クソゲーかと思いきやこれはこれで良ゲー?「ポケモンLet’s Go!」10時間プレイした感想


Nintendo Switchポケモン新作「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」プレイ中です。直近でプレイしたシリーズはニンテンドーDSのダイヤモンドだったか、ゲームボーイアドバンスのものだったか。いずれにしてもかれこれ10年以上も前。その長さもあって、過去作とのギャップにせめぎあっていました。

ポケモンくらいは触っておかねばと何も調べず衝動的に購入したのがまずかったのか?ポケモンってこんなだったか?あの世界のポケモンだよね?ゼルダの伝説で感じたスイッチのポテンシャルってこんなもんだったか…?などなど様々な違和感が。

つまり平たく言うとクソゲーなのか…?いや、認めたくはない。と、前置きを長めに置いてしまうあたり保身に走りまくっているわけですが、一旦ポケモンの先入観を捨て去って遊んでいたところ、これはこれで面白い?と思い始めました。ということで、プレイ時間10時間時点での感想を。

野生ポケモンとのバトルが無いことの違和感は払拭。

なんと本作野生ポケモンとのバトルが無く、戦うのは定位置に配置されたNPCとのバトルのみ。野生ポケモンはというと、スマホの「ポケモンGO」のようにスイッチ本体を傾けながら狙いを定め、ポケモンボールで捕まえるだけ。攻撃してくることも一切なく、我々プレイヤーはひたすらポケモンボールを投げつける。捕獲に失敗すれば逃げられて終了。野生ポケモンって、エンカウントした後で手持ちのポケモンとバトルをして経験値を稼ぎ、レベルアップさせるんじゃなかったか…?

あまりにも自分が事前情報を調べずに「ポケモンだからとりあえず無条件で楽しいだろう。ポケモンを弱らせてモンスターボールで捕まえて、ポケモン図鑑を埋めていくのが正しい遊び方だろう。」という乱暴な先入観から感じる違和感であることは間違いなく。

が、10時間プレイしているうちに、極めて単調ではありつつも、ポケモンを発見して捕獲する本質そのものは楽しめるし、経験値もちゃんと獲得できる。このシステムはまあこれはこれでという気持ちになりました。もちろんこの操作そのものが飽きずに楽しめるか?と言われれば推して知るべしといったところ。

バトルのシステム、動きはシンプル(単調…?)

NPCとのバトルは基本的には1対1ポケモン同士で戦う極めてシンプルなもの。であるが故に、捕獲の方法はバトルではなくても良いのかなと思い始めたのも事実。

ただし、基本的には敵味方のポケモンはそれぞれのターンにおいてはその場でアクションを取り、お互いに近寄ることは無し。巨大なドラゴンや凶悪な魔術師がどうこうするリアルでド派手な内容ではないのは重々承知ですが、この時代にもう少しキャラクター同士の動きに相互の反応やバリエーションはもう少し欲しかったところ。

グラフィック面も驚きは特になし。ただしパートナーキャラクターは贔屓された可愛さ!

もちろんポケモンだけに子供でも楽しめるような造りになっているべきだし、視点をグルグル回転させる必要も超リアルな美麗グラフィックに寄せる必要もないだろうけれど、それにしても街並みやフィールド、ダンジョンなどのグラフィックは 簡素で視点も固定。

簡素な中にも「おっ?」と思わせる表現が見え隠れすればさすが世界のポケモン様だと納得感もあるのだろうけれど。冒頭で申し上げた通り、ゼルダの伝説やマリオオデッセイをプレイした後ではどうしても見劣りします。

普段ゲームをしないプレイヤーや子供にとってはこれ以上無いほど分かり易そうと思える一方、ハードのに伴った映像技術や表現に期待をするプレイヤーにとっては物足りなく感じるのもまた正直なところ。

ユーザビリティはまずまず

細かい触り心地にはやや気になる点も。例えば、簡素なグラフィックでありながら建物の中に出入りする時に妙にロード時間が長かったり、表示速度のゆっくりなコメント送りには常にAボタン連打を求められたり(これも表示速度カスタマイズ機能を設けて欲しいという贅沢機能であると言われればそうなのかもしれないけれど)。

ポケモンのチーム編成も、なぜかメニュー内にある所持ポケモンボックスの次の階層で編成する必要があり、地味に不便。よく使う機能なのであれば、メニュー内にあってくれてもよさそうなもの。

我慢できないわけではないし、遊べないほど致命的なレベルではないけれども、あれこれ贅沢機能を敢えてか省かれている反面、不便さや何かモヤっとする部分は多い。

カジュアル層向けなシンプルなポケモン。ゲームはこれからの子供でも楽しめそう。

想像(理想)と現実とのギャップを感じていたのは自身の事前調査があまりにも少なかったのは大きな原因の一つでしたが、ポケモンとはこうあるべきという先入観を取っ払ってからは、このポケモンレッツゴーの楽しさを徐々に感じられるようになりました。

ゲーム性以外の面でも単純にピカチュウは可愛いし、ゲームボーイ版初代ポケモンのリメイクだけあってキャラクターのセリフも懐かしい。エンカウントもランダム型からシンボル型に変わり、無駄なバトルを避けることによって進行もサクサク進むので、時間の取れない社会人にとってもサラッと手軽に遊べそう。

全てにおいて極めてシンプルでわかりやすく毒も無いため、娘を持つ身としても、子供にも安心して遊ばせられそうでもあります。

当初はそのパンチの無さに戸惑いもありましたが、引き続きプレイを続けてみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。