振込みまで何日?ネット買取「ウリドキ」でゲームソフトを売ってみた。


PS4「北斗が如く」遊びました、面白かったです、はい。なので売ってしまおうかと。あ、「なので」っておかしいですよね。

まだ発売から1ヶ月も経っていなければ定価だって11,390円(税別)もするんだし、5000円くらいの買い取り価格は期待できるのでは?足取り軽やかにブック○フへ。ところが提示された査定額は破格の3000円台というまさかのご奉仕価格。

北斗が如くだって3000円代だったら買うわ!(この言い方も誤解を招きますね)でも、もう少し高く買い取って欲しいなというのが本音。そこで市場価格を見るべくインターネットで調べてみると、複数の買取業者の中から買取価格を比較、申込できる「ウリドキ」なるサービスを発見。

実はゲームソフト一本を宅配査定で買い取ってもらうのは今回ほぼ初めて。一体どういった流れでいくらで買い取って貰え、いつ入金されるのか?試してみました。

1日目:アカウント作成と、査定の申し込み。


ブックオ○で3000円台の値をつけられてしまった可哀想なPS4ソフト「北斗が如く 世紀末プレミアムエディション」の買取価格を調べる中で見つけたウリドキなるサービスに記載されていた査定額を見てビックリ仰天。

ブ○クオフより2000円近くも高い!

なんと5,500円という高額で買い取ってくれるお店がある模様。正直多少の誤差であれば近所で売ってしまおうかと思っていたものの、これほどまで差が出るのであれば使わない手はありません。

いい大人が数千円で躍起になる姿はなかなか見苦しいものがありますが、せっかく楽しんだゲームならばせめて少しでも高額で弔ってあげるのもまたゲーマー愛というもの。

というか早い話イマイチだったんです、北斗が如く。

さて、このネット買取サービスウリドキ売りたい商品を買い取ってくれるお店をリストアップして最高額のお店など好みのお店を選び、家から一歩も出ることなく集荷手配をしてくれる超便利サービスなのだとか。こうして人間どんどん堕落していくわけですが、使えるものはどんどん活用していきましょう。

大まかな流れとしては下記の通り。

①提携されている買取業者を選んで査定を申し込み

②後日集荷業者に商品を預けて査定の準備

③査定金額に合意できたら承認して成立

④指定の口座へ入金

という流れ。ものぐさな私でも難なく進めていけそうです。

破格で見積もられた○ックオフからの帰り道、勢いに任せてアカウントを登録。twitterやfacebookなどSNSとの連携も可能でわずか数分でアカウント登録完了。

続いて最高値で提示していた業者を選択して査定を申し込み。

ここまでで5分もかからず。ただし時間は既に21時を回っており、営業時間も過ぎているようでその日は終了。

2日目:集荷にヤマト便到着!

申し込み翌日の午前中、査定依頼をお願いした業者からメッセージを受信。

内容を見てみると「本日の夜にヤマト運輸のドライバーが集荷に伺います」とのこと。早い!特にこちらから時間を指定していなかったものの、まさか依頼内容確認当日に集荷が来ようとは。

ところが、ここで買取に必要となる身分証明書の提示が済んでいなかったとのこと。案内にしたがって、免許証の写真をアップロードして報告、大変失礼いたしました。

一方我が家では妻が応対してくれ、商品を適当な袋に梱包し、ヤマトのドライバーさんへパス。2日目で商品が集荷されていきました。いよいよ査定です。

3日目:査定完了!

人の手から手へ驚くべきスピードで商品が渡っていき、査定依頼から3日目の夕方17時過ぎ、集荷翌日の17時過ぎに査定完了のメールを受信。

果たして最終的な査定額は…!?

申し込み当初と同じ価格!

発売から日数もほとんど経っておらず当然傷もほぼ皆無の美品であるため、最初に提示されていた金額と同じ5,500円!

画面の案内に従って迷わず承諾のボタンを押下し、申し込みから時間にして約40時間ほどで取引成立!さようなら、北斗が如く!次に遊ぶ誰かにまたモヤモヤっとした何かをもたらしてください!

ケンシロウでキャバクラのボーイとか、楽しませてあげてください!

4日目:指定口座へ振り込み依頼

一通りの作業は完了し、あとは待つばかり。金額を含めすっかり買取のことは頭から離れています。そこへ取引成立と金額の反映についての案内メールが18時頃に到着。

査定依頼から4日目、アカウントに対して今回成立した金額が反映されました。

任意の金額を指定の口座に振り込むよう申請してくれとのことなので、このまま全額振り込み申請してみます。

直後に受付完了メールが。

「当日17時までの振込み申請で、翌銀行営業日の実行になります。」

残念なことに今回振り込み申請を行ったのは既に18時。そして明日は金曜日。土日を挟んでしまうので、来週の月曜日に反映されるということか。月曜日まで待って銀行の口座を確認してみることにしよう。

5日目:入金完了!

来週の月曜日に振込みされるとの意識のもと、金曜日は全く買取のことは頭にあらず。ところが振込の申請翌日、査定依頼から5日目金曜日の午前中に振込み完了のメールが。

銀行に走り通帳に記帳してみると、手数料も無く満額5,500円(+キャンペーン300円)の振り込み記録が!なんと査定申し込みから5日で入金が確認できました。

この手の決済サービスは何かとトラブルがつきもの。入金が遅れたり、最悪踏み倒されたりなんてことも多少は覚悟しましたが、遅延どころか大変スムーズに取引完了。

実店舗へ持ち込んでの買取に比べれば日数はかかりますが、郵送込みの手続きでこのスピードはビックリでした。もちろん実際の査定業者がスピーディーに対応してくださったのは大きいですが。ある程度時間に余裕がある方はかなり便利なサービスと言えそうです。今後もぜひ活用して参ります。

その後3000円台の査定を出してきたブック○オフへ行ってみると、8,950円(税別)という強気な価格で販売しているのにもビックリ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。