「ディアブロ」って何が面白いの?初心者も楽しめる?プレイヤーに聞いてみた。


スイッチ版「ディアブロⅢ エターナルコレクション」がリリースされました。これでいつでもどこでも持ち運んでディアブロができる!ローカル通信でマルチプレイも可能!ということで巷で静かな盛り上がりを見せているディアブロですが、名作でありながらメジャー国産RPGに比べるとやや目立たない印象。

これに興味を持ったシリーズ未プレイのメンバーを中心に、ディアブロって何が面白いのか?ゲーム仲間同士で会話いたしました。

ディアブロについて語るメンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘4歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームはPS4「ジャッジアイズ」。ディアブロはPS4の3をプレイ済み。

M氏
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG、格闘ゲーム
夜になるといつもPS4かSwitchかがオンライン状態。おしゃべりで優しいアニキ。プレイ中のゲームはジャッジアイズとBattlefieldV。ディアブロは1、2、そしてPS4版の3と全てプレイ済み。

O氏
20170310111984年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。プレイ中のゲームはスマブラSPとジャッジアイズ。周囲の盛り上がりからディアブロ3に興味を持った模様。

A氏
1975年生まれ
男性
未婚
好きなジャンル:アクション、バイオハザード、HORIZON ZERO DAWN、等
上記M氏の職場同僚。穏やかで真面目なジェントルマン。M氏と一緒にFPS系ゲームをする機会が多く、ディアブロも3をPS4版をマルチで一緒にプレイしていた。

やめ時が分からなくなる!プレイヤーをダメにする?ゲーム

О「「ディアブロ(3)」が気になっていて、楽しいんですかね?」
М「古いね。楽しいよ」
О「なんか3がスイッチで出たみたいで」


М「出たよね。買ってない、ディアブロをゴロ寝でできるんでしょ?絶対そればっかりになっちゃうから(笑)3はPS4で持ってたけど。Aさんとちょっとやりましたね」
A「やりましたね」
О「おおお、どうでした?」
A「僕はなんか合わなかったですね」
M「そう、ちょっと無理やり付き合わせちゃった感ありましたね(笑)」
A「いえいえ、Mさんとマルチでやってる時は面白かったんです。ただ、改めて1人でやっていると、かなり作業だなっていう。作業も楽しいは楽しいんですけどね」
M「管理人さんやってましたよね」
私「やりました。僕は作業が好きなのでPS4版やりましたけど、楽しかったですよ。やり込みまくるには至らなかったですが。ハマりかけて「あ、これ、絶対人間ダメにするわ」って思って、意識的に中断した記憶が(笑)」


M「勿体無い(笑)やめ時分からなくなりますからね、罪なゲームですよ」
私「なります。あれって単に装備を強くするだけじゃなくて、レベル上がるとちゃんと基礎値も強くなって、新しいスキルどんどん身につけて。要はやった分だけ報酬がちゃんと貰える 」

爽快感、挑戦と報酬が魅力!遊び方はシンプルで初心者でも楽しい

О「トルネコみたいな感じですか…?全然違うか(笑)」
私「全然違う(笑)全く違う」
О「(笑)RPGですよね?アクションRPG?youtubeを見よう…」
М「アクションRPGだけど、俗にいうハクスラってやつだね」
O「モンハンみたいな楽しみ方ですかね?強敵から素材を剥ぎ取って強い武器、防具を作る、みたいな」
M「それも違う。モンハンはどっちかというとプレイヤーの腕に依存するところがあるけど、ディアブロって戦闘自体は凄くあっさりしていて」
私「どっちかというと無双みたいな感じですかね?」


M「無双の方が近いですね。捉え方によっては無双もハクスラに括られますしね。ワラワラやってくる敵をズバズバ蹴散らすみたいな。で、強い装備を手に入れて、さらに強い敵をドカドカ蹴散らす。爽快感ですよね、ディアブロ」
私「あれなんて近くないですか?「How to Survive」。あれよりもっとザクザク倒すか、ディアブロ」


M「近いですね。ノリも似てますよね、ゾンビか悪魔か。ああいうのバッサバッサ倒すのにあっちの人は抵抗無さそうですよね」
私「ちなみにAさん、どのあたりが合わなかったですか?」
A「アクション性があまり感じられなかったとこですね。MMOみたいに殴り殴られしてて、タイミングにあわせてスキルや魔法を発動する感じが暇すぎて。夜やってるとどうにも眠くて(笑)」
О「全体的にもっさりしている感じですか?」
М「もっさりっていうのとは違うかな。戦闘が基本オートじゃないですか。そこでゲージが溜まればたまにボタン押す感じで」
О「なんとなくそんなスマホゲーがありそうですね」
М「オートで気軽に楽しんで…みたいな人が意外とハマるかもね。気軽に楽しむつもりがどっぷりハマる可能性あるけど、やっぱり奥が深いから。やりこみも半端ないし」
A「昔からあるPC発祥のMMOではスタンダードな仕様ですね」
M「でもディアブロは好きな人は好きなんですよね。なのでО君とかもやってみたら気に入るかもよ。基本的には簡単なんだよ。だから、洋ゲーで何か理解するの難しそう…みたいな人がいるかもしれないけど、実際そんなことはなくて」
私「パッケージで損してますよね」

ディアブロ III エターナルコレクション -Switch

M「とっつきにくそうな、小難しそうな絵柄ですからね(笑)」
O「それは思いました。なんかダクソみたいな感じで、一見さんお断り、初心者お断りみたいな?とか」
M「全然そんなことないけどね」

本編はチュートリアル?やり込んでからが本番

私「ディアブロってレアな武器、防具とスキルを組み合わせていろんな戦術が楽しめるのが良いですよね」


М「レアは出なさ過ぎて。やり込めますね。やり込んでからが本番なところはあります。「すげー武器手に入った!」とか思った数分後にはさらに強い武器とか手に入っちゃいますけどね(笑)もう本編とかチュートリアルですよ」
私「Aさんの言うタイミングに合わせてスキル発動はそう思います。敵が弱いと作業になりがちかも。ずっと全体攻撃し続けるとか…」
A「ですよね」
私「個人的には全然嫌いじゃないんですけどね、作業。やった分だけちゃんと強くなるし。あと、今回ゼルダコラボがあるみたいですよ」


O「え!何ですかそれ!」
M「「ガノンドロフの鎧」とか装備できるんですよね」
O「それだけでやりたいんですけど(笑)」

お膳立てJRPGとは真逆!

私「RPGと言っても日本のとは全然違いますよね。洋ゲー独特のテイスト。そもそもRPGに括るのもちょっと違うような」
M「日本のRPGなんかとは対局に位置しますよね。なんていうか、お膳立てされた「一本道を進んでくださいね。ここでレベル上げて、ストーリー読んで…」っていうのではなく、もう場所だけ与えたから後はもう好きにやってよ、みたいな。JRPGもやり込みはあるけれど、ディアブロは基本クリアしてからが本番」


私「それまでは本編もチュートリアルみたいなもの、みたいな」
M「そうです。JRPGはここで街に寄って、この武器を買って…っていうのが決まってるじゃないですか。そういうのが好き、安心できる、みたいな人は抵抗あるでしょうね。ディアブロって序盤からいきなり物凄い強い装備とか手に入る」
私「どっちかというと僕もJRPG好きなんですけど、ディアブロ好きでしたけどね。あれってレベル上げるとちゃんと強くなっていくじゃないですか。スキルちゃんと覚えて」


M「挑戦と報酬のバランスも良いですよね。基本はその繰り返しなんだけど、時間をかけた分だけ強くなる。で、またザクザク敵を倒す。結局人を選ぶっちゃ選ぶけど、食わず嫌いは勿体無い典型だと思う。気になったらやってみたら良いと思う。思っている以上に遊びやすい。スマブラとか中断するかもよ(笑)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。