ファミコン〜PS4までゲームで遊べるバー!都立家政「アーシュク」を取材しました


先日「街のゲーマー女子」で取材させて頂いたAYAさんから、「都立家政のバーにゲーム機がたくさんあった!」と写真付きで連絡を頂きました。

そういえばファミコンができる所謂ゲームバーなるもののは都内各所に点在してはいるものの実際に行く機会もなかったため、良い機会なのでお伺いすることにしました。

場所は東京中野区の西武鉄道新宿線「都立家政駅」から徒歩3分にある「シューティング&ダイニングバー アーシュク」です。

ここ都立家政駅は西武新宿駅から20分足らず、決してターミナルとなる大きな駅ではなく、どちらかというとこじんまりとした街ですが、駅前の大型スーパーや商店街では生活に必要な物は全て賄え、少し歩けば閑静な住宅街となります。非常に利便性の高い街ですが、駅前の小さな商店街を抜けた先にそのお店はありました。

夜の都立家政駅前の商店街に、煌々と輝くマリオカートの画面!

お判り頂けますでしょうか?正面の建物の2階、静かな夜の商店街で一際カラフルに煌々と輝いているスーパーファミコン「マリオカート」の画面が!もしやここが例の場所なのか?(AYAさん、二度目のご出演ありがとうございます)ということで意気揚々と店内に入ってみることに。

「アーシュク」マスターご紹介


店長:遠山こうやさん(写真左)
チーフ:山田高央さん(写真右)

私「スーファミが置いてあると聞いて来てしまったのですが、「シューティング&ダイニングバー」ということは、シューティングがメインなんですか?」
遠山さん(以下「こ」)「三つ巴くらいです、ご飯とシューティングとゲームと。」
私「ゲームを置こうと思ったのはどちらの提案なんですか?」
こ「山ちゃん(山田さん)ですね。2016年の12月に開店して、もともとは(PS)VRを導入しようと思ってたんです。ただ時期がどんどんずれちゃって、じゃあ先に気軽なスーファミから導入しよう!って。」
私「ということは、ゆくゆくはVRも置きたいと考えてらっしゃるんですか?」
こ「そうです。」
私「PS3、PS4、ファミコンもあるんですね。カセットのラインナップが渋いな、これ、好きな人はたまらないな…。」

聖闘士星矢、北斗の拳2、フィールドコンバット等、知っている人にはたまらないソフトが並びます

山田さん(以下「山」)「昔のゲームって面白いですよね。そういえば、ゲゲゲの鬼太郎のアクションゲームご存知ですか?」
私「横スクロールのやつですか?妖怪大魔境かな。」
山「はい、あれが未だにクリアできてなくて、あれいつかクリアしてやろうと思ってるんです。」
こ「次に鬼太郎のカセット買おうと思ってるんですよ(笑)」
私「(笑)ちなみにPS3の「Call Of Duty」とか、結構コアなゲームも見られるのですが、これはどちらの趣味なんですか?」

ファミコンなどのレトロゲーのみならずPS3、PS4等新しいハードもあり

こ「これお客様の持ち込みなんです、差し入れになるんですかね…。」
山「7割くらいがお客さんからの持ち込みです(笑)」
私「PS3、PS4本体は?」
こ「それはお店のものですね。」
私「でも、お店の売り上げとか回転とか経営面考えると、ゲーム機置いてあるのってむしろ妨げにならないですか?ゲームに熱中している途中で「あ、お酒飲もう」とか「あ、ごはん食べよう」って思わない気がして…。」
山「そこは皆さん大人なようで「じゃあ勝負しよう!」ってゲームした後に、罰ゲームやご褒美が付くので。」
私「じゃ負けたら一杯ね!とか?」
こ「そう、奢って!とか。ストツーやって「負けテキーラ」「負けウォッカ」とか(笑)」
私「(笑)じゃベロンベロンになる人とかいそうですね。」
こ「時々いらっしゃいます(笑)」
私「例えば常連になって「これちょっと面白いからみんなでやろうよ!」なんてソフト持ち込んでも?」
こ「もう全然、有難いくらいの提案です。」

と喋っている間に、紹介してくれたAYAさんが、知人の家よろしくマリオカートをやり始める

お店のおすすめ料理は?

私「おすすめの料理は何でしょうか?」
こ「ナゲットはおすすめしています。ナゲットって、ちゃんとしたナゲットって食べた事ないし、どこ行っても冷凍の同じ味かなあと思っていて。「バーだからちゃんと作ってみないかな?」って山ちゃんに提案して。」
私「僕メニュー見て、まさにその冷凍のものが出て来るのかな?ってイメージしてたんですけど…?」
こ「肉から衣からちゃんと作っています。あとはソースもニンニクとバターとマヨネーズを合わせた手作りのものです。」
山「アイオリソースというものです。」
こ「あとバーベキューソースも自家製です。」

サクサクと香ばしい衣をかじると中から肉汁がジワリと溢れ出ます、これが本物のナゲットか!

山「あと黒毛和牛の生ハムユッケも美味しいですよ、厚切りの脂の乗った和牛生ハムだから、濃厚しょうゆと胡麻油の卵黄の組み合わせが調度いいです。」

贅沢な食べ方でありながら480円という手頃な価格の黒毛和牛の生ハムユッケ

私「これなら安心してユッケが食べられます(笑)」
山「でもおすすめ料理は正直「全部」って言いたいですね。メニューも少しずつ改定していくので、こんなのあったらいいな、とかあれば是非教えて欲しいです。」

キッチン担当の山ちゃんが目の前で料理してくれるオープンキッチンでの音と香りが食欲をそそります

ページ2「お店に来る客層は?」


この記事へのコメント

  1. アーシュク最高ですね 私も行きました エアガン撃ちまくった後のクオリティの高い料理の数々たまりません ハマッテしまいました

    1+
  2. 【新情報】
    pcエンジン 入りました。
    ボンバーマン+コントローラ4個。皆で遊べます~♪

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。