続々々々々:FE風花雪月 最高難易度ルナティックを簡単に進める方法を試す。完結!


ファイアーエムブレム風花雪月、最高難易度ルナティック、引き継ぎなし、いわゆる「なしルナ」をついにクリアしました。

学級は未クリアだった金鹿。モードは倒されると復活できないクラシック。

「スキルが揃わない序盤が一番キツい」と言われるルナティックですが、実際今回技能レベルをガンガン稼ぐ方法を実施してクリアに至るまで簡単に進められたのか?

ご報告です。

ルナティック、スキルさえ揃えば恐るに足りず!

そもそもこのルナティックは他の難易度に比べて獲得できる経験値が少なく、レベルもロクに上がらなければスキルもなかなか習得できず。

普通にプレイして、本当に技能レベルは最大S+にまで上がるのだろうか!?絶対上がらないでしょ!?任天堂さんよ!?裸一貫で戦えって言うのか!(そういうモードなんだからそれで正解です)

そこで、今回試した生かさず殺さずフリー戦で技能レベルをコツコツ増やす技を試した結果、序盤から主要なスキルをメキメキ習得。

おかげで、序盤〜中盤においては「ルナティックはこの程度ですか…」とドラゴンボールのフリーザのような気持ちで進めておりました。

ところが。

シナリオが進むにつれて、思わぬ場所から敵増援が登場し、同ターン中即行動してくるマップも。

つまり不意打ち。

一撃死も珍しくないルナティックにおいて不意打ちは無条件でユニットをロストすることを意味する。

スキルは充実しても、打たれ弱さまでは補えず。

どこでどの増援が来るのか?各マップの展開を知っていなければ詰む可能性も大いにありそう。

今回は最も進めやすいという金鹿ルートだったけれど、スキルを充実させていたこともあって初めてのルートでも詰むことは無かった。

体感で言えば、ルナティック、なかなか難しかった。

けれど、スキルを揃えた今回の施策によって割と雑な動きをしても何とかなったし、騎士団の計略だったり固有武器はほとんど使わなかった。脳筋も可。

ルナティック、特に難しかったマップは?

強がってみたけれど、中盤〜終盤ではそれなりにキツいマップもございました。

一番の難所と呼ばれる「再会の夜明け」は、直前のシナリオから準備不可の連戦であることをすっかり忘れていたけれどそのままクリア。

フェイルノートは使ったけれど。

ふーん、ここが難所ね。そうですか。ルナティックも大したことは無いな。

ところが。

さすが2部になると、マップの展開を覚えるまでゲームオーバーになることも出てきた。

また、倒しても倒しても無限に増援するシナリオも出てきたりして、根負けしそうになった。

私にとって最初の難所になったのは、EP.14のガルグ=マク籠城戦。

メンバー固まって動くのが鉄則であるルナティックにおいてユニットの開始位置がバラバラなだけではなく、機動力のあるペガサスナイトが無限に登場するという悪魔のようなマップ。

倒しても倒しても猛スピードで増援してくる。

以降も向かい風の中チャリンコを立ち漕ぎするような思いで少しずつ前へ進むようなマップが続き、最も絶望したのがEP.21の「光の届かぬ都」。

マップ自体の難易度はそこまでではない。

例によって、味方ユニットの開始位置がバラバラではあるけれど、合流してしまえばいつも通り一体ずつ誘き寄せて討伐。

敵の数も多いのと、巨大なロボットが無限に出てくるので、経過ターンは多くなり長期化したけれど。

だがね、そのマップのボスが強烈過ぎたのだよ。

3時間もの長期戦の末、ボス直前に無条件で全員大ダメージを受ける「メガクエイクΣ」発動。

全員HPを全回復させているにもかかわらず、3人死亡。

これらの打たれ弱い子達には「Mシールド」で防御を高めておく必要があるとかで、既にMシールドを使い切ってしまっていたためにターンを戻せる天刻の拍動の意味も無くゲームオーバー。

このマップでここまでにかかった約3時間は全て水の泡に。

このメガクエイクΣを考えた人間だけは許さない。メガシャキを10本くらいバケツに移してだね、そいつを一気飲みさせて10日間一睡もせずに「Σ」の漢字書取りを強要したい。

そんなことさせて何があるんだ?と思い、気持ちを落ち着かせるためその後10キロ走った。

続く最終ステージ。

かかったのは61ターン。下手くそか!

敵の数はとんでもなく多かったけれど、回避率の高まる森も多く無限増援も無かったためどうということは無かった。

ラスボスは一発殴ると玉座からよっこいしょと動き始める。

そのまま砦に誘い込んでスキル条件さえ整えれば相手からの命中率も一桁にまで下げることができるので、余裕だった。

ルナティックで活躍した仲間、そうでない仲間は?

大活躍したのは魔法系キャラ全般。

弓ゲーと言われる本作。射程距離の離れた位置から攻撃したり誘き出したりする弓は確かに有能だったけれど、いかんせん弓キャラの火力が弱くてチクチク削るのが関の山だった。

一方で魔法はキャラの回避率、防御は全くもって期待できないけれど、全般的に火力が高く、距離さえ保てば敵ユニットをガンガン削ってくれた。

特にリシテアは優秀過ぎで、ほぼ全ての敵ユニットを一撃で葬り去ってくれる化け物キャラとして育った。

おまけにローレンツ外伝クエストをクリアしてもらった報酬「テュルソスの杖」とやらを装備した日には射程距離が+2され、とんでもない遠方から一撃でユニットを減らしてくれる。

「先生、お願いします。」「うむ、参ろう。」みたいなノリで蹴散らしていくレテシア。お世話になりました。


一方で、世間では強いと言われる学級のリーダーであるクロードも、おかっぱのイグナーツも全然強くなかった。

成長の吟味もしなければ運も悪かったのだと思うし、レベルアップ時に補正もある程度意識したものの、思った通りに育ってくれず。

イグナーツは回復役に徹し、火力は無いけれど回避率の高いクロードは囮や足止め役として活躍していただいた。

俺の趣味が何だって?

火力も耐久力もあり割とマルチに活躍してくれたのがゴリラくん。

一人称は「オデ」で、食いしん坊キャラなのがまた良し。ちびまるこちゃんで言う小杉みたいな、食いしん坊万歳で言う松岡修造みたいなキャラです。君にもお世話になりました。

そしてタイトル画面も変わりました。

引き継ぎなしのルナティッククリアに伴い、ついに私の風花雪月もタイトル画面が黄色くなりました。

こちらが通常版。

そしてこちらが勝者にのみ与えられた証。

刮目せよ!

眩しい…。

ついにやったぞ…。

この喜びを誰かに見ていただきたい。

最寄りの京王線に乗ってですね、同じ車両の方たちに片っ端からウザく絡んでこの金のタイトル画面を見ていただきたいので、もしもそういった危ない人間が京王線に現れましたとニュースで報じられたらそれはきっと私かもしれません。

そうですか、もう一度見てみますか。

うーむ、感慨深い。

ありがとうございます。

やっぱりゴールドっていうのは良いですね。

その昔「最高で金。 最低でも金」と名言を残した柔道家がいたようですが、ごめんなさい、今でもちょっと意味がよく分かっていないです。

なんですって?もう一度ご覧いただきたいと。

あ、消えた。

玉座で寝ているソティスが居なくなっている。そういうパターンもありますよね。

いやしかし面白かった。

今度は経験値もガンガン稼ぎ、俺TUEEプレイでもしようかな。と思ったけれど、詰みゲー多数なので一旦ここいらで区切りにしよう。また止まらなくなってしまうので、迂闊に触らないようにしておかねば。ファイアーエムブレム、恐るべし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。