【まとめの金曜日】今週最も話題になったゲームランキング5本!(8/16)


今週もお疲れ様でした。

残業中のこと。

すぐ近くのデスクで働く動物好きの同僚と「オランウータンは穏やかそうに見えて人間の頭を潰せるほどの握力を持つ」だとか「ゴリラのパンチは1トンを超えるので人間が頭を殴られたら軽く潰れる」だとか「カバは穏やかそうに見えて世界では年間3000人もの被害者を出している」だとか、そんな話で盛り上がっておりました。動物って凄いよね。きっと世の中の会社員って、残業中にこんな他愛もない話をしてるんでしょうかね。どうでもいいか。

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様が投稿されたタイトルについて手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:8/9(金)〜8/15(木)

第5位:ルーンファクトリー4スペシャル(NS)

第5位は7月25日に発売されたルーンファクトリー4スペシャル。

さすがやり込み要素がとんでもないだけあって、発売から1ヶ月近く経ってもプレイヤーの勢いは衰えず。私管理人も3DS版をプレイしましたが、メインとなるアクションパートも聖剣伝説っぽい手触り感があって爽快。ただし、アクションパートに移るまでのシミュレーションパートが楽し過ぎて未クリア。続くルーンファクトリー5も楽しみです。

第4位:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

第4位は8月2日に公開された映画ドラゴンクエスト ユア・ストーリー。

酷評されながらもツイッター上で盛り上がっているのでその内容を見てみると、上映直後とは明らかにノリが違い、不平不満や怖いもの見たさみたいな投稿がチラホラ。確かに周囲から酷い酷いと言われるほどなんだか見たくなりますよね。逆に、もし自分だけ面白いと思ってしまったらどうしよう…みたいな集団心理、同調の心理みたいなものでしょうか。

あと、本作の監督はこのドラクエ5をやったことが無いことを暴露してさらに炎上してしまった模様。その事実は墓まで持っていくべきだった。

第3位:ドラゴンクエストV

ユアストーリーの影響か、第3位はまさかのドラクエ5。

映画で盛り上がるドラクエ5の影響で、どれ久しぶりにドラクエ5をやってみようかね、よっこいしょ。というおじさんだけではなく、若いもんもプレイしているようで、感心なもんじゃ。実際映画を見てやりたくなったプレイヤーも多い模様。

印象的だったのが、ドラクエの映画を見て、あの時ドラクエで感じた感動は間違いだったのか?あの時の思い出にもう一度向き合ってみるという意見や、映画がつまらなすぎたから、ゲーム版のドラクエ5で心を落ち着かせるという感じのツイートが見られました。お口直し。

第2位:スーパーマリオメーカー2(NS)

第2位は6月28日に発売されたスイッチのスーパーマリオメーカー2。

スーパーマリオはおっさんからキッズまで楽しめる国民的アクションですが、このマリオメーカーも同様。お互いに趣向を凝らしたステージを作ってクリアして…というクリエイティブな楽しみ方は面白くないはずがなく。

私の娘(5)はゲームにほぼ関心を示さないため、こういったゲームを通じた親子のコミュニケーションを図れるご家庭は大変羨ましい限り。大人の知恵を振りかざして子供を不機嫌にさせるまでが、親子でのゲームの楽しみ方の様式美。

第1位:ファイアーエムブレム風花雪月(NS)

第1位は7月26日に発売されたニンテンドースイッチのファイアーエムブレム風花雪月。私管理人もプレイ中ですが、最高に楽しいシミュレーションRPG風ギャルゲーだと舐めてかかったら何この展開!中盤〜後半で劇的に変わるストーリー!こりゃただのギャルゲーじゃなかった。

ドラクエユアストーリー風に言うと、この大胆なシステムの改変は「賛否両論」だろうと思っていたけれど、インターネットで評価を見てみるといずれも高い評価!ユアストーリーももっと頑張れよ!とか、わざわざここまで引っ張ることもないか。

次点:No Man’s Sky(PS4/Xbox One)

次点は2016年8月9日に発売されたNo Man’s Sky(ノーマンズスカイ)。

ちょっと意外な旧作の登場ですが、大型アップデート「BEYOND」が配信開始され、PS4版、PC版がVRプレイに対応。さらにセール開始も手伝ってツイートが急増。

10,000,000,000,000,000(1京)個を超える惑星を探索するという超異色なカルト的惑星探索SFアドベンチャーゲームですが、この果てしないオープンワールドをVRで巡ることを考えただけでもゲロ吐きそう。1京という数字を見てもゲロ吐きそう。そんなこ言っちゃダメでしょうけど、いずれにしてもゲロ必至なので、プレイ予定の方におかれましては対策は抜かりなく。

今週はファイアーエムブレムとマリオメーカー2の任天堂タイトル祭り。逆の盛り上がりを見せたのが映画ドラゴンクエスト。上映直後は「賛否両論」と評された同作ですが、2週目にもなってくるとなかなかみなさん気持ちが正直になってくるようです。来週は一体どんなタイトルが話題になるのか?

それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。
みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。