【まとめの金曜日】今週最も話題になったゲームランキング5本!(7/26)


皆さま今週もお疲れ様でした。

スイッチ新作「ファイアーエムブレム風花雪月」を買いました。

今でこそすっかり慣れてしまったこのタイトルですが、「EMBLEM」の発音は「エムブレム」じゃなくて「エンブレン」が近いみたいです。だけど日本だと勲章を意味するこの英語を「エンブレム」と表記されることが多そうだし、「ファイアー」なのか「ファイヤー」なのか、その組み合わせを考えていると頭がクラクラしてきますね。

「ファイアーエンブレム」だと割とシュッとするんじゃないだろうか。どうでもいいか。

それでは今週も当サイトtwitterのフォロワー様が投稿されたタイトルについて手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:7/19(金)〜7/25(木)

第5位:プロ野球スピリッツ2019(PS4/Vita)

第5位は7月18日に発売されたプロ野球スピリッツ2019。そういえば私は野球好きの同僚と時々プロ野球を神宮球場へ見に行くようになりました。野球はてんで疎かったのですが、実際に球場で見るプロ野球は素人目で見ても迫力があります。

「とっかかりとして好きなチームを決めてみては?ここは決めです」と同僚に促され、とりあえず静岡(東海地方)出身なので中日!と勢いで決めたところ「渋い」だの「地味」だの散々な言われようにげんなり。それでもプロ野球ゲームを時々遊ぶ時は中日を使っています。

第4位:彩京 SHOOTING LIBRARY Vol.1(NS)

第5位は7月25日に発売された彩京 SHOOTING LIBRAR Vol.1。「ストライカーズ1999」「ドラゴンブレイズ」「ゼロガンナー2」といったアーケードゲームメーカー彩京の名作シューティングゲーム6タイトルを1つのパッケージに収録したもの。

画面を回転して縦画面プレイに対応するほか、残機数、コンティニュー回数の設定、さらにオンラインでのランキングも搭載。昨今流行りのレトロゲームタイトルのオムニバスとも少し違うアーケードの名作を詰め込んだ一本。そしてスイッチのおすそ分けプレイはこういうシューティングにも本当に相性が良いです。「Vol.2」は、8月29日に発売予定。

チキンカツ定食美味しそう!

第3位:ルーンファクトリー4スペシャル(NS)

第4位はこちらも7月25日に発売されたルーンファクトリー4スペシャル。私も3DSの通常版プレイ済みですが、牧場も経営できてヒロイン達と親睦を深めて結婚までしてしまうという非常に自由度の高いスーファミ版聖剣伝説という印象。

そして神ゲーと呼ばれるタイトルであることを知ったのは購入した後。実際神ゲーなのかもしれんのですが、私、このゲーム楽し過ぎて寄り道ばかりしていてクリアしておりませんでして。神ゲーとは何か。

第2位:スプラトゥーン2(NS)

第2位はスプラトゥーン2。7月21日で最後のフェス「混沌 vs 秩序」が幕を閉じました。ロビーで表示されるイラストにも多数フィナーレを惜しむ作品が。人が集まるからこそ飽きただの単純だの色々叩かれたスプラトゥーンですが、こうして今でもプレイヤーが楽しめるのは素晴らしい証拠。

「フェスは終わるけれど、スプラトゥーンのことは嫌いにならないで□◎※○ !」というワードがなぜか浮かんだのですが、タレントのキンタローさんがご懐妊のようです、めでたい!

第1位:スーパーマリオメーカー2(NS)

第1位はニンテンドースイッチのスーパーマリオメーカー2。マリオメーカー2、やはり自身の作ったステージを公開する職人も積極的に投稿しているのか、タイムラインも活発。私もプレイしてみたのですが、人が作ったステージを遊ぶというのは確かに面白い。これまで任天堂が丹精込めて作ったステージも良いけれど、予想できないような極端なステージ、乱暴に作られたステージをビクビク進めるのもそれはそれで面白い!

次点:ファイアーエムブレム風花雪月(NS)

次点は本日の発売を前にして既にタイムラインで盛り上がり始めたのがファイアーエムブレム風花雪月。私管理人も既に購入済みですが、今回は軍勢がワラワラ戦闘に出てくるんですよね。常に新しい要素を入れてくれるファイアーエムブレムは流石だと思いつつ良く見てみると皆同じ顔をしていることが発覚。ちょっと怖い!

発売日前から盛り上がってしまっているファイアーエムブレムがついに発売。私管理人も購入いたしましたので、また後日レポートできればと思います。来週は一体どんなタイトルが話題になるのか?

それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。
みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。