PS5を買えなかった腹いせに、懐かしいゲーム機で遊んでみた。


記念すべきPS5発売の日、悲しみに打ちひしがれています。

インターネットを見てみれば、Playstation 5の予約ができただの予約抽選に当たっただの、喜ばしい報告に溢れているし、私の周りにも当選者が少なからずいる。一方の私はどうかというと、このざまである。

無事買えた人はPS5をすれば良かろう。私は当て付けの様に、古いゲームで遊んでいきたい。

Playstation2で遊んでみる。

まずは2000年に発売されたPlaystation2。もう20年も前。

PS5と同じで白い。しかも薄型でコンパクト。

一方のPS5ときたらどうだ、塔の様に凛とそびえ立つたたずまいに空気清浄機と揶揄されているじゃないか。ハードの優劣で見たらPS5よりも優れた点も多い。それじゃ今PS2とPS5、どちらを選ぶか?と言われたら困っちゃうんですけどね。

だけど、大事なのはそこではない、そもそもこの化石のようなハードが起動できるか?ということだ。

なんかシールとか貼ってあって恥ずかしいです。

前回このPS2を起動したのはいつだったのか。凄く遡ってみると、これ、確か過去にお付き合いしていた女性に貸したっきりなので、かれこれ13〜14年ぶりくらい前だ。マジっすか!?コレ、動くの?

いや、ちょっと待てよ?

このドキドキはもう新しいハードを迎え入れる時のものと同じじゃないか。こんな形でPS5が家に来たドキドキを一足先に味わえるとは、願ったり叶ったりである。

ドキドキしながら電源オン。

「フォン」っていう起動画面、覚えていますか?

無事起動成功!

不安だったから本当に良かった!当時の彼女が大事に使っていたのかもしれない。最後に受け渡すとき気まずかった。渋谷の松濤公園で受け取ったのだった。

本体に入っていたゲームは「テイルズオブレジェンディア」。名作らしいけどクリアしていないし、ここまで久しぶりだと自分が入れた記憶も無い。

最近テイルズシリーズをめっきりやらなくなったけれど、何周もしていた大学生の頃を思い出して少し泣きそうになった。就職浪人してしまったら…?周りがどんどん内定を貰う中、不安を顔に出すまいと強がっていたモラトリアムの日々。過去の自分よ、今はヘラヘラ暮らしているので心配しないでね。PS5買えなかったけど。

次はこれだ。


今みんなHDリマスターで遊んでいる真・女神転生Ⅲノクターン。こちらはHDリマスターではないぞ、なんとマニアクスの方だ。

でも今マニアクスかHDリマスターかどっちが欲しいか?って聞かれたら、私はこっちではなく俄然HDリマスターです。

これも初めてプレイしたのは大学生だったかな…。

あ!

ごめんなさい、ラスボス直前でセーブしているのを忘れていた。今まさにHDリマスター版をドキドキしながら楽しくプレイしている皆様、すいませんネタバレしてしまったら。悪意は少ししかありませんでした!

しかしメガテン3は面白い。ゲームはグラフィックではない、ということを証明してくれているようなゲームだ。

グラフィックだって、よく見てみたら本当に最新機に劣っているのだろうか?ゲームに無関心な私の妻なんかは、PS3とPS4の画面の違いもよくわからないと話す。そういう大らかな気持ちでPS2の画面を見た時に、PS3はもちろんPS4にだって負けていないのではないか?PS2の画面、改めてちゃんと見てみよう。

うん、PS4に比べて全然劣ります。

初代ゲームボーイで遊んでみる。

なんかもうムカついてきたからもっととことん古いゲーム機を出してやる。

お次はゲームボーイ。しかも発売は1989年の初代ときたもんだ。こちらも白い、純白の貴公子だ。こないだメルカリで買ったんです。

歴史を感じるマッシブなフォルム。

プレイするのは1991年発売の時空戦記ムー。

仲間は総勢20名、5つのパーティーを切り替えながら各地を開放していくというオープンワールドなRPG。しかもゲーム開始時に主人公の顔を作ることができるキャラクリの走りみたいなシステム。

よく見れば、同じくキャラクリのできるPS5のデモンズソウルに見えてこなくもない。時空戦記ムーといえばキャラクリ、キャラクリとは時空戦記ムーなのだ。

デモンズソウルのルーツかもしれない。

いかん、時空戦記ムーを動かしているうちに、もうPS5も4もどうでもよくなってきた。

今から時空戦記ムー始めるので、1週間くらいは他のゲームしなくていいや、くらいの気概でいる。新しいものばかりに気を取られ振り回されることなく、気に入ったゲームを何度も遊び続ける。それもひとつのゲームの楽しみ方であり、ゲームに対する愛だとも思う。

その後くにおくんで遊んだ。

ゲームギアミクロでも遊ぶぞ!

調子が出てきたところで、最近出たばかりのリバイバルハード、ゲームギアミクロ。

ちっちゃ!

このサイトで何度もゲームギアファンを公言しておきながら、購入したカラーは全4色のうちイエローとブラックの2つ。しかもイエロー弄って満足してしまったので、ブラックについては開封すらせずにいる。

このゲームギアミクロイエローに収録されているシャイニングフォースで遊ぼう。白いハード縛りで考えたけど、もう黄色でも何色でも良いや。薄目で遠くからそっけない感じで見てみたら、イエローも白に見えないこともない。

この際言ってしまえばPS5だって、ローンチで特段遊びたいものも無ければ、当たったら当たったで動かしてみたレポートくらいしかできなかっただろうし。それよりもこの年末商戦期にはもっと楽しみなタイトルが多いのだ。強がってなんかいない。

強がってなんか。

古いゲーム最高!

(PS5…)

バカヤロー!!

スポリ

なんですかこれは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。