームについても挙げてポジティブな話をしてこそがっかり感が引き立つというもの。

ということで、次週のスキあらばゲームGGOTYに備えて2019年を飾るメンバー間でのおすすめゲーム、そして翌年発売を控えた期待のタイトルについて話し合って参りましたので、2日に分けてお送りします。

メンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘5歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
現在プレイ中のゲームは、リングフィットアドベンチャーと、3ヶ月越しのアストラルチェイン。今年も様々なゲームをプレイして参りましたが、同等数かそれ以上にたくさん積んで参りました。ちなみに私管理人の2019年おすすめゲームについては年末改めてご報告いたしますので、今回はただの賑やかし要因。

M氏プロフィール
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつもPS4かSwitchのどちらかがオンライン状態の人。おしゃべりで優しいアニキ。直前までプレイしていたゲームは、コールオブデューティ モダンウォーフェア、デスストランディング、そしてスターウォーズフォールンオーダーなど幅広くプレイ。今年のゲームオブザイヤーは?

O氏プロフィール
20170310111986年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元スポーツマン。スプラトゥーンが大好き。現在プレイ中のゲームはモンハンアイスボーンとポケモンソード。面白半分でポケモンの動画をyoutubeで流してみたところ、土日にキッズが群がって大変なのだとか。今年のゲームオブザイヤーは何だい?

A氏プロフィール
1976年
男性
未婚
好きなジャンル:アクション、バイオハザード、HORIZON ZERO DAWN、等
上記M氏の職場同僚。穏やかで真面目なジェントルマン。久々に登場…ではなく、普段物静かなので、実はいるけど登場しないパターン多め。Call of Duty: Modern Warfareプレイ中。今年のゲームオブザイヤーを教えてください。

雑食系ゲーマーM氏の2019年ゲームオブザイヤーはSEKIRO!

私「昨年同様にガッカリゲーを挙げる前に、今年面白かったゲーム、来年期待しているゲームについて挙げていきたいと思います」
O「前向きな話をしておきたいですもんね(笑)」
М「いったい何が今年出たものなのか曖昧だったので、選ぶの大変でした」
O「Mさんはデスストランディングですか?」


М「僕は面白いと思ったけどね。だけど今年一番ではない。寄り道含めてクリアまで100時間近くやりました」
私「それだけ面白いってことですね」
O「知り合いはクソゲー認定して速攻止めたらしいです(笑)」
М「クリエイティブな部分は面白いんですけどね。荷物を運ぶという行為を楽にするためにいろんな道具や施設を作ったり。ある種マイクラっぽさもあって。ただ主となる荷物を運搬するという行為はマンネリ化することは否定できないです。未開の荒野を進んで配達する冒険感は面白いんですが、大半は既に過去配達した場所の往復がメインだったり。そこの作業感で止めちゃう人は多い気がします。個人的にはそこにも意味があって楽しんでましたけど」
私「手探りで楽しさを見出す系ですかね」
М「そうですね。基本トライ&エラーです。あと非同期オンラインも良いです。誰かが作った橋やはしごで命拾いしたり、自分が作った道路を世界中の人が利用したりそれに対していいねをしたり、あるいはいいねされたりして、ちょっとした一体感を感じられます」
私「新しい試みのオンラインですね」
O「それを踏まえて今年ナンバーワンは?」
М「SEKIROですね、もう圧倒的です。和風ダクソだなという心構えで楽しみにはしてたんですが、全然違った」

O「鉄板ですよね」
A「あれ、今年発売されたんですね、凄く前から出ていた気がする」
М「久しぶりに唸るような楽しさでしたね。ダクソをやり込んでいたんですが、完全に自信を砕かれましたね。その分達成感が凄かった。あと、今お勧めするとしたらもうちょっとありますよ。ジェダイフォールンオーダーです。EAのダクソと呼ばれてます。あと、やっと十三機兵防衛圏やってます。これも面白いですね。今年どっちも5本の指に入るかもしれません」
私「でもスターウォーズは前回の教訓が…。ジェダイを買うのはかなり賭けですね」

シューター好きA氏のゲームオブザイヤーはバイオハザード RE:2

私「Aさんいかがでしょうか?」
O「Мさんが既に挙げてしまったので、敢えてSEKIROを避けるとすると…?」
A「えー(笑)僕もSEKIROかなと思ってました(笑)」
M「すみません(笑)」
A「バイオハザード RE:2は面白かったですね」


M「あー、バイオ2も捨てがたいですね。あれも面白かった」
私「評価高かったですね」
A「こんな怖かったかな?と。オリジナル版忘れていたのもあるけれど、最近のバイオはゾンビというよりも、ウイルスに感染した人間だったり、ゾンビを通り越した謎のクリーチャーだったりしたので、なんかゾンビ久しぶりだなと思って。ゾンビって怖いな…って(笑)」
M「初代バイオの衝撃が思い出されますね。リメイクのお手本って感じでした。名作たる所以ですね」
私「海外版やりました?」
M「はい。まあ正直グロければ良いってもんでもなかったんですが、せっかくなら規制なしのものをやってみたかったので。ただ、正直バイオ1もかなり過激だったので、当時のショックに比べればどうということもなかったですが(笑)」


A「昔のバイオは怖かったですね」
M「あの頃はまだCEROレーティングなんてものも無かったと思うんです。ただ「グロテスクな表現があります」みたいなシールがペロッと貼ってあるみたいな。当時やってたゲームはFFとかドラクエとかでしたから、免疫があまり無かったので衝撃でしたね。で、バイオリメイク2も当時のホラーをちゃんと踏襲しつつ、今風の操作性に寄せているからもう完全新作ですね」
私「バイオRE:3はどうしますか?」
A「期待できますね。買うと思います」
M「ただ、確実にハードルは上がってますね。2と同じくらいは最低でも求めちゃうので、カプコン頑張って欲しいですね」

次ページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。