【まとめの金曜日】今週twitterで最も盛り上がったゲームランキング5本!(1/11)


今週もお疲れ様でした。

正月休み気分がなかなか抜けず、憂鬱な一週間だった方も多いかと思います。私管理人はと申しますと、そんな正月休みボケに鞭を打つかのように、会社からのお達しで人生初の大腸内視鏡検査をやって参りまして。

前日の食事制限よりも当日大蛇のようなカメラをオシリにインすることよりも、当日の下剤2ℓ飲みがとにかくキツい。飲んでは出し、出しては飲み、最終的にはトイレで飲みながら出すという意味のわからない状態に。結果、ポリープひとつなく健康的な大腸でしたとのことで、お腹をゴロゴロ鳴らし、残便感を引きずりつつ更新して参りますよ!

それでは今週当サイトtwitterのフォロワー様の間で最も盛り上がった上位5タイトルについてです。

集計期間:1/4(金)〜1/10(木)

第5位:ゴーバケーション(NS)

第5位は12月27日に発売されたニンテンドースイッチ「ゴーバケーション」。かつてWiiで出た作品に新要素を加えた移植作。

プレイヤーは、舞台となるカワウィー島で乗馬、パラグライダー、テニス、カヤック、クレー射撃、スキー、雪合戦、スキージャンプなど50種類以上のレジャー、スポーツを楽しめるリゾートアドベンチャー。島中を自由に探索して宝探しなんてのもできるようです。そして今回のスイッチ版ではスイッチ1台で、ジョイコンのおすそ分けプレイで4人までローカルプレイが可能。マリオパーティー的にファミリーで楽しめそう。

第4位:スプラトゥーン2(NS)

第4位はスイッチの「スプラトゥーン2」。年末年始に久しぶりに引っ張り出してきてプレイした組の方々でしょうか、先週に引き続いてプレイ中の様子がタイムラインに見られました。

スプラトゥーンのキャラクターはグラフィカルで可愛いですよね。実際ヤリイカ釣りをしていた方が上げていた写真と見比べてみると、そういえばリアルなイカってこんな形してるんだよなと我に返る瞬間でもあります。今、凄くイカ刺しが食べたい。

第3位:大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(NS)

第3位は12月7日に発売されたスイッチ「第乱闘スマッシュブラザーズ2」。こちらも正月から引き続いてプレイする方が多め。

それにしてもオンラインの他プレイヤーの強いこと強いこと。自身があるからオンでやるのか、ストツーのリュウ張りに「俺より強い奴」に会いに来ているのか分からないけれど、対戦する相手は手も足も出ないプレイヤーばかりで、まるで難易度最大のNPCとプレイしている時みたいな気分。もはやサンドバック状態。マッチング正しいのだろうか…。

ということで「俺より弱い相手」募集中だよ!

第2位:JUDGE EYES:死神の遺言(PS4)

第2位は12月13日に発売された「JUDGE EYES:死神の遺言」。私管理人も今週クリアいたしました!

DLCを購入したばかりに、最終的にはキムタクでビームをガーガー出しながらプレイ。これ、いったい何のゲームだっけ…?と冷静になって思い返してみると、普通に歓楽街を舞台にしたリーガルサスペンスなんですね。割り切ってやってるつもりでしたが、追加課金とはいえやっぱり現実世界でビームって不自然だよな。

と思っていたら、無課金でもミニゲームでガンガンキムタクがビームを放つ模様。

第1位:ドラゴンクエストビルダーズ2(PS4/NS)

今週最もtwitterで盛り上がりを見せたタイトルは、先週に引き続き12月20日に発売されたスイッチ「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」でした。

クラフト系ゲームは時々とんでもないものを作ってしまう人がいます。キングスライムの巨大過ぎるオブジェとか。キモい!凄い!凄いしキモいけど、よじ登ってみたい!

次点:ディアブロⅢ(NS)

次点は12月27日に発売されたニンテンドースイッチ版「ディアブロⅢ」。ハクスラの代名詞的RPGですが、今回はポータブル機でもあるスイッチ版ということで、外へ持ち出してプレイ可能。スイッチはこういうところが強みですよね。

大画面に映し出せるポータブル機なのか、外に持ち出せる据え置き機なのか、考えるとモヤモヤしてきますが、それはさておいて一台のスイッチで二人で協力プレイができるのがこのスイッチ版ディアブロの最大の魅力という落とし所。

新しいタイトルの発売が少なかったこともあり大きな変動は無いものの、やはりファミリーで過ごす影響か、年末に発売されたソロゲーを年が明けてからプレイする方も多かった印象。業界も本格稼働し「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」をはじめ、新作が発売され始める来週はどんなタイトルが盛り上がっていくのか。

それでは皆さま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。
みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。