【画像あり】真女神転生4FINAL「皆殺しルート」をやってみた その①分岐と条件


※本記事はネタバレを含みます、ご注意ください。
先日記事にしましたが、きっかけがありまた「真・女神転生Ⅳ FINAL」をやっています。こうして既存のソフトばかりやっているもんだからどんどんゲームを詰みまくってしまうわけですね。しかし本作、2周目以降でイベントシーンを早送りしまくっていると、10時間くらいでクリアできそうなほどサクサク進む展開のため、ついついハマってしまっています。
(ラストダンジョンで3時間くらいかかりますが…)

さて、真・女神転生シリーズはエンディングのパターンが複数あるのが定番となっていますが、本作も然り。ただしこれまでの「ニュートラル」「ロウ」「カオス」の3パターンに加えて、ニュートラルの2つ目「皆殺しルート」というルートが存在し、そのえげつないシナリオに、「真・女神転生4FINALをやるならば、このエンディングは見ておくべき」という声もネットで見られますので、この機会にやってみようと思います。

市ヶ谷駐屯地では天使、悪魔どちらも倒す!

ついに天使率いるメルカバーと、悪魔率いるルシファー、そして人間との最終戦争が、市ヶ谷駐屯地で始まります。ここでメルカバーかルシファーのどちらかに加担することで、いわゆる「ロウルート」「カオスルート」に分岐することになります。どっちも神様でしょ?どうしたらいいんだ…。
16070704

えいっ!

16070705

えいっ!えいっ!えいっ!

思い出しなさい自分よ。今回は「皆殺しルート」にトライするのが主旨でしょう、悩みや情けは無用なのです。ということで罰当たりですがメルカバー、ルシファー、どちらも倒します。さすがに2周目なので大した強さではないです。そしてとうとう人間が天使、悪魔から自由を勝ち取ることができ、祝勝会に行くことに。

「皆殺しルート」発生の条件、分岐点は「宇宙の卵」内で「破壊しない」選択

最終戦争翌日、祝勝会が霞ヶ関で開催されます。「例のシーン」の後で東京にどでかい球体「宇宙の卵」が誕生します。
16070706

ででででかすぎー

そしてクリシュナが宇宙の卵の中で生きているという事実を聞かされ、改めて一向はクリシュナを倒しフリンを救うべく宇宙の卵に向かうことに。

さて、宇宙の卵に到着し、長いダンジョンを抜けて心臓部に到着すると、ダグザが出てきて、この宇宙の卵を残して新たな宇宙の神となるか、破壊するかの選択を迫られます。
16070707

破壊しません、活用しまーす!

迷わず「宇宙の卵を破壊しない」を選択すると、この宇宙の卵を破壊して、これまで通りの平和な東京を取り戻すために戦ってきたんじゃないのか?今になって裏切るのか!?と、当然の如く仲間達はみんな猛反対。
16070708

だ、だよねえ…

画面の前の私はというと、宇宙の卵どころかうずらの卵張りのちっちゃなハートで躊躇っていましたが、ダグザに「聞く必要は無い」とバシッと襟を正されます。
16070709

いや〜そうは仰ってもですね…私、気が弱いもんでですね…

なんてゲーム上とはいえ仲間を裏切ってしまった行為に罪悪感を感じていると、仲間達は武器を構えて戦う姿勢を見せてきます。マジか。私はてっきり愛想を尽かして去って行くくらいかなと思っていたら、容赦なく戦闘態勢です。
16070710

嘘、嘘、冗談ですって!

仲間(パートナー)達とのバトル、秒殺で終了

まさかのパートナー達全員とのバトルです。味方として戦闘に参加してくれていた時は、なかなかトリッキーな攻撃や回復などで救われてきたし、このバトルで一斉攻撃されたらかなりきついのでは…?と構えつつバトル開始。
16070711

…え?

まさかの1〜2発で一人撃破。まさに秒殺、弱いです。ザコ戦で使っているような汎用パーティで楽に勝てます。2周目だったせいもあるかもしれませんが、敵に攻撃のチャンスを与えないまま、1ターンで撃破。が、「初めて会った時、嬉しかった」とか、「楽しくやっていけそうだと思っていたのに…」など、各キャラクターが倒れる時のセリフが切ない!
16070711

ゲームなのに強いためらいが…

トドメをさす時の選択肢がえげつない!良心をえぐられる思いだ!でもここは心を鬼にして挑みます。
16070712

微笑んでトドメを刺しまーす!

仲間毎に異なる一言に二の足を踏みそうになります。鬼なのか、私は。
16070714

いつだって仲間を励ましてくれたノゾミさんも…

16070713

労ってトドメを刺します、お疲れちゃーん!

仲間によって選択肢は違うのか!ノゾミさんには労って留めをさす!そしてダグザはせっせと倒れた仲間の魂を回収します。
と、そこへノゾミに力を貸し、その体内に姿を隠すダグザの母、ダヌーが登場。
16070715

ノゾミちゃんを倒すと母ちゃんがぼわーんと出現

ダヌーは最後にダグザに考えを改めるよう促すものの、息子躊躇わずにあっさりと母親にトドメを刺します。息子!
英雄イザボーさんに至っては、最初に主人公に会った時にけが人を助けるのを拒んでいた事を覚えているようで「多分あの時からあなたの事をとても嫌いだった」と言い放ちます。ゲームでモテモテになることはあれど、面と向かって「嫌いだった」と女性キャラから言われたことにも妙なショックを受けます!
16070716

選択肢は「謝って止めを刺す」だし…

ハレルヤやガストン、主人公に好意を持ってくれていたトキちゃんに対しても「優しく撫でて止めを刺す」といった無慈悲な手段で止めを刺します。やだなコレ…。
ちなみに「殺したくない」という選択肢を選んだ場合、殺さなければいけないという結論になり2択になってしまうだけ、結局全員に止めを刺すことに。まさに皆殺し!

そして誰もいなくなった…。そしてクリシュナと再開

仲間を全員殺害し、タガが外れて神殺しとして新たな力を手に入れた主人公。
16070718

別ルート同様スキル「覚醒の力」を入手します

「これで創世の素材は揃った。あとは邪魔な神を殺すだけ」と語るダグザ。
16070717

また、主人公の前世「アキラ」とを繋ぐ重要なアイテムである「ガントレット」も破壊されちゃいます。
16070719

昔こんな感じで父にゲームボーイ破壊されたことあるなあ…

そんなモノよりもと「マサカドの太刀」と「運命の石」を渡されます。「運命の石」は、使用すると「覚醒の力」を習得できるものですが、パートナーや仲魔に使用することはできません。
そしてまずはかつて行動を共にしていたクリシュナに会うべく、彼と捕われたフリンの待つ宇宙の卵の最新部へ!

16070720

みんな居なくなっちまった…

続き:「皆殺しルート」をやってみた その②クリシュナ〜ラストダンジョン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。