アクションRPG「天穂のサクナヒメ」が面白そう!購入予定の人に決め手を聞いてみた。


今月は今月でプレイしたいタイトルが多いことは認識しつつもPS4ゴーストオブツシマのオンラインマルチモード「Legends(冥人奇譚)」ばかりプレイしており、こりゃ次のゼルダ無双 厄災の黙示録までしばらくこれ一本で凌ぐことだろうな…と思っていたら、どうやら「天穂のサクナヒメ」なるゲームが超楽しそうなのだとか。読み方は「てんすい」なのですね。稲を育てて強くなるというかなり異色のテーマではあるけれど、牧場物語やルーンファクトリーで培ったマーベラス御家芸の面白いやつかもしれない。

同作購入予定の当サイトメンバーに、買おうと思った決め手について伺って参りました。

メンバー紹介

管理人
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘6歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームは冥人奇譚(Legends)の追加に伴ってゴーストオブツシマ。プレイ予定のゲームはゼルダ無双 厄災の黙示録…の前に、天穂のサクナヒメの評判が良いので買おうか検討中。

M氏プロフィール
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつもPS4かSwitchのどちらかがオンライン状態、おしゃべり担当のアニキ。プレイ中のタイトルはゴーストオブツシマ冥人奇譚。プレイ予定のサクナヒメについて、購入前の意向を伺ってきました。

O氏プロフィール
20170310111986年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元スポーツマン。スプラトゥーンが大好き。プレイ中のゲームは真・女神転生ⅢノクターンHDリマスター。プレイ予定のゲームはアサシンクリードヴァルハラ。

天穂のサクナヒメ、実は開発期間5年の超大作!

私「サクナヒメを買おうか迷ってます」
M「面白そうですよね。買おうと思ってます」


O「稲作アクションみたいなやつでしたっけ?」
私「そう。最近方々でプロモーションしていたので目には入って来たんですけど」
M「実は初報からだと随分経ってるんですよ。開発期間5年くらいかかったらしいですね、サイバーパンク並みですよ」
私「超大作じゃないですか」
M「そう、超大作なんです」
O「Mさん、なんでいきなり米なんですか?米が好き?」
M「米も好きだけど、別にそういうことじゃない」
私「アクトレイザーみたいな感じですかね」


O「また懐かしいですね(笑)」
私「あそこまで動きが重厚感ある感じだとちょっと抵抗あるな(笑)」
M「農業のネタが本格的で、就農者に良いかも?なんて言われてたみたいですね」
私「就農者って、農家さんですか?」
M「そうですそうです、田植え、種籾、田おこし」
私「重機に頼らない感じですね」
M「そう。重機なんてものは無いんです。それじゃどうやって効率化していくかというと、素材や何かを集めて新しい農具を発明したり、田植えや何かに使える技をどんどん習得していくんですよ」
私「シミュレーションですね。好きです、そういう地道に効率化していくやつ」

モチベーション維持とボリュームが気になる?

私「果物とか野菜とか、他の作物とかは無いんですね」


M「そこは僕も気になっていて。ずっと米作りをしていて、質や何かが高まっていく過程はいかにもファーミングシミュレーションっぽくて楽しそうではあるんですけど。いくら米作りは奥が深かったとしても、ネタとして米だけ開発していてモチベーションが維持できるかは心配ですね。あくまで基本のコンテンツとしてはアクションなんでしょうけれど」
私「最近この和テイストは良いですね」
M「あとはアクションパートとシミュレーションパートとがどういうバランスで絡み合っていくかですよね。それからそれぞれのパートのボリュームも気になります。米作りというネタでどこまで引っ張れるのか。キャラ育成である米作りパートが引っ張れないのなら、アクションパートも同様に短くなってしまわないか。でも、育成システムもちゃんと色々あるみたいですよ。装備を使い続けているとスキルを覚えていく、みたいな。管理人さん、そういうの好きじゃないですか?」


私「好きですね〜。そういうチョコチョコ強くしていくやつ」
M「スキルにも熟練度があるらしいですよ!」
O「靡いてますね」
私「買うねこりゃ」

天穂のサクナヒメ、買う理由、決め手は?

私「Mさん、買おうと思った決め手は何ですか?」


M「なんでしょうね、楽しそうじゃないですか?ズバズバ戦う横スクロールアクションやって、シミュレーションパートで米を育てて。これ、言葉で言うと全然面白くなさそうですね(笑)あ、管理人さん朧村正好きですよね?ああいう感じですよ、横スクロールのアクションRPGです。値段も確か安いですよ。5000円くらい」
私「ああ、朧村正最高じゃないですか」
M「雰囲気近いかもしれませんね。アクションもズバズバ手数多くコンボ繋ぐ感じで爽快感ありそうですね。朧村正よりもうちょっとアクションのギミック多そうなのと、映像面でヴァニラウェアみたいなクセは無いけど」


O「あれ、インディーズでしたっけ?」
M「何を以てインディーズかというのもあるけれど、開発はえーでるわいすで発売はマーベラス。だから、牧場物語やルンファクなんかの箱庭ゲーのナレッジがあるんじゃないかなと。もう得意分野ですよ」
O「えーでるわいすってどこでしたっけ?」
M「アスタブリードとかいうシューティングで一躍有名になった同人集団ですね」


私「あのグリグリ動くシューティングかな」
M「多分それです」
私「間違いなさそう」
O「でもメタスコアは80点くらいですね」
私「メタスコアねー」
M「もうね、メタスコアに振り回されない方が良いよ。メタスコアのレビューなんてのは忖度しまくりなんだよ。反感を買う様なえげつない課金DLCのゲームも「満点!最高!」とか言われるゲームも多いしね。結局ズブズブなんですよ」
私「実際ね、メタスコアとユーザースコアって大体凄い解離あるのよ」
O「確かに」
M「まあちょっと安めの価格になっているから、最悪買ってつまらなくても別に良いかなと思ってます」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。