プレイヤーに聞く「SEKIRO(隻狼)」の感想。死にゲー初心者でも楽しめる?


ついに「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)」が発売されました。ソウルシリーズ、ブラッドボーンに続くフロムソフトウェア製の死にゲーアクションで、今回はそれらの難易度を大きく超えるとの声も多く見られます。

私管理人もSEKIROを購入。がしかし!積みゲーにかかりっきりで未プレイ。プレイ中のデビルメイクライ5をクリアできないようでは、SEKIROは武器振って終わり、とまで言われる始末。今回はそれほど難易度が高いのか!

そんなSEKIROプレイ中の仲間に、ネタバレにならない程度に所感について伺ってみました。

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘5歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
SEKIRO購入するも積みゲー消化中(主にデビルメイクライ5)につき未プレイ。ダークソウルやソルトアンドサンクチュアリなどの死にゲーはヒーヒー言いながらクリア。

M氏プロフィール
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG
夜になるといつもnintendo switchかPS4のどちらかがオンライン状態の人。おしゃべりで優しいアニキ。SEKIROプレイ中。過去にダクソもDLCまで、ブラボや仁王などもプレイ済み。並行してDIVISIO2もプレイ中。感想を伺いました。

O氏プロフィール
20170310111986年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。ここのところ評判の悪いゲームを立て続けに買ってしまうもやっと本命のSEKIROをプレイ中。管理人から過去にダクソ3を借りてプレイ。クリアしたんだっけ?

ソウルシリーズよりも難しい!

私「SEKIRO評判良さそうですね」
М「ネタバレ避けているのでネットあまり見ていなかったのですが、歴代屈指の高難易度って見出しだけ見ました。確かにムズいですね」


О「僕もやってます、ダクソと全然違いますね。理不尽さ増してます感じです」
М「理不尽ってことは無いんじゃない?」
О「ダクソは踊り子のボス1人で倒せた事ないですけど、踊り子とか可愛いもんでしたね…」
私「マジか。またチュートリアル的な出だしでつまづく系か」
О「まさにです。最初のボス侍大将とか何十回死んだか…。あと、ちょっと面倒ですね。ダクソは3~4回攻撃すればそのまま倒せるんですけど、今回は忍殺で留めを刺す」


私「雑魚でも?」
О「雑魚でも。だからボスにもそれ以上。あと、スタイリッシュです。レベルの概念が無いからスキルとかで強化しながら己の腕に頼るしかないです」
М「管理人さんは未だやってないんでしたっけ?」
私「買ったんだけど、未だやれてないんです。デビルメイクライもうすぐクリアできそうで。ボス強くて」


O「デビルメイクライで苦戦してたら武器振って終わりですって!」
私「ヤバそうですね。一応僕ダクソもクリアしましたけど。あ、でもダクソよりムズいんでしたっけ?」
М「一概には言えないかもしれないですけど、ダクソってなんだかんだでレベル上げればかなり強化されますからね。そういう強化が無い分どうしてもハードル上がりますよね。だからО君が理不尽っていう気持ちも分からなくはないですね。今回は楽しいと感じる領域をギリギリ出ている感じかもしれないですね(笑)もうすぐクリアかなっていう段階ですけど」


О「早!」
М「ストーリー自体はそんなに長くなさそう。ただマルチエンディングっぽいんだよね。楽しいは楽しいんだけど、これクリアした後はもうちょっとライトなゲームでお口直ししたくなるよね(笑)」

タイミングを合わせるパリィを多用

M「あと、ダクソみたいなゴリ押しが効かない分、相手とのジャンケンが続くみたいでキツイかも」
O「分かります。ジャンケンに勝つと最高に気持ちいいんですけどね」


M「なんかリズムゲーやってる感あります」
私「運ゲーみたいな感じですか?」
М「運ゲーって感じではないんですけど。ダクソで例えるならパリィを狙い続ける感じです。相手の攻撃にの種類に合わせて、最適な行動を取る感じです。要は後出しジャンケンですね(笑)まだ序盤なので、今後もっと自由度があがるのかもしれないですけど。相変わらずクセの強い味付けです。アクション好きじゃないと序盤で挫折しそう」


私「死にゲー初心者とか厳しいかもですね」
M「厳しいと思います。ダクソはなんだかんだで初心者でも少しずつ進める感ありましたけど、今回はダクソブラボやった人向けって印象強いですからね」
О「ダクソと違ってスタミナがないのもちょっと意外でした。あと、上手い人の動画見たんですが、ガード挟まず延々殴り続けてましたよ、避けて殴って殴って避けて避けて殴って…的な」
私「凄そう」
М「でもいつか絶対受け流されるよね」
О「背中と横を取り続けてましたね。避けてすぐ攻撃するとカウンター扱いになるんで、受け流されてはいなかったですね。見た感じボスっぽかったですけど、どうなんでしょうね」


М「なるほど、正面じゃなきゃ捌かれないのか…。あー、避けで体幹が崩れたとこに攻撃してるのか…攻撃の空振り硬直に斬る感じなのかな。そう考えると結構普通のアクションゲームだね(笑)」
О「ガード、弾き不可攻撃とか出してくるのでステップは多用することになるみたいですね」

ソウルシリーズとは遊び方、楽しさが違う!

私「かなりハードそうですね。達成感はありそう」
М「体幹崩しからの忍殺は気持ちいいんですけどね。相手によっては3回決めれば勝ちみたいなシステムになってて、リアリティじゃなくてゲーム感が全面に出ちゃってたりするのがちょっと残念でした」


私「ダクソとかとどっちが面白いですか?」
О「僕、SEKIROですね。今やってるからかもしれないですけど、ストーリーが良いですね。あと和のテイストも良いです」
M「どうでしょうね、どっちも良し悪しがありますよね。ただ個人的にダクソとかの方が遊び易さはありますよね」
私「ダクソと比較されたりしてるけど、実際触った感じ全然違いそう」


M「そうですね。だからダクソ苦手だった人が結構いけたりするかも。あ、でもダクソもブラボもやったことありません。評判良さそうだからやってみようかな、みたいな人だと、ムズ過ぎて楽しさ感じる前にやめちゃいそうですね」

続・プレイヤーに聞く「SEKIRO(隻狼)」の感想。死にゲーベテランでも死にまくり!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。