キムタク2「ロストジャッジメント」複数ガールフレンドと浮気をしてみた結果。


キムタクが如く2こと「ロストジャッジメント」を、100時間以上かけてトロコンしました。余韻に浸りつつ、クリア後の横浜や神室町探索を楽しんでおります。

思わずデジタルデラックス版を買ってしまったものだから、ガールフレンドを作りまくりモテまくり。実社会でこんなに3股も4股もしようものなら、2014年から一夫多妻制が可決されたケニアでもない限りは修羅場と化してしまうこと必至。

けれど、そもそも複数の女性キャラを恋人になんてできるのか?そして何もペナルティは無いのか!?

トロコンの過程で試してみました。

DLCキャラを含め、ガールフレンド4人を次々に落としていく。

本作に登場するガールフレンドキャラは、DLCを含めて計4名、次々に恋人にしていきましょう。

まずは「望月・S・エミリ」。


イギリス人と日本人のハーフで、ガールズバー「Girl’s Bite」で働くナンバーワンの店員。

この子一番時間がかかった。

天然というあざといプロフィールのエミリちゃんとコミュニケーションをするためには同じガールズバーで働く3人の女の子たちの親密度を最大化させる必要があり、そのためには酒を飲んで酔いを冷ましてを繰り返す必要があるのだ。

繰り返すこと約3〜4時間。

俺もお前が好きだよ…

エミリちゃん攻略。晴れて恋人同士の契りを交わしました。

がしかし、既に恋人がいる中で、2人目以降も恋人状態にすることはできるのか?

一抹の疑問を抱きながら、DLCの「藤堂湊」へ着手。


恥ずかしがり屋の大学生。

その性格を破るべくお笑い芸人を志したりと、着ぐるみが脱げずに脱水症状になっているところを八神に助けられて交流スタート。これまたあざとい。

夫婦漫才に出場して優勝するといったイベントをクリアし…。

お前だけさ…

湊クリア。

二股できてしまった。

独立したDLCのトロフィーでは2人のガールフレンドから告白されるという条件で「モテ師のおでまし」というトロフィーもあるので、複数の女の子と恋人になることはできるのだけれど、「本当に良いのかい?」と問いかけられることもなく。

そして3人目の「葉加瀬 響子」に移っていく。


誠稜高校に赴任してきたばかりの養護教諭。

でありながら、患者の傷口や痛そうなものが苦手というあざとさ。みんなあざとい。

ストーカー被害に遭っていたと思ったら、のちに猫だったというこれまたあざといシチュエーション。

そんなあざとい奴は、こうしてやる!

付き合う付き合う〜

と言わんばかりに攻略。

3人目のガールフレンドが条件であるトロフィー「止まらない八神」も獲得。もう後戻りはできない。

最後に「早乙女 月乃」。


前作ジャッジアイズにもガールフレンドとして登場し、変態三銃士に狙われていたところを八神に助けられて交流スタート。

あれからwebデザイナーとして就職し、再び変態四重奏(カルテット)に襲われたのを救出して交流再開。

うんうん、OKOK。

そしてついに4人のガールフレンドと恋人状態に。

4股してしまった。

トロフィー「ラブビーマー八神」も獲得。

トロフィーの獲得率は3%。

残りの97%のプレイヤーは罪悪感から踏み込めないでいるのかもしれない、私を含む3%はクズなのだ。(面倒だからやっていないだけ説)

ガールフレンドは戦闘でEXアクションとして参加。

じゃ、恋人になったらこれらの女の子はどうしてくれるのか?

答えは、戦闘で助けてくれるのだ。

愛のパワーよ!拓哉さん!(隆之だった)

街中でのエンカウント時、開始早々アシストしてくれ、武器を放り投げてくれる。

このネギを食べて!(武器として使う)

この武器を咄嗟に掴み、雑魚に対して先制攻撃を加えることができるのだ。

攻撃力自体は雑魚1匹倒せるかどうかくらいでそこまで役に立つわけではないけれど、演出としては龍が如くらしくて良いと思います。

隆之!頑張って!

あとは遠くから眺めているけど

エリアによって助けてくれる女の子が違うようで、別の彼女とはち合わせするなんてことは無し。

そんなことがあれば、八神に渡すネギやらハリセンやらでそのまま女同士のキャットファイトが始まってしまうのだろうけれど。

遊びに誘ってみたけど、特にはち合わせは無し。

それじゃ、デートでそれぞれの女の子がいるところに当てつけのように連れていったらどうなるのだろうか?

恋人になった後も女の子たちは特定の場所に滞在しているので、そのまま遊びに誘うこともできる。

けれど、特に街をぶらつくことはできず、ダーツやバッティングセンターといった特定のプレイスポットへ行って遊ぶだけ。

もしも散歩でもできるのであれば、敢えて別の女の子の所へ連れていくとどうなるものかとドキドキしたけれど、そういう行為は不可。

もちろん実生活でもご法度だ。

しばらく色んな女の子と遊んでみたけれど、別の恋人とはち合わせして「あんた拓哉のなんなのさ」なんていう修羅場が勃発してしまうことも、痴情のもつれから関係が破綻してしまうことも無し。ピースフルな世界。

二股も四股可能だし、お咎めなし!

折しも東出昌大さんが熱の冷めやらぬうちに新たな彼女との逢瀬をスッパ抜かれた昨今、男女交際のあり方が問われていますが、ロストジャッジメントで複数の女性キャラクターと恋人になってもお咎めはなし。

というよりも、それぞれの関わり方が全然プラトニックだった。

今日はバッセンであの子と遊び、夕方はこの子と将棋を指す、そんなありふれた休日を過ごすだけなのだ。何を後ろめたいことがあるものか。

ただし現実の日本社会において同じことを実現しようとすると取り返しのつかないようそだらけなのでそこは注意が必要。ロストジャッジメントではクリア後のプレミアムニューゲーム(2周目)があるけれど、人生においてはやり直しはきかず、1周目からプレミアムアドベンチャーなのだから。(適当)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。