ゼルダ風アクションRPG「ブロッサムテイルズ 」の楽しさ、神トラとの違いは?プレイヤーに聞いてみた。


インディーゲームが主要な家庭用ゲーム機で配信されるのが当たり前になって久しいです。

そして、「○○にインスパイアされた作品」なんつって、有名タイトルをパクリまくったものも多く。その中でも特に多いインスパイア元となるゲームのひとつがゼルダの伝説。

そんなゼルダインスパイア作品のひとつが「ブロッサムテイルズ」。スーパーファミコンの超名作「ゼルダの伝説神々のトライフォース」に手触りが酷似しているのだそうな。しかもSwitchで配信中!いったいどの程度似ているのか?違いはあるのか?そもそも楽しいのか?プレイヤーに聞いて参りました。

メンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘5歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームは、メジャータイトルが龍が如く7でインディーズタイトルはモンスターボーイ。好きなインディー系メトロイドヴァニアはソルトアンドサンクチュアリ。

まよねーずプロフィール
20170109101983年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:WEB広告制作会社勤務
好きなゲーム:メトロイドヴァニア系を中心に雑食
突然当サイトへ志願してきた引き出しの多い男性。プレイ中のゲームはPS4の「ロストスフィア」と、Switchのインディーズゲーム「ヨクのアイランドエクスプレス」。プレイ予定のゲームは「グランブルーファンタジーVS」。格ゲーはほぼ買わないけれど、実装されているRPGモードなるものが面白そうなのだとか。

ブロッサムテイルズってどんなゲーム?まんまSFCゼルダ!

私「ブロッサムテイルズ、動画見ました。これ、凄いですね、清々しいくらいゼルダパクってますね」
まよねーず(以下「ま」)「そうなんです。プレイしてる感覚もまんまゼルダです」


私「まよさんてスーファミの神トラやりました?」
ま「やりました。何回かクリアしてて、毎回ガノンをいじめてました(笑)でもスイッチのダウンロードソフトとして出てるので、任天堂公認なのかと」
私「しかも紹介文のとこ、ゼルダのゼの字も書いてないっていう。これで「ゼルダの伝説にインスパイアされた…」とか書いてあったら最高に面白かったんですけどね」


ま「確かに(笑)」
私「そこ許容しちゃう任天堂の懐の深さというか、まあ多いんでしょうね、ゼルダっぽいインディーズゲームなんてのは」
ま「steamも使ったりするんですけど、ゼルダインスパイア結構あります」
私「その中でもこのゼルダっぽいインディーズの楽しさってどの辺でした?」
ま「やっぱり昔ながらのゼルダっぽさが楽しめる点ですね」
私「まあそこでしょうね(笑)」
ま「オカリナとかBOTWももちろん楽しいんですけど自分は昔ながらのゼルダの方が好きで、それが楽しめるのはありがたいですね」
私「見下ろし視点のゼルダっぽいメジャーゲームってあんまり無いですよね。BOTWっぽいTPSアクションは山ほどあるけど」
ま「今って何でも3Dじゃないですか。インディーだと2Dがバンバン出てくれるんでいいですね」

ゲームの流れもまんまゼルダ?

私「ストーリーもちゃんとありますか?」
ま「ストーリーもちゃんとしてます。冒頭はおじいちゃんが孫たちに絵本を読み聞かせる所からはじまるんですけど、その絵本が物語になってる感じです。ヴァニラウェアのオーディンスフィアとか、プリンセスクラウンみたいな始まり方です」


私「おー、やりました。今こそ物語を話そう的な」
ま「ですです。あれもおばあちゃんが孫に読み聞かせると思うんですけど、そんな感じで始まります」
私「ストーリーの感動度合いでいったらどうですか?」
ま「感動度合いはそこまでないですね…」
私「なるほど」
私「スーファミゼルダとの違いってありますか?神トラとの違いみたいな」
ま「ほぼないと思ってもらって大丈夫です(笑)」
私「清々しいな(笑)」
ま「攻撃がコンボみたいになるくらいですね」


私「ホントよく任天堂許可したな(笑)」
ま「自分も思います、あそこの法務部超厳しいのに…」
私「任天堂のリーガル最強説ありますからね。神トラってリンクの動きに微妙な慣性があるじゃないですか、歩いていて滑るーみたいな。ああいうのも一緒ですか?」
ま「一緒です(笑)」
私「最高ですね(笑)」
ま「ちょっとふらふらしてる感じはまんまです」
私「経験値、レベル、スキル、みたいな今風の要素も無し?」
ま「はい、まんまゼルダです(笑)」
私「ダンジョンクリアしてアイテム手に入れて、行動範囲広げてまた新しいダンジョンへ…的な?」


ま「ハートのかけら集めてライフアップして、アイテムも爆弾、ブーメラン、弓矢…(笑)」
私「そこまでか。むしろ訴えても良いレベルなのにwそれを踏まえてニンテンドーストアの紹介文見ると、なんかじわじわくるものがありますね。「『Blossom Tales: The Sleeping King』は、ダンジョンありパズルありの2Dアクションアドベンチャーゲーム! 」白々しいな(笑)」
ま「でも任天堂が認めるほど完成度が高いってことなんだと思うようにしてます(笑)」
私「物は言い様だなあ。じゃ、スーファミのゼルダが好きな人なら楽しめる、みたいな感じですね」
ま「ですね」

やり込み要素は?ゼルダとの違いはほぼ無し!?

私「他におすすめのポイントありますか?」
ま「プレイしやすいってところですね、ボリュームが長すぎず短すぎずなんですよね」
私「あー、でもそれは大事ですね。クリア時間15時間くらいって書いてますね神トラやってたスーファミ世代の人が楽しそう」
ま「飽きる前にクリアできます」
私「値段もお手頃だし」
ま「たしかに」
私「やり込み要素とかありますか?」


ま「ゼルダまんまなんで、ゼルダ好きな人は楽しいままクリアできる、っていう。やりこみはまさにゼルダと同じですね、ハート全部集めたりとか…」
私「攻撃力とか防御力が上がる服見つけたりとか?」
ま「そういうのないんですよ」
私「お、そこはゼルダとはちょっと違いがありますね(笑)」
ま「アイテムは強化されるんですけど、服は特に強化されないんです。ただ、剣はライフ全開だと、光線出ます(笑)」
私「それはゼルダですね(笑)」
ま「あと、回転斬りもできます」


私「それもゼルダだな(笑)」
ま「ですね(笑)」
私「これ、ゲームの開発側は申請する時超楽しかったと思いますね。「任天堂の審査通っちゃったよ!」みたいな」
「任天堂のゲーム機に配信できるよ!」って感じですよね(笑)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。