プレイレポート

管理人がプレイしたゲームのレポートです。基本的にはオススメのタイトルになります。

【画像あり】3DS版「NINJA GAIDEN」が全然発売されないので、敢えてDS版をプレイした感想。

今後のラインナップを見る限り、3DSもいよいよ終盤戦といった印象ですが、今後発売予定のラインナップを見る限りでもまだもうしばらく楽しみではあります。その中の一つ「NINJA GAIDEN(仮題)」が3DSからリリースされるとかなんとか言われつつかれこれ4〜5年ほど楽しみに待ち惚けしているのですが、その後の音沙汰は無く。

3DSもクローズの兆しを見せつつある中で、ある程度頓挫の覚悟もできつつあります。でも、できることならば携帯機でニンジャガを動かして遊びたい!ということで、同じDS版「NINJA GAIDEN:Dragon Sword(ニンジャガイデン ドラゴンソード)」で、もやっとした気持ちを紛らわせることにしました。
続きを読む 【画像あり】3DS版「NINJA GAIDEN」が全然発売されないので、敢えてDS版をプレイした感想。

【画像あり】3DSでも遊べる「ふたりはプリキュアS☆Sゲームでぜっこうちょう」を大人がやってみた。

娘(4歳)も年中さんになり、好きなキャラクターの対象がアンパンマンからプリキュアに。

保育園のお友達同士好きなプリキュアの話をしたりテーマソングを口ずさんだりと微笑ましい反面、親としてはよく分からんプリキュアの話に付き合わされ、絶対飽きるだろうと踏みつつ誕生日に買ったプリキュアの変身グッズが部屋に転がる始末。

そんな矢先ブックオフで見つけたのがニンテンドーDS「ふたりはプリキュアS☆Sゲームでぜっこうちょう」。これだけ多様なプリキュアグッズが売れているのだから、ゲームになっていても何ら不思議はなく。

この機会にゲーム版にも触れて、プリキュアについて学ぼうかと。
続きを読む 【画像あり】3DSでも遊べる「ふたりはプリキュアS☆Sゲームでぜっこうちょう」を大人がやってみた。

都会は有利?新宿勤務者が「妖怪ウォッチワールド」をやってみた感想

先日ガンホーから新規タイトルとして発表されたものは、スマートフォンの「妖怪ウォッチワールド」、GPSを使った位置ゲーでした。ポケモンGOが出た当初の爆発的な盛り上がりには及ばないものの、コンシューマー界隈ではこちらも対局を成す人気のIPということで、巷でもある程度話題になっている模様。

妖怪ウォッチの位置ゲーか。普段ソシャゲはあまりプレイしませんが、せっかく人の集まる新宿周辺を拠点としているわけだしと、やや流れに飲まれる形で触ってみることにしました。
続きを読む 都会は有利?新宿勤務者が「妖怪ウォッチワールド」をやってみた感想

[画像あり]超面白い…!敢えて今、シリーズ初代「マリオテニスGB」をやってみた。

巷ではNintendo Switchの「マリオテニスACE(エース)」が盛り上がっている模様。

残念なことに、マリオオリンピックだとかウイイレだとかのスポーツゲームにはめっぽう疎い私ですが、そういえば私は中高生の時にテニス部に所属していて、レギュラーだったのだ。そして当時はボリス・ベッカーやピート・サンプラスといったスター選手にも憧れたものだった。

ネット越しに相手を睨んでいたあの血気盛んだった思春期の頃の様に、常に闘争心は燃やしていたい。あの時の勢いを取り戻すべく、ラケットをゲームのコントローラーに持ち替えて。

マリオテニスをするぞ!
続きを読む [画像あり]超面白い…!敢えて今、シリーズ初代「マリオテニスGB」をやってみた。

3DSの「まるごと保存」でFC「魔界村」を真エンディングまで攻略してみた。

twitterは私にとって知識の泉です。先日twitterをぼんやり眺めていたら、立て続けにファミコン「魔界村」の投稿が。魔界村に何かあったのか?調べてみると、発売日が1986年6月13日の魔界村の誕生日だったわけですね、おめでとう!

そう言えば魔界村はクリアしたことが無い。鬼畜級の難易度にずっと見て見ぬふりをしてきた。だけど今こそ逃げ回る人生に今こそさよならする時が来たのかもしれない。

ということで、3DSのバーチャルコンソールに備わっているクイックセーブ、ロード機能である「まるごと保存」を活用し、30余年の雪辱を晴らそうと思います。
続きを読む 3DSの「まるごと保存」でFC「魔界村」を真エンディングまで攻略してみた。

ここが凄い!面白い!PS4「DETROIT:Become Human」クリア後の感想

PS4「DETROIT:Become Human(デトロイトビカムヒューマン)」クリアしました。先日のゴッド・オブ・ウォーに引き続き、まったくとんでもないゲームに出会ってしまったものです。

プレイし始めた当初、たまたまレトロフリークでライトなファミコンのゲームをいじっていたこともあり、その重厚そうなパッケージに胃もたれしそうな抵抗感がありましたが、奮い起こして触れた瞬間心を鷲掴みにされました。

これはやってよかった!
続きを読む ここが凄い!面白い!PS4「DETROIT:Become Human」クリア後の感想

[画像あり]なんだこりゃ…。スマホ版ドラゴンクエスト2をプレイした感想

先日プレイしたPS4「ゴッド・オブ・ウォー」が楽しすぎて、得体の知れない虚脱感に苛まれて以降、反動なのか、なし崩し的に古いゲームをいじる期間がありました。

その時たまたま目に入ったのがスマートフォン版の「ドラゴンクエストⅡ」。セール期間中という後押しもあって、シナリオも勝手もほぼ分かり切った同作に手を出すことに。今思えばGODが良くも悪くも刺激が強かったので、気持ちはややリハビリ傾向だったのかもしれません。

ところが、このスマホ版ドラクエⅡが思った以上にチープな作り、かつて「RPGといえば」と評価の高かったスクエニのプライドはどこへやら。

続きを読む [画像あり]なんだこりゃ…。スマホ版ドラゴンクエスト2をプレイした感想

PS4「God of War」と「二ノ国2」をどっちも購入してから2ヶ月後の現在。

先日ご報告いたしました通り、2018年3月22日に発売されたPS4の「God of War(ゴッド・オブ・ウォー)」をクリアいたしました。

あまりのコンテンツの質と量に圧倒されて以降、PS4の電源を入れるのも億劫になるほど謎の虚脱感に苛まれまして。以降、携帯機やスマホゲーに寄り道したりしながらごまかしごまかしゲームしておりました。

そういえば、そんなGod of Warの発売翌日の2018年3月23日に同じくPS4でリリースされたRPG「二ノ国2」の存在をすっかり忘れていた、ほぼ同時に買った二本なのに。

ということで、God of Warクリア後の謎の虚脱感に向き合いつつ、二ノ国の進捗についてご報告です。
続きを読む PS4「God of War」と「二ノ国2」をどっちも購入してから2ヶ月後の現在。

[画像あり]ここが面白い Bloodstained: Curse of the Moonクリア後の感想。

「Bloodstained: Curse of the Moon(ブラッドステインド カースオブザムーン)」。をクリアしました。PS4、Switch、3DS、Vita、Xbox、PC版がある中で選んだのはVita版ですが、何か。

悪魔城ドラキュラシリーズのプロデューサー五十嵐孝司氏が、クラウドファンディングにより開発中の「Bloodstained: Ritual of the Night」へ向けた序章的な位置づけのスピンオフ作品。レトロ調の独特の画面にネットでもちょこっと話題になっているので試しにプレイしてみてびっくり、やだこれ面白いじゃないのよ。

1周だけさらっと回して、早いとこ積みゲーでも消化すっかと軽い気持ちで臨んだもののドハマりしてしまい、時間を忘れてまさかの4周クリア。なんだこれ!超楽しい!ということで、感想を。

続きを読む [画像あり]ここが面白い Bloodstained: Curse of the Moonクリア後の感想。

[画像あり]ファミコンジャンプは神ゲーなのかクソゲーなのか?30年後に遊んでみた。

ニンテンドークラシックミニファミコンに、創刊50周年としてジャンプバージョンが発売されることが決定!

収録タイトルは「聖闘士星矢黄金伝説」や「ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」「キン肉マン マッスルタッグマッチ」「キャプテン翼」そして「ファミコンジャンプ 英雄列伝」など、昭和のファミっ子が目をキラキラさせる夢のようなラインナップ。

この中にある「ファミコンジャンプ 英雄列伝」は、少年ジャンプに連載された人気漫画の錚々たるキャラクター達が登場する元祖お祭りゲー。作品を跨いで自分が大好きなキャラクターを操作できるその賑やかな佇まいに当時のジャンプ愛読者達は歓喜。大胆なゲームバランスやギャグ、シリアスが入り乱れるシームレスかつ独特のテイストからネタとして語り継がれる一方で「実はあれは神ゲーだった。」と評価される一面も。

1988年の発売から30年、ファミコンジャンプって結局神ゲーだったのか?ジャンプバージョンより一足先に?試してみることに。
続きを読む [画像あり]ファミコンジャンプは神ゲーなのかクソゲーなのか?30年後に遊んでみた。