海外プレイヤーの評価

日本のゲームに対する海外プレイヤーの反応、評価について、海外のレビューサイトから翻訳してまとめます。

海外の名作についてもご紹介しています。

「ゴーストバスターズ:ザ・ビデオゲーム リマスタード」海外プレイヤーの評価、メタスコアは?

あのゴーストバスターズがシューター系のアクションアドベンチャーに!…なっていることは知ってはいたのですが、PS3からこの度なんとPS4、Xbox One、そしてSwitchへもリマスター版「ゴーストバスターズ:ザ・ビデオゲーム リマスタード」として発売されました!

ネタがネタだけにこりゃ絶対面白いぞと思い、一足先に発売された海外の評価を調べるべくMetacriticのメタスコアとプレイヤースコアを見てみたところ、PS4版ではそれぞれ66点と6.4点。これはシンプルに反応に困る点数。

が、共感度の高いプレイヤーレビューを見てみると、どれも評価が高く、面白そうなんですよね。ということで、それら10点をご紹介します。
Ghostbusters: The Video Game Remastered for PlayStation 4 Reviews – Metacritic
続きを読む 「ゴーストバスターズ:ザ・ビデオゲーム リマスタード」海外プレイヤーの評価、メタスコアは?

「ロマサガ3」海外プレイヤーの評価、人気、メタスコアは?

リマスター版ロマンシングサ・ガ3が面白くて面白くてもう。24〜25年前の作品にも関わらず、最新タイトルそっちのけでこればっかりやってます、もはやロマサガの呪い。

このリマスター版はバッチリ英語翻訳もされていて海外へも展開されている模様。Metacriticで同作のメタスコアとユーザースコアを見てみると、スイッチ版はメタスコアが73点と佳作止まりの評価に対し、ユーザースコアは8.1点となかなかの奮闘ぶり。ちなみにPS4版のメタスコアは77点で、ユーザースコアはなぜか5.9点。こんなに面白いロマサガなのに、実は海外ではさほど有名ではなく、投稿者数自体が少ないのもイマイチな理由?評価している理由としては、もともと海外のRPGプレイヤーが好むとされるストーリーに縛られない自由な冒険ができるという意見が多いようです。

本日はこのロマサガ3リマスター版に対して投稿されたユーザーのコメントをご紹介いたします。
Romancing SaGa 3 for Switch Reviews – Metacritic

続きを読む 「ロマサガ3」海外プレイヤーの評価、人気、メタスコアは?

名誉挽回?EA「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」海外プレイヤーの評価、メタスコアは?

昨日もご紹介いたしましたが、2019年11月15日に発売されたEA「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」がまずまず高いようです。ジャンルは異なる同じくEA製スターウォーズゲーであるバトルフロント2が大手レビューサイトmetacriticsでユーザースコア10点満点中1点台という見たこともない記録を叩き出しましたが、ゲームシステムを一変し、もちろん炎上しがちな課金要素も追加DLCを含め一切無くした結果、メタスコアは81点、ユーザースコアは8.1点と良ゲー評価。単純にバトフロ2で記録的低評価を受けたこともあってハードルが下がった…なんて声もありますが、少なからず名誉挽回できたのではないでしょうか、良かった。

本日は同作においてもっとも共感度の高いユーザーコメント10点をご紹介いたします。
Star Wars Jedi: Fallen Order for PlayStation 4 Reviews – Metacritic

続きを読む 名誉挽回?EA「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」海外プレイヤーの評価、メタスコアは?

これは酷い「ポケモン剣盾」海外の評価がシリーズ最悪?メタスコア、プレイヤーレビュー紹介

メジャー級キャラの不採用やグラフィックなどの品質面、ボリューム不足と何かと世間を騒がせている「ポケットモンスター ソード・シールド」ですが、日本以上の人気と市場を確保している海外のプレイヤーの感想を見てみるとメタスコアは8.2点、ところがユーザースコアはまさかの3.5点(ソードは4.0点)というクソゲークラスの超酷評。どうしちまったんだ、世界のポケモン!

なぜここまでこき下ろされているのか?共感度の高いプレイヤーレビューを10点ご紹介いたします。
Pokemon Shield for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む これは酷い「ポケモン剣盾」海外の評価がシリーズ最悪?メタスコア、プレイヤーレビュー紹介

日本より酷い!「デスストランディング」海外プレイヤーの感想、メタスコアは?

世界のコジマこと小島秀夫監督の海外での人気たるや。私管理人は小島信者というわけではありませんが、メタルギアソリッドはおそらくシリーズの半分以上はプレイし、それぞれとても楽しんで参りました。実はライジングが好き。

そして、海外では日本以上に小島ファンが多いのだそうな。なので、今回発売されたデスストランディングの期待値も日本以上だったのだとか。

ところが、実際に発売を迎えてみると、その感想は賛否真っ二つ。レビューが公開されたAmazonでは、発売から5日後現在の評価は3.7点。そして日本以上に小島作品を待ちわびていた海外はというと、同タイミングのメタスコアは83点、プレイヤースコアはなんと6.6点と、佳作にも及ばないような酷評。

特に共感度の高いコメントは軒並み低い得点。一体何がその原因、理由なのか?それら10点ご紹介します。
Death Stranding for PlayStation 4 Reviews – Metacritic

続きを読む 日本より酷い!「デスストランディング」海外プレイヤーの感想、メタスコアは?

オリジナル版ペルソナ5が海外でも人気な理由は?Metacriticのユーザースコアはこちら。

違いの分かる男になりたいと思っている。

違いの分かる男とはいったい何か?缶コーヒーと焙煎コーヒーの違いか?はたまたワインのウンチクを語れることなのか?

どちらでもない、ペルソナ5とペルソナ5ザ・ロイヤルのことだ。

だけど、そんなロイヤルの違いを未だ見出せず。だって、一つ目のダンジョンをプレイする中では明確な追加要素は見られず、のペルソナ5の2周目をやっているだけみたいな気持ちなんだもの。「1周した人は微妙な変化に気づけるかも」みたいなキャッチらしいですけど、微妙過ぎて違いが分からない。結果、ザ・ロイヤルを購入して、放置!

心のわだかまりを解きほぐすため、オリジナル版のメタスコアと、未だロイヤルの販売が予定されていない海外プレイヤーのレビューでも見ておこうと思う。ペルソナは確かにJRPGの新時代を築き上げたシリーズではあるけれど発売から数年経った今でもメタスコアは93点、プレイヤースコアは8.7点と高得点。過去のタイトルだけど、改めて名作たる所以を探ってみることに。

(でも、ロイヤルは中盤以降に新要素が目立ってくるんですって!)

Persona 5 for PlayStation 4 Reviews – Metacritic

続きを読む オリジナル版ペルソナ5が海外でも人気な理由は?Metacriticのユーザースコアはこちら。

Switch「リングフィットアドベンチャー」メタスコア、海外プレイヤーの評価も高い!

スイッチでフィットネスが楽しめる「リングフィットアドベンチャー」をプレイ中です。ハードです、手足から股関節までパンパン。

もちろん地域によってヘルスケアに対する意識の違いはありそうですが、こういったゲーム機を使ったインタラクティブなトレーニングは海外でどう評価されているのか?

metacriticsで同作発売から5日目の評価を見てみたところ、メタスコアは78点、プレイヤーのユーザースコアは8.6点とプレイヤー評価が高い!(そして78点のゲーム評価者たちは、ヘルスケアやエクササイズに対して関心が薄いのか…?)

今回も共感度の高いプレイヤーレビュー10点をご紹介させていただきます。

Ring Fit Adventure for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む Switch「リングフィットアドベンチャー」メタスコア、海外プレイヤーの評価も高い!

描いた絵が命を宿すアクションアドベンチャー「アッシュと魔法の筆」メタスコア、海外の評価も高め

PS4「アッシュと魔法の筆」が発売されました。

ゲームの内容はというと、主人公が手にした魔法の筆を使って壁に絵を描くことでその絵が生命を宿し、謎解きや冒険に協力してくれるというアクションアドンベンチャー。その独創性やストップアニメーションのような独特のグラフィック、さらにPSVRにも対応しているということで、価格は2900円(税抜)と安いものの充実した内容に評価が高いようです。

一方「CONCRETE GENIE」のタイトルで発売されている海外での評価はどんなものか?Metacriticを見てみると、メタスコアは75点、ユーザースコアは8.3というなかなかの高得点。共感度の高いプレイヤーレビューを10点ご紹介します。

Concrete Genie for PlayStation 4 Reviews – Metacritic
続きを読む 描いた絵が命を宿すアクションアドベンチャー「アッシュと魔法の筆」メタスコア、海外の評価も高め

メタスコア高得点!Switch「ドラクエⅪ S」海外プレイヤーたちの評価ご紹介

Switch版「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてS」プレイ中です。

日本でロールプレイングの代表格であり、JRPGの礎を築いたドラクエ。でありながら、FFに比べると知名度も人気もさほど高くなく。スーファミの頃までは「ドラゴンウォーリア」という全くの別タイトルとして発売されていたわけですが、その存在が浸透してきた中で新たに発売されたこのドラクエ11S、海外での評価はどんなものか?Metacriticを見てみると、メタスコアは90点、ユーザースコアは8.1というなかなかの高得点。共感度の高いプレイヤーレビューを10点ご紹介します。

Dragon Quest XI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Edition for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む メタスコア高得点!Switch「ドラクエⅪ S」海外プレイヤーたちの評価ご紹介

Switch版リメイク「ゼルダ夢をみる島」のメタスコア、海外プレイヤーの評価が高い!

Switch版「ゼルダの伝説 夢をみる島」リメイクをあっという間にクリアしました。1993年6月6日に発売されたオリジナル版とシステムはほぼ全く同じでこの面白さ。これだけ年数が経っても楽しいと思えるものをあの当時に作ってしまうことに恐ろしさすら覚えます。ゼルダは凄いや。

世界中で人気のゼルダの伝説ですが、今回海外での評価はどうだったのか?お馴染みmetacriticで発売から半月次点でのメタスコアを調べてみると88点、プレイヤーのユーザースコアは8.6点となかなかの高得点。主な不満点としては、ボリューム不足とフレームレートの低下なのだそうな。まあ気になるほどでも無いけれど、言われてみれば。なかなか手厳しいですな。

今回もプレイヤーレビューの中で特に共感度の高いプレイヤーレビューについてピックアップしました。

The Legend of Zelda: Link’s Awakening for Switch Reviews – Metacritic
続きを読む Switch版リメイク「ゼルダ夢をみる島」のメタスコア、海外プレイヤーの評価が高い!