「エースコンバット7スカイズ・アンノウン」VR酔いの度合いは?プレイした感想


発売延期を繰り返し、やっとお目見えとなりました「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」!本作の見どころはなんといってもPSVR対応。私自身、今回はほぼそれ目的と申し上げても過言ではありません。

が、ここで気になるのは「VR酔い」。マッハを超えるスピード感溢れるドッグファイトは視点がグルグル回転すること必至。そもそも戦闘機の操縦だって訓練に訓練を積み重ねたエースのみ耐えられるわけで、お菓子ポリポリつまみながら働く私のようなデスクワーカーが体験しようものなら即酔って墜落するのでは。

ということで、実際に本作のVR酔いはどの程度か?検証してみました。

の前に、プレイヤー(管理人)の酔い度合いについて

このVR酔いは個人差が大きいため、酔い易いと聞いても実際プレイしてみるとそんなでもなかったり、逆に「酔いにくい造りになっている、素晴らしい!」と賛美されているからと余裕をかましていると痛い目を見ることも。

ということで、本作の酔い度合いをご紹介する前に、まずは私管理人のVR酔い耐性、度合いについて。

同じフライト系、浮遊系、スピード系+αのプレイ済みPSVRタイトルで比較した私主観の酔い度合いはこちら。

字が小さくてごめんなさい

かなり幅がありますが、スピード系アクションで言うと、ロボットに搭乗してアリーナで戦う「RIGS」あれは激酔いでした。似たゲームで言うと、アーマードコアのような内容のアクションで、コックピットから上下左右をぐるぐると見回して索敵しているうちに、どっと疲労感、倦怠感が。

思い出すだけでゲロ吐きそう。

一方で同じく超高速で直進するリズムアクション「thumper」はさほど酔わず。

また、上記2タイトルほどのスピード感は無いものの、鷲になってパリの街を飛び回る「eagleflight」は酔いも浅く、箱庭の世界をワイヤーで縦横無尽に飛び回る「windlands」はかなり酔いが強かった印象です。

windlands、こちらも思い出すだけでこみ上げるものが。

それぞれの共通部分で比較すると、速さは特に酔いの強さに影響しておらず、頻繁にグルグル周囲を見渡すものに弱いのかもしれません。ということは、今回のエースコンバットはeagleflightに近く、スピード感はあるけれど酔いはそれほどでもないのか…?

補足までに、先日やっとプレイしたRPG「skyrim」は究極の酔いがやってきて地獄でしたが、これもやはり周囲を頻繁に見渡す系。

タイトル見るだけでもクラクラしてきた

考えていても始まらない。ソフトは既にあるのだ、やってみよう。

いざプレイ開始!開始直後はほぼ酔わず、爽快!

改めてエースコンバット7を開始すると、メインメニューにVRのモードを発見。

最初の段階ではこのVRモードはインストールがされておらず。また回線が込み合っているのか、このVRコンテンツのインストールがまたとんでもなく時間がかかりました。ということで、夜中にインストールをしておき、早朝にプレイ。


本編とは独立したミッションになっており、今回は本編そっちのけでVRモードへ。また、基本操作を覚えるべく難易度はイージーに。

メニュー画面は、戦闘機が格納されているハンガー、すげー!自分は目の前のこの機体にこれから乗るわけだ。期待に胸膨らみます。

ミッションと装備を選択し、いよいよゲーム開始。

視点は戦闘機のコックピットに乗っているような主観視点、凄い!

そして離陸の瞬間…

やめて!止めて止めて!

空母の滑走路を凄いスピードで走り、離陸!ジェットコースターが発進するような高揚感!

離陸してから下方を見下ろすと、見渡す限りの海と点在する島の数々、超綺麗。

うわ〜、きれ〜

基本操作を確かめながら飛行すること3分、本ミッションの対象である謎の飛行部隊を発見!

この時点ではまだ酔いはほぼゼロ、余裕です。コックピットから海の水面を眺めてちょっと感動しているくらいの余裕も。

相手の部隊からレーザー照射を受け、無線で信号を送るも攻撃されて応戦。どこかで聞いたような話ですが、レーザー照射を受けるということはつまりそういうことなのか。まるで今日を予知していたかのようなシチュエーション。

そしてドッグファイト開始!

コックピットから複数の敵機の位置を確認しながら、コントローラーでターゲットの機体を追いかけます。コックピットから上下左右を見渡しながら、飛び回る相手の索敵はとにかく忙しい。これまでの3Dシューティングとは操作感、体感が全く違います。

そして敵が速い!が、次々にロックオンし、一体ずつ確実に敵を撃墜していきます。自分、凄い!まあ難易度イージーですけど。


時間にして5分程のドッグファイトの末、謎の飛行部隊を全て撃墜!

この時点でやや首に疲れが、怪しい予感。

ところがまた別の方向から敵部隊が到来しているため、迎撃に向かうよう司令が。ちょっと待ってくれ、休憩したいかも…。という若干倦怠感が出てきた体に鞭打って、ぐるりと向きを変えます。

15分経過、ドッグファイトで徐々に酔いが…

基本操作にも少しずつ慣れ、先のドッグファイトから3分ほどで新たな敵部隊の元へ到着、再びドッグファイト連戦。プレイする姿勢は心なしか猫背に。

そう、徐々に酔って参りました。

プレイ中の中断も可能ですが、ゲームとしての面白さにのめり込み、続行!自分はエースパイロットなのだ、ここで逃げ出すわけにはいかない!

本物のパイロットも、小脇にエチケット袋を常備しているのだろうか…

ミッション開始から約15分、ノンストップでプレイしておりますが、確実に酔いました。休憩したい、そして横になりたい。

この酔いが操作にも影響を及ぼし、被弾して初の墜落、痛恨のミス。チェックポイントから再開します。

この時点で基本操作はほぼ覚えたため、猫背フォームで酔いと戦いながらも再びドッグファイト。殲滅するのが先か、はたまた自分が吐くのが先なのか?敵は相手部隊なのか、あるいは自分自身なのか?

楽しいから続けたい。続けたいけどもう止めたい…

吐き気と面白さのせめぎ合いの末、フラフラ操縦しながらなんとか敵部隊を殲滅!終わった!もうダメ!

オペレーターからもミッション終了の無線が入り、無事帰艦。

酔いの度合いは飛行中は弱く、周囲を見渡す激しいドッグファイトではやや強め

エースコンバット7VRモード、時間にして30分プレイしてみた印象として、飛行するだけであればほぼ酔いは感じませんでしたが、周囲を頻繁に見渡す必要のあるドッグファイトではなかなかの酔いを感じました。

他のPSVRタイトルと比較した個人的な酔いの強さはこちら。

同じく飛行系の「eagleflight」に近く、それよりも周囲確認の頻度が高い分若干エースコンバット7の方が酔いが強いかな、という印象です。

私の経験上、このeagleflightも最終的には全く酔わずにプレイすることができるようになりましたので、このエスコンも慣れる可能性は高そう。酔いはさておいて、今回臨場感が凄い。そして、もちろんゲームとしても楽しい!

今回プレイしたミッションは概ね20~30分程度。途中でポーズすることはできるので、途中でヤバいなと思ったら無理せずに休憩を挟みましょう。

これまでエースコンバットシリーズをいくつかプレイしてきましたが、戦闘機の操縦というものはこんなにおっかないのか!もちろん実際の体感とは全く違うのでしょうが、擬似的にでもこんな体験ができる日が来ようとは。

ただし、このVR酔いには個人差があります。プレイ予定、もしくはプレイ中の皆様は、くれぐれも無理をしないよう休憩を挟みながらプレイしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。