「キムタクが如く」が良ゲーだった!プレイヤー同士で語る「龍が如く」との違いは?


キムタクが如くこと「JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言」をプレイ中です。

購入するまではキムタクキムタクと半ばネタのように話しておりましたが、実際にプレイしてみると本家龍が如くと比べても遜色ないし、リーガルサスペンスというテーマは任侠同士の抗争とはまた違った魅力が。思っていた以上に面白い。面白おかしく語っていたことをキムタクに謝りたい。

同じく現在同作プレイ中のゲーマー仲間と、感想、龍が如くシリーズとの違いについて語って参りました。

メンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘4歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームはPS4「Red Dead Redemption2」、3DS「ペルソナQ2」、スイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」そして「ジャッジアイズ」。いずれも未クリア。龍が如くシリーズはスピンオフ含め8割方プレイ済み。

M氏
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG、格闘ゲーム
夜になるといつもPS4かSwitchかがオンライン状態。おしゃべりで優しいアニキ。プレイ中のゲームはRDR2とBattlefield V、スマブラSP、そしてジャッジアイズもプレイ中!凄まじい消化。龍が如くシリーズは管理人と同じくほぼプレイ済み。

O氏
20170310111984年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。RDR2、スマブラをプレイ中。小中学生の頃にキムタクに憧れていた頃もあるのだとか。ジャッジアイズは購入予定。

キムタクに違和感なし!探偵ならではのサスペンス要素

私「キムタク(ジャッジアイズ)やってます、面白いですよ」
O「いいですね!まだ買ってないんですよね」
私「Mさんどうですか?」
M「予想を上回ってますね。ドラマ性高いですよね。木村拓哉が演じてるせいか本当に弁護士系のドラマ観てるみたい。キャスティングも豪華ですが、単純に脚本が面白い。話の構図としては、徐々に謎が明らかになる感じ」


私「演出も映画っぽくて引き込まれますね、伏線なんかもしっかり練られていて。謎解き要素も強い」
М「リーガル系のドラマだから、主人公や主なキャラクターが元弁護士という新鮮さはありますね。そこをどう捉えるかによって同じ神室町でも受ける印象はまるで違うかも」
私「キムタクって弁護士系のドラマとかハマりますよね。HEROとかそんな類でしたよね。だから抵抗感無くストーリーがスッと入ってくる。演技も全然悪くない」


М「抵抗無いですよね。はぐれたアウトロー弁護士みたいな」
私「テーマがテーマだから小難しいかとちょっと構えてたんですが、意外と分かりやすい」
M「分かります」
О「そもそもシリーズが続いていないから良いですよね。前作知ってないと話ついていけないみたいなことも無いですし」
私「龍が如くやっているとちょっと楽しめる部分はあるけどね。東城会系暴力団とかそういう細かいところは本家を受け継いでるからやってると楽しめそう」
О「桐生さんとか真島さんとか出ますか?」
М「出ない、少なくとも今のところは見てないね」

龍が如くとシステム面での違いは?

О「システム面とかどうですか?」
М「やっている事は基本(龍が如くと)同じかも。ただ龍が如くにはない遊びもある。ピッキングしたりドローンで偵察したり尋問したり、証拠集めしたりとか、ちゃんと差別化はされている」
私「相変わらず神室町でヤクザとかチンピラとか絡んで来ますけどね」


О「実際歌舞伎町歩いててもそうそうチンピラに絡まれませんけどね(笑)」
М「さすがにもうそこは割り切ってるからね(笑)」
О「戦闘はどうですか?」
私「爽快、スピード感ある。龍が如くで言うと秋山さんみたいな感じかな。スタイル変えられるんだけど、基本のスタイルはスピード系。やっていることは龍が如くとあまり変わらないけれど、ちょいちょいアップデートは見られる。三角飛びとか」


М「あと、ストーリーの進行も、龍が如くは基本相手を倒して解決、みたいなところがあったけど、今回はピッキングしたり尾行したり調査したり、みたいなサスペンスが面白いですね」
私「サブクエなんかのノリは相変わらずですよね。バトルもあるけど、推理系が好きな人とか楽しいかもですね。証拠写真突きつけたり」

ユーザビリティも快適!テンポとボリュームが程よい!

私「ユーザビリティも悪くないですよね。ロード時間も短い。戦闘も移動もシームレスで」
М「ミニゲームも充実ですよね。バーチャとかファイティングバイパーズとかできるし(バーチャファイター5)あと麻雀もか。面白いのがこのあたりのミニゲームでちゃんとスキルポイントが獲得できるから、ただの飾りとか演出に終わらないのが良いですね」


О「今までもほぼやらなかったですからね。あ、バーチャできるんだ、面白いね。くらいで」
私「シーンの移り変わりが多いじゃないですか。監視カメラ探せとか、追跡しろとか。そういう切り替わりがスムーズですよね」
O「割とネタにしがちだったじゃないですか(笑)」
М「あと作品で見るとター坊(主人公「八神隆之」)は30代くらいの印象がありますけど、実際キムタクってもう46歳なんですね」


私「キムタク46かー!」
О「結構いきましたね!」
M「でも設定上は30台っぽいですね。それでも全然違和感ないあたりはキムタクさすがと言わざるを得ないですね。ストーリーもそうですけど基本テンポが良いので飽きずに通していけそうですね。ここのところBF(Battlefield V)とか結構ガチなのばっかりやってたので、こういったソロゲーでサクッと遊べるのは良いですね」


O「実際ボリュームとかどうなんでしょうね?」
私「なんかクリアするだけなら20〜30時間くらいでできるみたいなこと書いてありましたけどね」
M「ちょうど良いと思います。正直今何百時間のソロゲーやれって言われると結構構えちゃいますよね。ペルソナとかウィッチャーⅢとか。最近そういうソロでもボリュームが異常なほど多いのがあるけど、これぐらいがちょうど良かったりする」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。