Nintendo Switchオンライン修理へ。到着までにかかった日数は?


Nintendo Switchが壊れてしまった。

症状は、microSDを読み込まなくなってしまったこと。スクリーンショットの画像を取り出したりなんかで出し入れしていいるうちに、スロットが壊れてしまったのかもしれない。

ということで、初の修理。

オンライン修理の依頼を申し込んでみたけれど、いつ完了して手元に戻ってくるのか?

実例として、工程と日数について残しておくことにしよう。

壊れてしまったSwitch、オンライン修理を申し込んで発送。

具体的にどんな症状かというと、Switchを起動していると、突然以下の通り「SDカードを使うには、本体を再起動してください。」という画面になってしまい、ゲームが続行できず。

ここ数年ですっかりダウンロード派になって久しくセーブデータはもちろんのことゲームのデータもmicroSDに保存しているので、それを読み込まないとなると全くゲームができないのだ。

困った。

ついでに、Joy-Conの片方もおかしいので、直しておこう。いつもレバーが上に押されたような動きをし、前方に進み続けるのだ。なんか前向きな感じでいいじゃないですか。とか、そういう話ではないのだ。

時には振り返ることも必要だよ、直ってきなさい。

新しくJoy-Conを買い直したけれど、最近は娘のお友達も家に遊びに来ることが多くなってきた。いつも3人までしか遊べなかったけれど、娘たちのためにもこの機会に修理しよう。

早速オンライン修理をホームページから申し込むことに。

画面の案内に沿って細かい症状や依頼人、そして見積額が一定の金額を超えたら連絡するかどうかなどの情報を入力。

注意書きとして、通常到着から10〜14日ほど到着までかかり、「年末年始などの繁忙期や、販売店に持ち込まれた場合はさらに日数がかかることがあります」とのこと。


年末年始って、まさに今じゃないか?もし私が林修先生だったとしても余裕がなくて「今じゃん!」とか言ってしまうだろう。

オンラインでの修理申し込みが完了すると、修理依頼票ができた。

こいつをプリントアウトして、故障したハードと一緒に同梱して送るのだそうな。了解。

というわけで適当な箱に梱包して送ることに。

送付は12月6日の午前中に配達依頼を完了し、京都にある任天堂の修理センターには翌日12月7日に到着するとのこと。

恐るべしヤマト運輸のスピード。

到着から3〜4営業日で受付完了、その後はトントン拍子で修理の進捗報告が!

発送してから京都の修理センターに到着したであろう日から3日後に受付完了のメールが。

承知しました。

きっと全国からの修理依頼が殺到している中で私みたいな一介のゲーマーのスイッチをこれからほじくり返して、どこが壊れているか今からチェックしてくれるんですね。お手数おかけいたします。

と、思ったら、同じ日の数時間後に修理代金の見積もりと決済の案内が。

なんと、受付から超速で見てくだすったというのか。

本体とジョイコン込みで修理費は8,000円、技術料として4,000円、オンライン修理受付で割引が入って税込12,540円。

メールに記載されたリンク先の案内にしたがって、修理進行の可否判断と決済をすぐに済ませる。

土日を挟んで決済から3日目に修理後の点検の連絡、さらにその翌日に出荷の連絡が。

翌日出荷のご連絡をもらった時にはすでに京都の修理センターからゆうパックの三重県四日市市の配送センターに届いていた。

三重県…松坂牛、伊勢海老食べたい。

ゆうパックは遅いイメージがある。チョッパやのヤマトに比べてゆうパックの配達員さんはもしかしたら道中松坂牛に舌鼓を打っているかもしれない。

発送から1週間で修理完了、9日で到着!

ゆうパックはヤマト便に比べて少し時間がかかるという謎の先入観もあり、開き直ってスマホで遊んでいるので別にゲームには困らないやとのんびり構えていた。

ら、配送連絡の翌日に来た!

おかえりなさい。

思っていたより早い到着。ゆうパックは遅いかも…と考えてしまい、とても申し訳ない気持ちになりました。

メガテンも途中だったし、年末年始の帰省で道中暇になるところだったので助かりました。

しかし、Switchの割に箱がデカいぞ?

開けてみた結果、

俺のSwitchが白い風船に

マジか。

SDカードを読み込まないと思ったらSwitchじゃなくて白い風船でしたか、そりゃ読み込むはずないわ。お米でできたおせんべいでチョコレートを挟んだお菓子だからね。

違う、これは別で注文していた亀田製菓の白い風船だ。

ふざけんな!

いや、これはこれで大変美味しい。

と、思ったら今度こそ来た。

そうそう、このサイズ感。

なんかさっきのはデカいと思ったのよ。白い風船12袋も入ってるからね。

ということで、送ってから9日で到着した修理済みSwitch、今度こそおかえりなさい。

結果、東京から発送した翌日に京都の修理センターに到着、1週間後には修理完了、9日目に自宅へ到着しました

中に同梱されていた修理明細票を見た結果、なんとSDカードスロットだけの問題かと思っていたら、メイン基板と液晶にも交換になったのだそうな。

虫歯の治療に行ったら芋づるで別の歯も虫歯がありましたので治療しちゃいましょうか、みたいな感じですが、直ってしまえば晴れやかな気分。

今回かかった日数は以下の通り。

もちろん症状やシーズンによっても前後するとは思うけれど、思っていたよりも短い期間に直してくださった任天堂の修理センターのご担当者様、そしてゆうパックの配送業者様、ご対応ありがとうございました。お手数おかけいたしました。大事に使います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。