海外の評価

日本のゲームに対する海外プレイヤーの反応、評価について、海外のレビューサイトから翻訳してまとめます。

海外の名作についてもご紹介しています。

ソウルハッカーズ2メタスコアは低いが、海外プレイヤーの評価が高い!

ソウルハッカーズ2がついに発売!

プレイ中の当サイトメンバーの評価も高く、SNSでもいきなりクリア報告がちらほら。ファミ通も9,9,10,10のプラチナ評価。

ところが、おなじみMetacriticはというと、発売から3日後のメタスコアがまさかの76点という微妙な判定。一方でユーザースコアは9.0点と神ゲーに近い高評価!ユーザースコアの方が信憑性がありそうな気もするけれど、実際にプレイした人はどのような感想を抱いたのか?

同サイトに投稿された中で共感度の高いプレイヤーのレビュー10点をご紹介します。

Soul Hackers 2 for PlayStation 5 Reviews – Metacritic
続きを読む ソウルハッカーズ2メタスコアは低いが、海外プレイヤーの評価が高い!

リメイク版ライブアライブ、海外の評価、メタスコアも高め!

ライブアライブリメイク版が周囲で好評。当サイトメンバーも数名プレイ中で、オムニバス形式の構成とテンポの良さ、邪魔にならない程度の追加要素とオリジナルの魅力そのまま、リメイクのお手本のような出来なのだそうな。

一方海外でもあの輝かしいスクウェアRPG黄金期の名作は当時から知る人ぞ知る作品だった模様。今回のリメイクを受けてどのような評価をされたのか?おなじみメタクリティックで海外の評価を見てみると、発売から5日後のメタスコアは81点、ユーザースコアは8.0点とこちらもまずまずの高評価!そして2D-HDグラフィックに対する期待も強い印象。

同サイトに投稿された中で共感度の高いプレイヤーのレビュー10点をご紹介します。

Live A Live for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む リメイク版ライブアライブ、海外の評価、メタスコアも高め!

ゼノブレイド3のメタスコアが高い!海外プレイヤーの感想は?

ゼノブレイド3プレイ中です。

インターネット上ではここ数日で早くもクリア報告が見られるわけですが、とにかく寄り道が楽しすぎてですね、本当にみんなクリアしているの!?ちゃんと味わっているのかい!?クエストやらずにイベントスキップしまくっていたりしないかい!?ちゃんと寝ているのかい?とお節介なことを考えてしまいそうですが、さすが日本が誇るJRPGの大型タイトル、それほど皆ぶっ通しで遊んでしまうだけのことはあるということでしょう。

そしておなじみメタクリティックで海外の評価を見てみると、発売から5日後のメタスコアは89点とまずまずな一方ユーザースコアは8.6点とこちらもかなりの高評価!

共感度の高いプレイヤーのレビュー10点をご紹介します。

Xenoblade Chronicles 3 for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む ゼノブレイド3のメタスコアが高い!海外プレイヤーの感想は?

モンハンサンブレイク メタスコア・海外プレイヤーの評価が酷い…その理由は?

モンスターハンターライズの追加コンテンツ「サンブレイク」が発売されて1週間が経過。

完全新作、本編ほどではないもののさすがモンハン、SNSでも私のフレンドと多くのプレイヤーが楽しんでいる模様。

ところが、おなじみメタクリティックでメタスコアを見てみると、発売直後のメタスコアは86点とまずまずな一方ユーザースコアは5.6点と点数だけで言えばクソゲー評価…?いったいどこにプレイヤーは不満を抱いているのか?モンスターやエリアなど、追加されたコンテンツの内容に対して不満は少ないものの、税込4,990円という価格に納得感を得られていない印象。

共感度の高いプレイヤーのレビュー10点をご紹介します。

Monster Hunter Rise: Sunbreak for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む モンハンサンブレイク メタスコア・海外プレイヤーの評価が酷い…その理由は?

スクエニ実写ADV「春ゆきてレトロチカ」メタスコアは微妙でも、海外評価は悪くない…?

スクエニの実写アドベンチャー「春ゆきてレトロチカ」。

スクエニお得意のRPGではなく令和の今敢えて実写のアドベンチャーという意欲作ですが、ストーリーについては概ね好評で、我が家でも普段ゲームと無縁で映画、ドラマ好きの妻も食いついた。知らんですよね。

海外でも「THE CENTENNIAL CASE: A SHIJIMA STORY」として発売。メタスコアを見てみると、発売直後のメタスコアは71点と点数だけで見るとイマイチな結果ではあるものの、ストーリーには定評あり。

各メディアの評価10点をご紹介します。

The Centennial Case: A Shijima Story for PlayStation 5 Reviews – Metacritic
続きを読む スクエニ実写ADV「春ゆきてレトロチカ」メタスコアは微妙でも、海外評価は悪くない…?

Switch「マリオストライカーズ」が海外で酷評!?海外プレイヤーの感想まとめ

マリオコンテンツ「マリオストライカーズ バトルリーグ」発売。

私管理人も過去ゲームキューブ版でプレイしましたが、ファール無し必殺シュートありと私のようにサッカーに疎い人間でもワイワイ楽しめるルール無用のスポーツ(っぽい)ゲーでした。

が、発売から約1週間、Metacriticにおける評価を見てみるとどうだ、メタスコアは75点、ユーザースコアは6.2点と、ちょっと任天堂のワイワイスポーツゲーとは思えないような手厳しい評価。

というのも、オンラインで4VS4プレイができないというこのインフラストラクチャー整う21世紀では考えにくい仕様にプレイヤーは困惑している様子。

Metacriticユーザーレビューの中で最も共感度の高い10件をご紹介します。
Mario Strikers: Battle League for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む Switch「マリオストライカーズ」が海外で酷評!?海外プレイヤーの感想まとめ

「百英雄伝Rising」海外プレイヤーの評価は上々?メタスコアは?

幻想水滸伝スタッフで開発中の「百英雄伝」の前の話「百英雄伝Rising」が発売。

本編に対してこちらは横スクロールのアクションRPG。SNSを見てみると、フルプライス作品に比べればボリュームは少なく、お遣いクエストメインとなる一方で映像表現やシンプルで爽快感のある操作性の良さで概ね高評価。

本作のMetacriticにおける評価はというと、PS5版メタスコアは76点、ユーザースコアは7.4点と、まずまず本編に期待できる良作といった印象。

Metacriticユーザーレビューの中で最も共感度の高い10件をご紹介します。
Eiyuden Chronicle: Rising for PlayStation 5 Reviews – Metacritic
続きを読む 「百英雄伝Rising」海外プレイヤーの評価は上々?メタスコアは?

黒澤映画インスパイア「Trek to Yomi」メタスコア、海外の評価は真っ二つ!

フィルム時代の映画を思わせる白黒画面が特徴的な時代劇横スクロールアクション「Trek to Yomi」をクリアしました。

クリア時間は7〜8時間ほどとあっさりしていた印象ですが、映像が印象的で、主人公大輝と同じ空間にいてその顛末を遠くから見ているような、独特な臨場感を感じられたのは貴重な体験。

さて、本作のMetacriticにおけるXbox版の評価はというと、メタスコアは76点、ユーザースコアは6.9点

ユーザーの評価はネガティブポジティブで真っ二つに。

やはり理由としては、黒澤映画を思わせるその独特の映像表現が評価される一方でボリュームの少なさ、アクションの単調さが指摘されている様子。納得。

Metacriticユーザーレビューの中で最も共感度の高い10件をご紹介します。
Trek to Yomi for Xbox Series X Reviews – Metacritic
続きを読む 黒澤映画インスパイア「Trek to Yomi」メタスコア、海外の評価は真っ二つ!

「Switch Sports」メタスコア、海外プレイヤーの評価は厳し目だった。

任天堂のスポーツゲーム「Switch Sports」が発売。

前作Wiiスポーツリゾートはコントローラーのセンサーの感度も良好でスイングの微妙なニュアンスも反映してくれ、競技も豊富、マルチプレイでも盛り上がる内容で極めて評価の高いパーティーゲームだった。

ところが、10数年の時を経てこの度Switchで発売されたシリーズのMetacriticにおける評価はというと、メタスコアは74点、ユーザースコアは6.5点というなかなか厳しい評価。

ネガティブなコメントはというと、続編にもかかわらず前作リゾートよりも競技が半分くらい、また当初予定していたゴルフも秋の追加予定と事実上の遅延によるもの。そして前作にも含まれた競技も大きな変化が見られないこともマイナス要素の様子。

Metacriticユーザーレビューの中で最も共感度の高い10件をご紹介します。
Nintendo Switch Sports for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む 「Switch Sports」メタスコア、海外プレイヤーの評価は厳し目だった。

スクエニハクスラRPG「バビロンズフォール」海外でとんでもなくクソゲー評価だった。

そういえばスクエニのハクスラRPG「バビロンズフォール」が気になっていたのだった。

中世の重厚感ありそうな世界観でハクスラアクションをマルチで楽しめるだなんて、面白くないはずがない。けれど、エルデンリングと近いタイミングで発売されたもんだからいつの間にか忘れていた。実際世間の評価はどうだったのか?

かれこれ2ヶ月近くが経ってしまったけれど、おなじみMetacriticで本作の評価を見てみると、PS5版メタスコアは41点、ユーザースコアは2.2点というかつて見たことの無いような歴史に残る酷評。

プラチナゲームズ製なのに!?「勇気一つを友にして」をCM曲にしたのに!?どうしちまったのさ?勇気一つを友にしては関係ないな。

一方国内でAmazonのレビューを見てみると、星5点満点中3点とそこまでこき下ろすようなクソゲーでは無さそうではあるけれど、やはり国内以上に抵抗意識の強い課金要素とグラフィックに厳しい声が見られる印象。

Metacriticユーザーレビューの中で最も共感度の高い10件をご紹介します。
Babylon’s Fall for PlayStation 5 Reviews – Metacritic
続きを読む スクエニハクスラRPG「バビロンズフォール」海外でとんでもなくクソゲー評価だった。