Switch「ホロウナイト」ファミ通・メタスコア・Steamの評価、レビューは?


ニンテンドースイッチから発売された「Hollow Knight(ホロウナイト)」の評価が極めて高いです。

やり応えのある難易度と独創的な映像表現で、ダンジョンを探索しながら行動範囲を広げていくメトロイドヴァニア型2Dアクションのインディーズゲームです。PC(Steam)版でリリースされてから徐々に人気が広がり、任天堂e-shopにも登場、満を持してスイッチプレイヤーでもプレイできるようになりました。

有名媒体であるファミ通、メタスコア、そしてリリース済みのSteamにおけるそれぞれのレビュー、スコアをご紹介します。

※時期によって媒体毎でスコアが変動する場合もあります。

ファミ通クロスレビューはゴールド!

代表的なゲーム雑誌ファミ通のクロスレビュー評価は、8点、9点、8点、9点計34点とゴールド評価。広告媒体でもあるためある程度の偏りは否めませんが、人気、信頼度の高いファミ通レビュアーのコメントは以下の通り。

・よくあるダークファンタジーではなく、昆虫をモチーフとした世界観が独創的
・メトロイドヴァニア系の探索型アクションにダークソウルのテイストを加味した印象
・難度が高めなので、ライトユーザーよりもコアゲーマーの方が楽しめそう


・可愛らしいデザインで描かれる風変わりな虫のキャラとは裏腹にダークな雰囲気が魅力的
・アクションが増えて探索範囲が広がっていくのは定番的だけど、ツボを抑えた作りで探索よくを刺激してくれる
・戦闘は歯応えがあり、敵ごとの攻略法を探しながら戦うのが面白い
・ボリュームもあってじっくり遊べ、コストパフォーマンスも優れている


・歯応えのある難しさでありながら、体力回復が容易だったり、キャラを強化できたりして、挑戦意欲が途切れない
・特に意味もなく謎めいてわかりにくい部分があるが、そこも含めて愛せるプレイヤーも多そう
・シンプルかつ抜群の操作感、エリアとアクションの豊富さ、グラフィックを含むマップデザインなど、2D探索型の逸品

94%が好評!Steamカスタマーレビューは?

続いて既にリリースされていたPC版マーケットSteamでの評価。なんと94%ものプレイヤーが好評と極めて高い評価です。

プレイヤーのコメントは下記の通り。

「アクション下手でよく死ぬけど、またやりたくなる中毒性があります。」
「ざっくり言うと2D版ダクソです。苦労してボスを倒したときの達成感はまさしくダクソのそれ。
「戦略や強化アイテムの組み合わせを模索してボスを打倒する、その過程を楽しむゲーム。」

「探索先でダッシュやジャンプを覚えて新たなルートを開拓し装備を充実させていくのは久々にわくわくした」
「神ゲー。今までの人生でやってきたゲームの中で一番面白いと断言できる。」
「2D版ダクソと呼ばれるだけの難易度の高さなので、トライ&エラーなゲームでもできる人にはおすすめ。」
「ビジュアルに関しては盤石。キャラが可愛いこともさながらステージが美しい。」
パワーアップ要素が乏しく中々強くならないので、楽しさよりもだんだん面倒くささが強くなってきます。

「グラフィック・戦闘・ストーリーのどれも非常に高い水準に達しているゲーム。」
「敵のアクションムーブが多彩で、動きを含めたキャラクターのデザインが秀逸。パターンを見極めるのが楽しい。」
虫嫌いには一部SAN値直葬ステージがあるので注意。

海外の反応、Metacriticメタスコアは?

最後に映画、ゲーム、音楽などの評価、レビューを集積し、独自の指標で評価するMetacriticのメタスコア。発売から約1ヶ月時点でのメタスコアは89点、ユーザースコアも8.7点とかなりの高得点。

各メディアのレビューは以下の通り。

NintendoWorldReport「27時間のプレイ時間の末エンディングを迎えて世界を救ったと思いきや、全体のわずか73%しか体験できていなかった。一度クリアはしたけれど、まだまだ100%までは遠く及ばない。多くの強化要素、隠しボス、真のエンディング…。再びプレイしたくてウズウズする。」

Hobby Consolas「タイトル名とは裏腹に、ホロウナイトは決してプレイヤーを退屈にはさせない。20年以上に渡って続いてきたジャンルであるメトロイドヴァニアの中でも最高傑作であり、数回のプレイでおそらく傑作であると理解できるだろう。」

IGN「ホロウナイトは迷宮のような深いダンジョンに多くの仕掛けがぎっしりと詰め込まれたメトロイドヴァニア。その世界は魅力的で豊かで、様々な発見に溢れ、それらを探し出す楽しさに満ちている。その謎を見つけて敵に戦いを挑んでいく。ホロウナイトに費やす時間全てが価値のあるものになるだろう。」

Vandal「ホロウナイトは発売されているメトロイドヴァニアゲームの中でも最高の作品の一つで、Switchとの相性も良い。未プレイであれば、この作品を通じてインディーズゲームの新時代を感じるべきだ。」

Switch Player「まるで謎に包まれた童話の謎を解く旅のよう。スイッチのe-shopには同様にメトロイドヴァニアがいくつかあるが、これほどクラシカル且つモダンなデザインと深みのあるものは無い。」

SpazioGames「スイッチ版はPC版で表現された素晴らしい要素全てが入っている。まさしく近年稀に見る最高の(最高ではなくても)良作メトロイドヴァニア。洗練された豪華なビジュアルと、チャレンジングなレベルデザイン。難易度の高いゲームに抵抗がなければマストバイのタイトル。」

総評:「Hollow Knight(ホロウナイト)」ダクソ的なやり応えのあるメトロイドヴァニア。コスパも良し!

以上、Hollow Knight(ホロウナイト)の媒体別レビューでした。

人気ジャンルでもある探索型2Dアクションメトロイドヴァニアのゲームは数ありますが、インディーズでありながらこれほど表現や品質に対する評価が高い作品は珍しいかもしれません。しかもインディーズだけに安価、でありながらプレイ時間はフルパッケージと同等かそれ以上のボリュームと、コストパフォーマンスも申し分なし。

もはや開発に時間と費用を費やしたものほど面白いメジャー至上主義は崩れつつあるのかもしれません。出遅れておりますが、私もプレイしてみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。