【まとめの金曜日】今週話題になったゲームランキング5本!(9/18)


今週もお疲れ様でした。

ここ数日で大きな流れが押し寄せているのをひしひしと感じます。ついに次世代機PS5やXbox Seriesの発売日も公開され、ローンチを含むリリースタイトルも発表に。現行機も負けじとこのタイミングに隠し球で応戦。まさに新世代の幕開け。

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様の投稿を手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:9/11(金)〜9/17(木)

第5位:Xbox Series S|X

第5位は11月10日に発売が決まったXbox S|X。初代Xboxからの後方互換や4K画面と120fpsの映像、驚くべきはその価格。ハイエンドクラスのスペックを持つ次世代機でありながら、税別価格でそれぞれSeries Sが32,980円、Series Xが49,980円という驚きの安さとハードのコンパクトさ。充実したサブスクリプションサービスのゲームパスを使った遊び方次第では単純にスペックや対応ソフトの比較ではなく、PS5とは異なる遊び方が楽しめそう。

第4位:Marvel’s Avengers(PS4)

第4位は9月4日に発売されたPS4アベンジャーズ。次世代ハードの発表に紛れて多くツイートが見られ、やれバグが多いやらボリュームがどうこうやら言われつつも実際かなり楽しいと私の周囲のプレイヤーからは概ね評判良さげ。

オートセーブされるだろうし、多少のバグは笑って許せる度量が欲しいですね。非プレイヤーから見ると、バグもほらこの通り楽しそう。

第3位:ゼルダ無双 厄災の黙示録(NS)

第3位は11月20日に発売されることが突如発表されたゼルダ無双 厄災の黙示録。次世代ハードが次々に発表されるこのタイミングで突如登場したキラーコンテンツ。ハードのスペックではなくソフトの魅力で勝負する任天堂、3者の火花散る駆け引き。私もBotwでそれは感動したものなので、無双といえども動画見ただけで涙出そう。

ただし販売がコーエーなので、任天堂のカタログチケットは使用不可。ぐぬぬ!

第2位:Final Fantasy XVI(PS5)

第2位はPS5のソフト紹介でお披露目されたファイナルファンタジー16。クリスタルの加護を断ち切るための物語なのだそうな。個人的には久しぶりにこの中世ヨーロッパ的な世界観漂うFFで嬉しい限りですが、世間でも盛り上がっている様子。

新しいFFが出るたびに「もう二度とFFは買いません」とか不満言いつつも、私を含めまだまだみんなFF大好きなんだよね。

第1位:Playstation 5

第1位は11月12日の発売と価格が決まり、9月18日から全国で予約開始されたPS5。Amazonの予約は開始5分で予約が完了となり、以降例によって転売屋の餌食に。しかもそのお値段なんと40万。誰が買うかという法外な値段ですが、「間違って」買ってしまう被害者もいる模様。過去転売屋さんにインタビューした際に「お金を出してでも欲しい人のために買い置きしているようなもの」という意見をいただいたものですが、これは善意というよりももはや詐欺。

万一意図せず転売屋から高額な購入(予約)をしてしまったにも関わらず画面上からキャンセルできない場合は、Amazonカスタマーサポートに問い合わせれば良いとのことです。ご注意くださいませ。

次点:モンスターハンター ライズ(NS)

次点は9月17日にニンテンドーダイレクトminiで発表されたモンスターハンターライズ。モンスターも一新され和風ファンタジーになり空中ジャンプといった新しいアクションが追加されつつもそろそろ飽きてきたかな?と思うモンハンですが、人に誘われて遊ぶとやっぱり楽しいし、時を同じく同じく発表を受けた海外ではこの反応。まだまだ超人気コンテンツ。

同じくモンハンRPGコンテンツであるモンスターハンターストーリーズも出るようで、前回の子供向けビジュアルからゼルダbotwのようなシュッとしたテイストに変わっていて、大スペクタクル感が出ています、楽しみ。

以上、今週当アカウントのtwitterで盛り上がったタイトルでした。年末の商戦期に向けて予約から期待の新作まで戦いが始まった感がありますが、皆さま準備は万全でしょうか?私はAmazonでのPS5予約に失敗し、早くも出鼻をくじかれた感がありますが、ご覧いただいている皆さまにおかれましては無事定価で行き渡ることを願いつつ…!来週はどんなタイトルが盛り上がるのか? それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。 みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。