バカゲーだった!「刀神(KATANAKAMI)」ここが楽しい!プレイヤー同士感想を語りました。


騙された。

先日当サイトのメンバー間で話題に上った「侍道外伝 刀神(KATANAKAMI)」を購入しました。

あのコアなシリーズ「侍道」の外伝的作品で、同じくスパチュン製代表作の一つ風来のシレンで培われたアクションRPG。しかも定価が安いときたもんだ。もう積みゲーが残っているとか、同じ日に発売されたペルソナスクランブルがどうとか抜きで買ってしまえ!えいって。

プレイしてみると、想像通りやめ時を失うハクスラとローグライク要素に没頭。また、シリアスそうなパッケージとはかけ離れた悪ノリ感溢れる世界観に、かれこれ10年近くも前に発売されたあの侍道のノリを思い出しました。そうそう、確か侍道もこんなだったわ。表紙のテイストと全然違うぞ!

前回は購入前本作に抱いた期待について語りましたが、実際にプレイした感想についてプレイヤー同士話しました。

メンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘5歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームは、Switchのモンスターボーイ呪われた王国と3000th Duelとペルソナ5スクランブルと今回の刀神とPS4ドラゴンボールKAKAROTとかもう良く分からない量。誰か代わりに遊んでください。

M氏プロフィール
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつもPS4かSwitchのどちらかがオンライン状態の人。おしゃべりで優しいアニキ。年末年始にプレイしていたゲームは、コールオブデューティ モダンウォーフェア、ペルソナスクランブル、そして刀神。

O氏プロフィール
20170310111986年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元スポーツマン。スプラトゥーンが大好き。プレイ中のゲームはPS4のペルソナスクランブル、そしてM氏同様コールオブデューティモダンウォーフェア。本日もほぼいるだけ。

バカゲーだった!大人が真面目に悪ノリして作ったようなゲーム!

私「刀神買っちゃいました」
M「おお、良いですね!僕もやってますよ。どうですか?」
私「面白いです。買って良かったですね。あとパッケージのテイストと違って、悪ノリ激しいですよね。そう言えば侍道もあんな感じだったな…って思い出しました」
M「分かります。結構下品ですよね」
私「ウンコウンコ言いますしね(笑)」


O「え、そんなゲームなんですか?」
M「そう。なんか借金取りの男がホームとなる鍛冶屋の脇で隠れているのを見て、主人公が声をかけるんだけど、選択肢の中に「野糞やめろ」「野糞してた男だ!」とか、かなり執拗にウンコを連発する。その後で同じ借金取りが登場した時も「あの時ウンコしてた男だ!」とか声をかけたり」
私「その借金取りもちゃんと突っ込むんですよね。「ウンコじゃないわ!」みたいな」
O「最初のイメージと全然違います」


私「僕も最初パッケージを見た時、なんかバガボンドみたいなシリアスな感じなのかなーと思ってましたけど、全然ですね(笑)なんか、作ってる大人が子供に戻って悪ふざけして作りました、みたいな感じ」
M「あと、気づいたかもしれないですけど、毒を受けるじゃないですか。そうすると、主人公が漏れないようにお尻を押さえて動くんですよね(笑)」
私「あんな毒状態のゲーム無いですよね(笑)」
O「下品(笑)」
私「ウンコに対するこだわりが凄いんですよね」
M「あと、刀を磨く刀油ってあるじゃないですか。あれ、飲めるんですけど」
私「え!」
M「飲むとどうなると思います?飲んだら「土下座がよく滑るようになった!」とか出て、土下座するとスーッと慣性で遠くまでスライディング土下座できるようになるんですよ(笑)」
私「くだらない!」
M「僕らは良いんですよ、侍道やったことがあるので。ただ、パッケージに騙されて硬派な剣劇アクションを期待して買った人は、なんなんだこれは!って怒る人居ると思うんですよ(笑)」
私「でも、やってるプレイヤーも段々ノリが分かってきたのか、名前や号がほんとふざけた人多いですよね」

NPCにも攻撃可能!自由度も高い!

M「あと意外だったのが、あのローグライクの世界で良い感じで自由度が高いじゃないですか。NPCに攻撃を加えると戦いが始まったり。あとちょっとウケるのが、鍛冶屋の隣に3大勢力それぞれが店を並べるじゃないですか。あそこで頭突きしたり、何かのきっかけで店員同士が接触すると、いきなり斬り合いが始まって大変なことになるんです(笑)」

私「マジか!それは知らなかったです。あと、借金取りに斬りつけることもできますよね?」
M「できますね、試したことは無いですが。ただ、鍛冶屋の親父に戦いを挑んだことはあります。寝込みを襲ったらあっさり返り討ちにあって。何事も無かったかのように再スタートしましたけど(笑)ストーリーにどう影響するかもやってみたいですね」


私「やってみたい!取り返しのつかない要素も多そう。他のプレイヤー倒したら数にカウントされちゃいますよね?殺害した人数みたいなやつ。アレ、思わず何人か倒してしまって。最初は「手を貸そう」とか言って共闘する気なのかな?と思ってたら突然斬りつけられたので、応戦して倒しちゃいました」

M「あれは確か対決モードになっている相手を倒す分には殺害数にカウントされなかったはず。ただ、最初に共闘の意思を示しているにも関わらず攻撃してきた相手を倒したら、どうなるんだろう…。っていうか、アレ、多分プレイヤーのデータを使ったNPCかもしれないです。動きがワンパターンで弱すぎるので」
私「確かに弱い武器で臨んでも結構倒せますね」
O「殺害数が増えると何かなるんですか?」
M「お尋ね者ランキングに載って、賞金首になる(笑)」

私「あと、ローディング時の豆知識もくだらないですよね。前に「ハムの歴史」みたいなものを突然説明し始めて「知らんわ!」ってなりましたね」
M「ありますね(笑)他にも「このゲームの貨幣価値は一銭50円くらいです。みんなで計算してみよう」みたいな。知らないよって感じですね(笑)」

アクションも1対1の剣劇が楽しい!

O「戦闘はどうですか?なんかディアブロほどザクザク倒せる感じでもなさそう」
M「全然、ディアブロみたいにワラワラ出て来ないですね。まあエリアによってはモンスターハウス的に閉じ込められて10体くらいウジャウジャ湧いてくる場所もあるけれど、基本は一体ずつ倒していく感じ」
私「結構好きですね。パリィじゃないけど、ヒットスレスレでかわして一閃みたいな攻撃あるじゃないですか。ああいうのとかかなり爽快ですね。タイミングシビアだけど」
M「シビアですね。画面上の敵を次々に一閃で倒せるんだけど、なかなか冷静に出せないですよね。僕も好きですね。ディアブロみたいに大軍を一網打尽にするというよりは、一体一体相手にする感じ」


O「ダクソみたいな感じですか?」
私「そこまでシビアではない、もうちょっとカジュアルですね」
M「そうですね。まあ基本は強い武器を見つけて強化して戦闘中に技を閃いてボカスカ斬っていく感じではあるから、SEKIROやダクソみたいな感じではないね。だけど、他のディアブロや何かに比べると、相手の動きを見極めて…という楽しみ方は強い。良く言えばその間を取った感じで楽しめるね」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。