買ってよかった!「モンハンライズ」クリア後の感想。


Switchモンスターハンターライズ、本編クリアしました。

クリア時間は7〜8時間。

インターネットで言われていた通り、確かにソロの本編のエンディングまでは数時間で終わってしまったけれど、モンハンはもちろんここからが本番。

さて、私管理人のモンハン遍歴はというと、シリーズ6〜7割はプレイ済み。直近タイトルでは、ダブルクロスとワールドはちょうど子供の誕生に伴い控えておりました。久しぶりに復帰してみて、現時点での感想を。

やっぱモンハン楽しい。

過去シリーズに比べて遊びやすく効率的、狩りが捗る!

2〜3シリーズぶりに復帰してみて、全体的に便利に、合理化されている印象。

過去シリーズと異なり、フィールドで拾ったアイテムが取得時に自動で調合させたり、アイテムの発掘が一気にできたり、村(里)の中の様々な場所で飯(団子)食えたり、そもそもモンスターにペイントボールを着けずに済んだり。

「これ、実は要らないよね?」と、これまで当たり前になっていた不便さが、取っ払われた感じ。

今思えば、マルチでプレイしている時にモンスターを発見し、ペイントを着けるあの煩わしさも貢献したり感謝したりというコミュニケーションのひとつだったようにも思えるけれど。それが不要になったらなったでまあ快適。今思えばあの無駄な時間って必要だったのだろうか?

一方で、様々なアクションや機能も新たに追加されまくっている。もちろんコンテンツを全く変えずに繰り返すなんてことはサービスの継続上あり得ないことだし、飽きさせない工夫というものを加えていくのは至極自然なことだと思う。(だからこそ、効率化というのは実は勇気のいる決断だったとも思う)

だけど、とにかくこのチュートリアルが煩わしいし、「こんなあらゆる機能を駆使しないと、マルチプレイで楽しめず、足を引っ張ってしまうのか!?」と、途中で投げ出しそうになったのも事実。考えることが苦手な私なんかはここを切り抜けられたけれど、真面目な人の中にはこの怒涛のチュートリアルラッシュで脱落してしまったりしないのだろうか。

が、これらの何やら小難しそうな機能や操作のチュートリアルは「あ、後からやってみるわ」くらいでスキップしてしまって、やりながら覚えていくでも全然問題なし。

馬鹿正直に全部覚えて一つ一つ学んで活用していったら、全ての操作を覚えるよりも、何か適当な資格の勉強を一種類くらい取得できそうなくらい時間がかかりそうなんだもん。

まさに大怪獣バトル。同じ空間で巨大なモンスター同士ボーッとくつろいでいるのに、プレイヤーが到着した途端に慌てて戦い出すあたりがいかにもゲームっぽくて可愛い。

里クエを一通りクリアしてエンディングを迎え、集会所で知人とマルチプレイでHRを少し上げたタイミングで分かったのが、これらの機能を全て活用しなくても、モンスターハンターの、ギリギリで勝つ難易度からクリアした時の達成感や、共闘といった本質的な楽しさは十分に楽しめる。

操竜なんかもやってるうちに覚えたし、翔蟲の壁走りや入れ替え技なんて、未だに活用したことがない。

けれど、活用することで戦略に幅が生まれ、結果的に有利になるのも確か。回避なんて、これまでローリングと緊急回避でしか抜け出せなかった回避に新たなバリエーションが増え、生存確率は飛躍的に上がった。戦い方がつい単調になってしまい、結果的にあるレベルから先に行けなくなった時、説明書をペラペラめくるように勇気を持ってチュートリアルに手を出すくらいでも良いかもしれない。

初心者も経験者と一緒に楽しめる!

利便性の向上に加えて回復ポイントが多かったりと救済措置も多い。

平たく言えば、難易度が少し下がっているかも。

薬草だって時間の経過で再度採取できたりする。だって、オジサン若い頃のモンハンなんて、薬草をもったいぶりながら体力を温存していたんだよ?

それが今はキャンプに戻ればBOXからいくらでもアイテムを持っていけるときたもんだ。

カジュアル層、ビギナーも取り込みたい意図があるのだろうけれど、実際当サイトメンバーにしてモンハン未経験者の夏海嬢も楽しんでいるから、少なくとも身近なプレイヤーを一人取り込むのに成功していると言える。

夏海氏はもともとロックマンなどそこそこの難易度アクションもたしなむ人間ではあるけれど、ロックマン好きだからモンハン好きとは限らない。インド人だから皆カレー好きとは限らないのと同じだ。言ってからこの例えはちょっと違う気がしてきたけど、ご覧くださっている方はおそらくニュアンスを捉えてくださっていると思うので、敢えてこのまま突き進みます。(要はバランスが良いということが言いたい)

もちろん骨太のモンスターもいまっせ。

前項で遊びやすい、難易度が下がっているとか話しておきながら、舌の根も乾かないうちに骨太な難易度も褒める。

マガイマガドの初見は本当にヤバかった。かつて最高難易度と言われる2、2Gで、最初に登場したティガレックスに絶望したあの時を思い出した。

これ、負けイベントだよね?いいえ、これをあなたは倒してください。

いやいや、マガイマガドくらい初見で倒せるでしょという腕利きハンターもいらっしゃるでしょうが、なんですかあいつ。デカいし怖いし声もデカい。あとすぐ怒る。

でもやっぱりこれがモンハンですよ。

マルチプレイは敵がちょっと硬い?

あと、マルチプレイはちょっと敵が硬くなっているかも。

せっかく4人で挑んでも、ソロプレイで討伐するのとかかる時間に大きな差は無いので、一回り低いレベルの敵相手にフレンドの手伝いをしてもあまり貢献している感は感じられず、乙するリスクを考えてしまうとあまりマルチプレイする恩恵も感じられず。

まあでもこうやってシリーズを通じて少しずつバランスを実験的に変えてみるのも必要なことだと思うし、一つの目標に向かってみんなで取り組むというのは敵の硬さはどうあれ楽しい。

冒頭で申し上げましたが、ダブルクロスやワールドは飛ばしております。「いやいや、ワールドも同じ仕様だったから」「ダブルクロスも同じくらいの難易度だったよ」というご意見あるかもしれませんが、久々にモンハンをプレイしてみて、そして知人とマルチプレイしてみて、やっぱり楽しいなと感じています。

そして、私と同じく復帰勢にもオススメ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。