FF12と妖怪ウォッチ4を並行プレイして1週間。現在プレイ中のゲームはこちら!


妖怪ウォッチ4を始めて1週間が経過しました。

先日レポートいたしました通り、スイッチの妖怪ウォッチ4が思いの外面白かった。が、並行してプレイしていた同じくスイッチのFINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGEもまた面白い。実際に時間が経過しても、FF12に負けず妖怪ウォッチを続けていられるのか?後日ご報告すると申し上げたのだった。

とは言ったものの、両者まったく別物であることは承知の上。「週刊漫画ゴラク」と「コロコロコミック」を比べるようなものだ(念のため申し上げると、妖怪ウォッチはコロコロの方ですからね?)なんて指摘もありそうですが、ミナミの帝王を読みたい日もあればドラえもんを読みたい日があって良い。

あれからどっちを気に入ってプレイしているのか?ご報告いたします。

勝者、妖怪ウォッチ!心地よいゲームサイクルにやめ時分からず。

現在どちらをプレイしているかと言うと、妖怪ウォッチ4。

先日のレポートでも申し上げた通り、妖怪の収集と育成というベタな仕様に一度は3DSの妖怪ウォッチを投げている身としては「今回も途中で飽きちゃいました〜」なんてことになるかと思いきや、発見と挑戦と報酬のサイクルが絶え間なく、且つテンポが良い。やめ時が分からなくなる。

強いて言えば章仕立てになっているので、「その章が終わるまでね」と釘をさしやすいママに嬉しいお子様向けの中断させやすい構成ではあるけれど、一方の夫はというと、妻の冷たい視線を除けば特に時間を制限されない我々大人はついついぶっ続けで遊んでしまいそうに。

特に、目的地まで連れていってくれる機能、あれは本当にマズい。

オッサンらしく説明すると、そもそも気の合う愉快な同僚と飲みに行った後で二次会の会場までタクシーで行き、さらに自宅までタクシーで連れて帰ってもらう感じだろうか。ちょっと違う気もするけれど、そんな感じ。

一方のFF12はというと、地図を開いて目的地までトボトボと歩いていき、場所を間違えは来た道を戻り、といった古き良きRPGならではの行動を求められます。

その目的地を探し求めて駆け回ることこそRPGの醍醐味であることは重々承知の上だし、意識高い系ゲーマーさんからスマホゲーでもやっていなさいと怒られそうではありますが、実際に妖怪ウォッチをやってみると、圧倒的に楽。

そもそもオリジナル版のFF12が発売されたのは2006年。リマスター作品であるので基本的にはそこから変わっておらず、その他の細かい機能やゲームサイクルは、この十数年の間に洗練されていったのかもしれません。

壮大過ぎる大河ストーリー故、起動に気力と覚悟を要するFF12

社会人故に実際「さてゲームしよう」となる時間はどうしても深夜帯。真昼間に会社へも行かずにゲームしてたら妻子を養っていけませんからね。

疲れ果てた体をソファーに横たえ「もうこのまま寝ちゃえ!」と思うこともしばしば。そうなったらもう気づけば風呂も入らず午前2時3時。翌朝の仕事に備えてヨタヨタしながら風呂に入ればもうその日はゲームどころではありません。

ことFF12に関して言えば、あの壮大でハードボイルドな大河ドラマは見応え十分ではあるけれど、あの難解なストーリーを理解するには相応の体力や気合いも必要に。「それは単に読解力が足りないだけなのでは?」という声が聞こえてきそうですが、おっとそれについては遺憾の意を表しつつ強く申し上げたい。

正解。

一方の妖怪ウォッチはストーリーが単純明快。子供向けならではの分かりやすいストーリーとコロコロコミックで培った先読みしやすい展開に、ストーリーの理解に要する体力も少ない。

さっきのように飲み会で例えると、FF12はドレスコード付きの格式高いレストランへさてそろそろ行くかと準備をする感じ。でも行ったら行ったで料理は美味しい。そうするまでの覚悟が必要かそうでないか、それは40近いくたびれたおっさんには重要だったりするわけですよ、若い衆の皆さん。

でもやったらやったでFF12も楽しいよね。

身も蓋もない話ですが、そういいながらFF12を起動したらしたで面白いです。

快適性で言っても、オートでガンガン戦ってくれて、さらに2倍、4倍速で進められるFF12は、効率化を求める我々ビジネスマンにとっては有り難すぎる仕様。

FF12超楽しい。

ただ、この妖怪ウォッチは子供向けコンテンツで、大人が遊んだら全然楽しめないのでは…?ましてや過去に3DSの作品を投げてしまった人間であればなおさら妖怪ウォッチは刺さらないのでは?と踏んでいたのですた、まったくそんなことは無く。こうして大人でもFFに負けないほど継続的に楽しめるということが分かりました。

現在の進捗率は全体の約4〜5割。とか言いながら、これから先突然「妖怪ウォッチ4飽きました」なんて可能性もゼロではありませんが、今の所はFFに負けていないし、買って良かったと思える作品でした。迷われている私同様オジサンの皆さま、おすすめですよ。


この記事へのコメント

  1. 1は結構好きで2で辞めちゃったんですが4面白そうですね
    シャドウサイドはちょっと大人向けらしいので大人でも楽しめるのかな?買ってみます!

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。