【画像あり】衝撃の結末!PS4「北斗が如く」エンディング紹介-後編-


PS4「北斗が如く」エンディング紹介-前編-に続き後編です。

「凶王」であるナダイが、エデンの奥にあるドーム型の核発射施設である「スフィア・シティ」に眠るユリアを殺して核弾頭の発射を阻止しようとしたものの、ケンシロウにより阻止される。

そこへ凶王軍No2であったタルーガが現れ、スフィア・シティを制圧すべく施設の中へ入っていく。果たして彼がスフィア・シティを狙う目的とは?そして、そこで眠るユリアの行方は…!?いよいよフィナーレです。

※ネタバレにご注意ください。

スフィア・シティ「奇跡の間」でタルーガとの最終決戦!

ケンシロウは凶王軍を倒しながらスフィア・シティを進み、その奥にある「奇跡の間」へ到着するとタルーガが待ち構えている。

中央にある寝台で眠るユリアを指してタルーガは「早く顔を見てあげたらどうだい?安心しな。まだ生きているから。」とケンシロウを呼び寄せる。

タルーガはケンシロウに、彼は核ミサイルの発射を止めるためユリアを殺そうとしているのではなく、逆に再びこの世界を核の炎で焼き尽くして全ての人間を滅ぼし、聖帝も拳王もいない新しい世界で自分は「神」となる、と続ける。

そしてユリアには「神の子」を産んでもらわねばならない。彼女が目覚め、寝台から起き上がった時、再び世界を核の炎が焼き尽くす。ケダモノたちの居ない浄化された美しい世界が始まる、それがタルーガの本当の目的であると話し、ケンシロウと最後の決戦へ。

タルーガを撃破しドームを閉めるケンシロウ。そしてユリアが目覚める…!

激闘の末「あ…ありえない…!!なぜこの身体で秘孔が…!」と、半身が機械の身体でありながら秘孔を突かれて変形する顔を抑えながら悶えるタルーガ。

それに対しケンシロウは「お前は神にはなれない。神は死なん。だが…お前はもう死んでいる。」と言い放つとタルーガは頭を破裂させ、奇跡の間から落下していく。

ケンシロウはユリアの眠る寝台を振り返り、そこに設置された防御装置を押す。ドームと入り口は閉まり、スフィア・シティは完全に閉鎖される。同時にスフィア・シティの中で無数の核弾頭がセットされていく。

ケンシロウはゆっくりと寝台のカバーを開け、ユリアに抱擁。するとユリアが目をさます。

ケンシロウはユリアの手を強く握り「愛してる……ユリア。」と伝えると「私もよ……。」と返すユリア。

続けてケンシロウは「オレの頼みをきいてほしい。俺と一緒に……死んでくれ。」と伝える。ユリアは一瞬驚きの表情を浮かべるも、笑顔でそれを受け入れる。

二人が寝台で抱き合うと、閉まったドームの中で、無数の核弾頭が発射されていく。

核弾頭が発射されたスフィア・シティが強く輝き出す。そして荒野からラオウやレイ達が、遠くで光るエデンを眺めている。

ここでスタッフロール。

閉ざされたスフィア・シティで核弾頭がついに爆発…!そして驚きの結末が!

ドームを閉じて、自らを犠牲にして外の世界へ核が発射されるのを防いだしたケンシロウとユリアに感謝を述べるキサナ。

そこへジャグレが一軍を連れて「おい、新たなエデンの所信表明の時間だ!みんな待ってるぜ、エデンの聖女様よ!」と激励。キサナもこれに頷き、民衆の前へ進んでいく。

シーンは変わって、再びケンシロウとユリアが抱き合う奇跡の間へ。無数の核弾頭はゆっくりと地を離れてスフィア・シティの中で発射されていく。

そこへ突然何者かが後ろから二人を寝台の中へ押し込み、蓋をしてしまう。そこにいたのはあのナダイ。

「ありがとう、北斗の男よ。」ナダイはそう伝えると、スフィア・シティの中で次々に爆発する核の光に包まれていく…。

場所が変わり、荒野でバギーを走らせるケンシロウの隣で目をさますユリア。

「…夢?」ケンシロウは「ようやく目が覚めたか、ユリア。」と一言。

ユリアは「ねえケン、これからどこに行くか決めているの?」とケンシロウに尋ねると、ケンシロウは「ああ……とりあえずはな。届け物があるんだ。」と答える。

バギーの荷台には箱いっぱいのりんごが。そこからりんごが一つバギーの外へ。荒野に転がり落ちたりんごを残し、バギーは走り去っていく。

北斗が如くの結末は、まさかの夢オチ!

いかがでしたでしょうか、北斗が如く、まさかの「夢オチ」でした。まさにストーリーの禁じ手。

もしかしたら実は現実に起きていたけれど、ユリアの記憶から無くなっていることを暗に示唆している…?

いや、リンやバット、レイやジャギなど、登場したキャラクター達、そして倒されたキャラクター達との関わりを踏まえても時系列の上で食い違いが出ているから、やはり本編とは全く関係のないストーリーであることは間違いなく。であればやはり夢オチと捉えて差し支えなさそうです。

今までやってきたことが「嘘ぴょーん」で片付けられたような結末ですが、いずれにせよ釈然とはしないモヤモヤした何かが残るエンディングではあります。

そもそも核弾頭を阻止させる方法も未だよく分かっておらず。(寝台に寝ている人を殺せば核弾頭が止まるの?)賢い方、教えてください…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。