[画像あり]iPhoneでPS4をリモートプレイする方法とやってみた感想


iPhoneで自宅のPS4を操作し、もちろんそのままiPhoneの画面で遊んでしまういわゆるリモートプレイができる夢のアプリが、ついに正式にSONYから配信されました。

これまでも出先で自宅のPS4をリモートプレイするということは、PCかSony製スマートフォン「Xperia」にのみ許された禁断の遊び方でしたが、ついに国内のシェア率3割を持つiPhoneでそれが実現!待ちに待った方もいるかもしれませんが、実際に動かす方法、試してみた印象についてご紹介いたします。

iPhoneでPS4リモートプレイ!可能なこと、iOSの推奨環境は?

まずは自宅のPS4を手元のiPhoneでリモートプレイするにあたり、できることは以下の通り。

・PS4の画面をiPhoneに表示
・iPhoneに表示されるコントローラーを使ってPS4を操作
・iPhoneのマイクを使って、ボイスチャットに参加
・iPhoneのキーボードを使って、PS4へ文字を入力

要はiPhone一台があれば、自宅PS4を動かしてその画面に表示される画面と擬似コントローラーでそのまま遊ぶことができる、ということ。PCの場合はPS4に使うコントローラーも必要だったけれど、さすがはスマートフォン。

PS4のシステムを最新バージョンへアップデート

まず最初にPS4本体のシステムを、最新のものにアップデートします。

この機能が公開された時点でのバージョンは6.50。PS4メニュー画面にある[設定]→[システム]→[システム情報]→[システムソフトウェア]等から行います。

最新のシステムソフトウェア(バージョン6.50以降)がインストールされたPS4本体の他に、アプリを通じてiPhoneをネットワークに接続させるためにWi-Fi環境も必須となります。

iPhoneアプリ「PS4 Remote Play」をダウンロードし、起動

PS4のバージョンを最新にしたら、App StoreからPS4 Remote Playアプリのダウンロードをします。


推奨されるiOSの環境は、iOS12.1以降がインストールされたiPhone、iPhone7、iPad(第6世代)、iPad Pro(第2世代)以降とのこと。あまりにも古いモデルの端末だと、アプリそのものが対応していないようです。例えば、自宅にある古い第2世代のiPadについては、残念ながらアプリが非対応となっていました。

ダウンロードが完了したら、アプリを起動します。表示される案内にしたがってそのままPlayStation Networkのアカウントでログインすると、自宅にあるPS4の検索が始まります。

PS4と端末、アカウントとの紐付けができていない場合、番号入力による紐付けを行う必要があるので、最初はPS4のある自宅で疎通確認を行うことをおすすめします。

そのまま待つこと約20〜30秒後…

動いた!

動きました!

iPhoneで自宅のPS4を動かして、その画面に映すことに成功!極めて簡単です。画面には擬似ボタンが表示され、割り当てられたボタンをタップすることで、通常のコントローラー同様PS4を操作することができます。

早速何かゲームを起動してみよう。

無意識にキムタクをチョイス

もちろん縦横を回転させて、好きなスタイルでプレイすることが可能。縦型にすると擬似ボタンの配置と画面の大きさが変化します。縦持ちは擬似ボタンを押す指が画面を覆わず邪魔にならない分どうしても画面の大きさは小さく。ただ、個人的にはこっちの方が画面が隠れず好み。

どちらが良いかはお好み?

あと、ここは意外とザルなのか、撮影禁止エリアと思しき場所であってもスマートフォンのスクリーンショット(iPhone7であれば、ホームボタンと電源ボタン同時押し)機能で、いつでもどこでもシチュエーションを問わず撮影することができそうです。

とはいえ所詮リモートなので、本体機能でのスクショに比べれば画像は荒い印象

iPhoneでPS4をリモートプレイしてみた印象

ついにiPhoneでリモートプレイが楽しめるようになりましたが、やっぱりこういったガジェット遊びは面白い。

実用面については、まずまずといった印象です。

画面の小ささや物理キーではない操作性はもちろんですが、やはり一番のネックはタイムラグ。実際にテレビの前でiPhoneを動かしてみた結果、どうしてもコンマ数秒のタイムラグがあるため、瞬発性を求められるようなアクションはどうしても不向き。

実際にアクションRPGにあたる「ジャッジアイズ」「キングダムハーツⅢ」などを動かしてみましたが、アクションの操作に重要なスピーディーな立ち回りはどうしても難しい印象です。

でもこういう遊びって、動かしているだけで楽しい

ただし細かい操作を必要としないジャンルの場合、出先にWi-Fi環境さえあれば、日常的に携帯しているiPhoneひとつでどこでも自宅のPS4が遊べるのは便利。なかなか自宅でゆっくりPS4を起動できない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。