3DS「ペルソナQ2」F.O.Eの倒し方!毒の効果は?検証してみた結果


3DS「ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス」もいよいよ終盤へさしかかって参りました、やっぱりペルソナも「世界樹の迷宮」のシステムも面白い。

で、この世界樹シリーズのシステムを踏襲したのが「F.O.E」。ランダムエンカウントする雑魚敵とは別に、マップ上を可視的に動き回り桁外れな強敵です。私自身過去の世界樹シリーズをプレイして参りましたが、今回はその中でもかなり強い部類。バランス勝負な世界樹シリーズに対してスキルなどバリエーション豊富な攻撃を繰り出すペルソナQ2のF.O.Eはかなり曲者です。

がしかし!撃破すれば経験値や希少な素材はもちろん、強力なペルソナも手に入る、リスクもデカいがリターンもデカい。

一体どのように倒せば良いのか?倒し方と毒の効果について検証してみました。

ペルソナQ2のF.O.Eが強すぎる!

そもそもこのF.O.Eっていったいどれほど強くておっかない存在なのか?

ざっくりいうと、そのフロアで適正と言えるレベルからさらに10以上も上の強さ。装備品次第では1撃で味方HPのほぼ全てを削ることも珍しくなく、運が悪ければ一撃で倒されるほどの強さで、1ターンの行動と消費MPの管理には非常に悩まされることになります。


なんなら次のダンジョンへ進み、装備品を一新した程度ではまだまだ返り討ちに合うのは当たり前。また弱点はあるものの、ランダムエンカウントの敵のようにダウンさせることができないため、稀にキャラクター間の協力技は発動するものの、総攻撃で強力な追撃を繰り返すことは不可能

一方エンカウントについてはマップ上にアイコンで可視化されているため「あそこにF.O.Eいるなー、くわばらくわばら。」程度の緊張感。ただしその付近を横切る際に雑魚敵にエンカウントしてしまうと、このF.O.Eが騒ぎを嗅ぎつけて乱入してくるという危険性も。

強いだけあって当然得られる報酬もそれなりに価値の高いもの。やめろと言われても倒してみたくなるのが正しいペルソナ使いなんじゃなかろうか。

ということでトライ。

最大HP6%前後のダメージを与える毒が効果的!

F.O.E討伐ですが、毒、睡眠、混乱、麻痺などの状態異常にさせるのが効果的です。

ただし注意点として複数の状態異常を付けることができず、状態異常を起こすとで既にかかっていた別の状態異常がリセットされてしまいます。

またキャラによっては全くダメージが通らないほどガードの硬い場合もあるので、魔法を含め、攻撃を当てると解除されてしまう眠りよりは毒で防御力に依存しないダメージを与えるか、麻痺や混乱で手数を減らすかどちらかが望ましいと言えます

中でも毒のダメージはかなり強力で、最大HPのうち約6%のダメージを防御力に関係なく与えることが可能です。(相手によりダメージは異なりますが、ダメージは固定です)

ただし麻痺や混乱はターン中相手の攻撃を100%防げるわけではなく、硬い相手にダメージを与えるためには貴重なSPやHPを犠牲にする必要もあるため、やはり毒で攻めるのが効果的、確実と言えます。

あとはタルンダやラクカジャなどで相手の火力を弱めつつひたすら守りに徹し、節約したSPはメンバーの回復に当てつつ相手が毒で倒れるまでターンを稼ぎます。

それでは上記作戦を検証してみましょう。

スキル「付着の心得」が優秀!

さすがにF.O.Eだけあって状態異常の成功率も低め、仲間全員で状態異常を試みてもターンが無駄になることも珍しくはなく。

そこで「付着の心得」ですよ。

この「付着の心得」を装備することで、対象へ状態異常を付着させる確率がグンと上がるという優れもの。優れものの割に、割と序盤でも入手できるスキルでもあります。

また、本作はペルソナの合成時に金に物を言わせてコピーすることで、意中のスキルをもったペルソナをガンガン量産することができます。

このコピーを使い、毒を付与させる「ポイズマ」と「付着の心得」を所持したペルソナを5体生産し、F.O.Eを倒すという目的に特化したチームを編成にします。

それでは検証開始!

1ターンで確実に毒を付着させ、防御で凌ぐ!

F.O.Eとエンカウントしたら、まず1ターンは腹をくくって全員ポイズマを使用。

誰かが付着させてくれるか!?と思いきや、一発目のポイズマで毒の付着に成功。「付着の心得」さすがです。

2ターン目以降は後衛メンバーがダメージを回復。タルンダなどで敵の火力を弱めつつ、その他のメンバーはひたすら防御。

毎ターン終了時には毒ダメージで確実に相手の体力を削っていきます。

運が悪いことに3ターン目という早さで毒がリセット。

めげずに全員ポイズマを使用すると、二発目で毒ヒット。「付着の心得」優秀。

先ほどと同様にひたすら防御に徹してはタルンダ等で敵の火力を抑え、被ダメージは後衛が回復。ターンを稼ぐこと4ターンで毒解除。

続けざまにメンバー全員ポイズマ使用。

このターンは運が悪かったのか五発目でやっと毒ヒット!もちろん付着の心得があってもミスすることはあります。それでも今のところ全て1ターンで確実に毒を付着。あとは守る、守る、守る!

守り続けること5ターンでまた毒が解除され、また全員ポイズマ攻撃すると一発目で毒ヒット。確実に毒を付与できています。F.O.Eの体力も残り少なくなっています。

同様に防御と回復、補助スキルでターンを稼ぐこと約20ターン、F.O.Eを撃破

倒してみると、レベルが桁違いのペルソナを獲得

今回は2つ目のダンジョンに登場する「クイーン・ジョー」で検証しましたが、その他のF.O.Eにおいてもほぼ同じパターンとダメージ割合で状態異常を付着させて撃破することができました。

撃破後には、メンバーのレベルを10近くも上回るペルソナを獲得、そりゃ勝てないわけだ。

毒のダメージがかなり大きい世界樹の迷宮シリーズのシステムを受け継いだ本作も同様に効果大。毒を付与させたらあとは防御や補助魔法でできるだけダメージを抑えつつターンを稼ぎます。

ただしどうしても状態異常が聞かないF.O.Eも居るので、この場合はコツコツとパーティーを強化してから挑みましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。