[これは便利]Switchのドック機能付きACアダプターを使ってみました。


PS5のパフォーマンスを体感すべく、モバイルモニターを買いました。

基本据え置き機のゲームはリビングでプレイしておりましたが、モニターを持ち運べることになりさらに自室のゲーム環境が充実!

一方リビングの40インチのテレビもファミリーでマリオパーティーを遊んだりとそれはそれで使用しているので、ゴツゴツデカいSwitchのドックをあっちこっちに移し替えるのはわずらわしい。

そこで、自室でもモニター出力できるようドックの機能を備えたACアダプターとやらを購入してみました。

Switchドック機能付きACアダプター到着。端子と繋ぎ方はこんな感じ。

注文していたSwichの多機能アダプター到着。


こんな箱にアダプターとUSB Type-C-Type-Cのケーブルが同梱。

小さなおにぎり一個くらいのサイズ感だけど、伝わりづらいな。写真から感じ取っていただければと思いますが、よくあるACアダプターと同じ手の平に収まるサイズ感。Switchのドックに比べれば極めてコンパクト。

近年はいくつかの中華系メーカーが似た仕様のSwitchドック機能付きアダプターを出しているようですが、大体どれも使い方は同じらしい。

しかし本当にこれ一つ(と、HDMIケーブルなど画面に出力するケーブル)でモニター出力なんてできるのかい?


アダプターにはHDMI、USB Type-A、USB Type-Cの端子が。

・HDMI⇒モニター
・Type-C⇒Switch本体
・Type-A⇒外付けコントローラー

それぞれ上部のような感じでケーブルで繋ぐのかなと思ったら合っていた。

機械音痴を通り越してウンチくらいな私でも特に戸惑うことは無さそうなので、これから購入を検討している方もどうぞご安心を。

あとは「Switchの充電が終わったらType-Cから外しておいてね」とマニュアルに記載があったけれど、本来ドックに差しっ放しのSwitchもバッテリーの持ちを考えたら充電後に外しておくべきだったのかもしれないな。

と思いながら、簡単なマニュアルをペラペラめくっていたら、荷物の箱にいつのまにか猫が入っていた。

油断も隙も無いねアンタは。

映った!接続も簡単。

それでは外部モニターに映し出してみたいと思う。

こちらが今回Switchの画面を映し出すモバイルモニター。

ゲームは好きだけど、プレイ環境や周辺機器にはめっぽう疎い私です。PS5を買ったのに、10年選手の40インチテレビを使っている私に「それじゃPS5のパフォーマンスを発揮できていない。ゲーミング用のモニターを使うべき」と言われ、FPS144hzまで対応のモニターを先日買ったのでした。

「Excelとかデュアルで画面使った方が仕事の効率が良い」とか、妻にはいかにもな使い方を説明していて実際活用しているけれど、本当は自室でゲームするのが目的であることは絶対バレていると思う。

一応苦し紛れで仕事にも使っているモニター

とかいう名目で買ったくせに、PS5のめくるめく120fpsのヌルヌル映像を楽しむ前にSwitchの画面を映し出すことになったモニターに申し訳ない気持ちを抱きつつ、アダプターを経由してSwitchの画面を映し出してみることに。

アダプターのHDMI端子はモニターへ、Type-Cケーブル端子はSwitchにそれぞれケーブルを繋いでいざ本体起動。

バッチリ表示されました。

これで自室で隠れてこそこそ据え置きモードでSwitchが遊べる。いや、いい歳なので別に隠れてコソコソゲームする必要ないんだけど。昔の名残と言いますか反射的にそう思ってしまう悲しい性分。

ちなみに私が購入したアダプターは、HDMIはリフレッシュレート60Hz、4Kであれば30Hzまで出力可能らしく、4Kではないそのモニターに映し出された映像は滑らか。

ジョイコン使いつつ開いたType-Aの端子には外部接続のパッドはもちろん、スマホの充電などSwitchに全く関係ない用途に使うもよし。

ケーブルだらけになりがちなコンセント、デスク周辺もスッキリ。

注意:モニター出力の際Switchの携帯モードは使用不可。

モニター出力時にSwitchの携帯モードは使用不可。

つまり、アダプターに繋いだSwitch本体ををのままコントローラー代わりに持ったままの操作することはできません。(かろうじてホームボタンとキャプチャボタンはなぜか効いた)

いやいや、外部モニターに繋ぐのに携帯モードにする必要ないでしょう?とお思いの方、いらっしゃると思います。

こういうケースなんですね。

Switch携帯モード前提の非純正パッドを使っている場合、このアダプターを使って外部モニターへ出力しても全く操作できず。

もちろんアダプターなので充電しながら携帯モードで遊ぶことはできるけれど、普段携帯モードで愛用しているパッドをそのまま使う場合は注意が必要。

このアダプターはあくまでドックの使い方になり、携帯モードにしたSwitchでゲームを操作することは不可。

・自宅で別室でもテレビモードでプレイしたい場合
・出張や旅行など出先でもテレビモードでプレイしたい場合

こんな利用シーンを想定されている場合、このACアダプターは便利かと思われます。これはいいぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。