続・プレイヤーに聞く「SEKIRO(隻狼)」の感想。死にゲーベテランでも死にまくり!


先日に引き続き、PS4「SEKIRO(隻狼)」。前回はこのSEKIROが初心者でも楽しめるのか?について話しましたが、今回はやっと私管理人もプレイ開始。ダークソウルをプレイしてきた私ですがこんなに倒されるのか?というほどダクソに負けず、それ以上の「SHINOBI EXECUTION」を経てどうにかこうにか進行中。

同じくプレイ中の知人と、改めて本作の難易度や楽しさ、進捗について語って参りました。

「SEKIRO(隻狼)」について語るメンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘5歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームはデビルメイクライVとSEKIRO。常に積みゲーに追われているのに寄り道、衝動買いも多め。

M氏プロフィール
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつもPS4かSwitchのどちらかがオンライン状態の人。おしゃべりで優しいアニキ。現在「隻狼(SEKIRO): SHADOWS DIE TWICE」プレイ中。これまでダクソやブラボなどの死にゲーも散々やってきたのに今回ばかりは苦戦中。やっとクライマックスが見えてきた模様。

O氏プロフィール
20170310111986年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。мさんと同じくSEKIROプレイ中。やはり難易度が高い模様で四苦八苦。ソロゲーが多いけれど、APEX LEGENDSなどのPVPシューターもプレイする。

SEKIRO、初心者お断り!?最初のボス突破率が6割未満?

私「やっとやり始めました、SEKIRO、序盤のボスから苦戦しまくりです。30回近くは倒されてます」

O「全然余裕です。僕も同じくらいやられてますね」
M「最初のボスなんですけど、コイツのトロフィー獲得率59%らしいです、買った人の4割がそれ以上進んでいないみたいです
私「低!」
M「ブラボのガスコイン神父みたいな低さですね」
O「ガスコインってめっちゃ最初じゃないですか(笑)」
M「昔ガスコインのトロフィー獲得率が2、30%くらいだったんです、ブラボ。7割が諦めたみたいになってますね」
私「あそこまで30分ぐらいですよね(笑)」
M「でもそれくらい難しくないですか?クリア率が10%をやっと超えたとかなんとか。それくらい難易度高いのに海外では絶賛されてるみたい。シナリオなのかなぁ」
O「難しいですよね。あと正規ルートが分からなくて迷ってます。平田屋敷と芦名城どっちが先なんですかね?」
M「確か平田屋敷の方が難易度高かったかな。あと平田屋敷は行き止まりになったかな、なので本ルートは芦名城かもね」
O「なるほど」

M「僕、平田屋敷でずっと経験溜めてましたね、あっちの方が経験値高かったので」
私「経験値貯め大事ですね」
M「実際スキル開放してもあまり強さが変わらない気がします(笑)あと平田屋敷のボスも鬼畜だったわ…」

O「俺、3重の塔の雑魚敵がまず倒せないですもん、結局は自分の腕前になるんですよね」
私「3重の塔…」
O「平田屋敷の財宝が眠るとか言われてる崖の上にある塔です、見つけづらい場所にあるんですけど」
M「一回橋下の川に落ちて泳いで先に行くと上がれる場所があって、進んでいくと木の板で出来てる壁があって、それを破壊すると井戸の下に出るんだったか。井戸を壁ジャンプで登っていけばその塔に着きます、平田屋敷の屋敷を過ぎた後、竹林を進むところ。川に落ちたら魚?に攻撃されて必死で陸に上がってたわ。魚ですら容赦ない」
O「魚でやられますね。魚ですよ?僕もせっせと倒してました」
M「手裏剣?」
O「泳ぎながら剣って。鯉を倒すと鱗が手に入るんですけど、平田屋敷に入る前の橋の右側の水辺に壺に入ってる妖怪みたいな爺さんがいて、そいつに鱗渡すとアイテムもらえますよ」
M「割と良いアイテム貰えるよね」
O「今は芦名城は白い大蛇で止まってるんですよねー、どうやって倒せるのかが分からない…」
M「アレは初見ビビったけど、無視して素通りしたよ」

私「そんなことも出来るんですか」
O「殺されるもんだと思ってました!見つかったらアウトな奴ですよね?」
M「ほぼアウトだね。よそ見してる時に茂みから茂みへ、崖の間に隠れたり、意味ありげに置いてある篭屋の中に隠れたりして通過したよ」
O「ビビってたのがダメだったんですね…やってみます」

脳筋プレイは通用しない!だけど攻める勇気が必要!

M「忍者って脳筋じゃないんだなって思い知るよね」
私「ダークソウルやってた時って辛くても皆さんを呼んで助けてもらってたけど、SEKIROはガチでストイックですね…。攻撃しても敵のHP全然減らないし、ちょっと判断遅れたり攻撃欲張ると大ダメージで死亡」
M「体幹ゲージの概念が厳しいですよね」

私「モーション覚えていても1発が重いのでキツイです」
M「そこが楽しさでもありますよね!今までの苦労が一瞬の判断ミスで台無しになります。正直初級、中級者にはキツすぎる仕様だとは思うんですよね。さっき経験稼ぎみたいな話しましたが、稼いでもスキルが増えるだけで、HPも回復手段も増やすことができない。序盤から進まない人が多いのもなんとなく分かります」
O「スキルってよくよく考えたらボスに効かないこと多いですしね。ダクソと違って死ぬとペナルティがいくつかあるのもキツイですね。死に過ぎるとNPCが病気になっちゃって、自分が死んだ時にペナルティ免除になる確率がどんどん下がっていっちゃう。ソウルイコールお金なんですけど、SEKIROは死んだ場所にお金が落ちないんでペナルティ免除は嬉しいんですが、それが発生しづらくなるという…」
私「だから無意識に日和った動きになる」
O「僕の場合は自分の日和ったプレイングにイラついて攻撃欲張って死ぬことが多いです(笑)」
M「もうそこは割り切り始めてる。もう何度も死んで覚えるしかないよね
私「攻めの勇気は必要ですよね、その辺りのバランスとか駆け引きが難しい」
M「せめぎ合いですよね」
O「僕もしょっちゅう見誤って死にますね。あと発見も多くて良いですよね。竜咳(りゅうがい)って解除するアイテムある的なこと言ってましたけど、見つけました?」

M「うん、見つけたよ」
O「おおおお!芦名城進めばあります?」
M「だったかなぁ、彫り師が罹ってる?」
O「彫り師と鈴くれたばあちゃんです」
M「彫り師は治った、ばあちゃんも治った、だから見つけてるはず。ばあちゃんに話かけて血貰った?」
O「あ、もらってないです!なんかエマが欲しいって言ってました」
M「それで話が進むはず」
O「帰ったら早速やります!ありがとうございます!」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。