【月次報告】スキあらばGAME2020年3月の取り組み 最も面白かったタイトルは?


4月になりました。

なんかもう色んなことが起こりすぎて早くも2020年お腹いっぱい感が出ております。私の娘も間もなく小学校への入学を控え、こんな状況下ではあるために簡略化やそもそもの登校そのものも危ぶまれているという色々と厳しい状況。そんな中でも皮肉なことに桜は人の少なくなった通りで今年も綺麗に咲くわけですが、悲しみや混乱の中でも希望を持って過ごしたいところ。生活も柔軟性のある対応を求められていますが、みなさまくれぐれも体調にはお気をつけくださいませ。

それでは当サイト3月のご報告になります。

スキあらばGAME、月間PV数50万達成!

2020年3月、当サイトはついに月間PV数50万に到達いたしました。これもいつも見てくださっている方、そして嫌な顔ひとつせずに当サイトに参加してくれる仲間たちのおかげです。いつも本当にありがとうございます。

50万PV!!…はて?

と言ってみたけれど、まだ自分自身全くピンと来ていません。50万PVというと、顔を公開していれば街で声をかけられることもあるような有名ブログなんですって。

じゃ、50万PVに到達した瞬間管理人に何が起きたか!?というと、別に何も起きなかったわけですね。「50万PVおめでとう!ご褒美にハイ、50万円!」なんてことも、商店街でコロッケをオマケしてもらえるわけでも「いつも見てます!顔ちっちゃい!」とか街で声をかけられるわけでもなく、いつも通りご飯を食べてゲームしてウンチして寝る。そして、翌朝起きて出社するわけですね。

ただ、真面目な話50万PVになると嘘か本当か「箔がつく」ようなので、この数字を振りかざしてゲーム界隈の方達と色々な交流が図れれば面白そうだなーとか面白おかしく考えながら、あまり世間が取り上げないような切り口で今後もゲームばかりやって参ります。謙虚に、実直に、私らしく。

3月に印象的だったタイトルは?

3月にプレイした中で特に印象的だったタイトルは以下の通り。

・ドラゴンボール KAKAROT(PS4)
・バイオハザード HDリマスター(PS4)
・ペルソナ5 スクランブル(Switch)

まずはドラゴンボール KAKAROT。年明け頃に買ったはいいけれど、素朴なシステムと、そもそもストーリーを知っているという理由から完全に放置。

そんな中、娘と同じ保育園に通う男の子ファミリーが遊びに来たのをきっかけに久しぶりに再開。するとどうだ、面白いじゃないか!となるかと思ったけれどやっぱり素朴でフツー。ドラゴンボールZはNETFLIXで十分かな。

あともう一つ分かったことは、ゲームを通じてコミュニケーションを図ると、年齢の壁をすっ飛ばして子供とも友達になれるということ。またゲームしに来てねー!

続いてバイオハザード HDリマスター。なぜ今のタイミングで?という話ですが、これも上記のお友達が遊びに来た時に関係しておりまして。Switchしか知らない彼は、PS4のドラゴンボールをプレイした時に感銘を受けたようで、前回家に来た時に帰りたくないと駄々をこねるひと悶着あり。その時の反省を活かし、「我が家では19時を過ぎると怖いゲームしか動かなくなる」現象を発動すべく、バイオハザードを仕込んでおくことに。

ところが、そんな私の課金を伴う悪巧みとは裏腹にその子は約束の時間をバッチリ守って遊び、その持ち主である私がバイオハザードにハマってしまうという、まさにミイラ取りがミイラになるパターン。バイオおもすれー。

最後にペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ、無事クリアしました。

最初にプレイした時は難易度が高くて全然ボスに歯が立たないがためにこんなの全然面白くないや!とか小学生みたいなことを考えていましたが、進めていくうちに倒し方が分かってきます。それどころか、何を思ったかステMAXプレイをしてしまったものだから、最終的には力技でクリアするまでに成長。いや、俺TUEEプレイ大好きですけどね、うっかりMAXにしてしまった結果あら不思議、途端に連打ゲーに早変わり。育成のしすぎには注意ですね。

今月のMVPタイトルは?

今月プレイした中で最も楽しかったタイトルは、ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ。先日のレビューで申し上げましたが、今年プレイした中でも一番楽しめました。

それはそうと、もしもオリジナル作品をプレイしていなかったら果たしてこのスピンオフって楽しめたのかしら…?と、本編を知らない体で想像してみましたが、ストーリーは追えないけれどゲーム自体は楽しそう。

私のパパ友が「子供を連れて、1を観ずにアナ雪2をいきなり観てしまったのですが、なんとなくの関係性は理解できた。でもアクションシーンはそれなりに楽しかったっす!」みたいなことを仰っていましたが、そんな感じかもしれないし、そうでないかもしれないので、やっぱり本編やった方がいいかもね。適当。

さて、そんな本作をのめり込んでいるうちにレベルがついに99になりまして。主人公のステータスもMAX。ラスボスも連打ゲーと化し、俺最強だわ…と意気揚々に周回プレイを開始しました。

何を思ったか、最高難易度「RISKY」で。

まあ言ってもこちとらステMAXでレベルも99なわけですよ。中盤くらいからムズゲーになっていくんスかね?と余裕の表情で臨んでみた結果、実際にプレイしてみてビックリ仰天、初っ端に登場する雑魚の攻撃一発で体力の半分以上を持っていかれる始末。しかもペルソナスクランブルってホラ、無双みたいに敵ウジャウジャ沸いてくるじゃないですか。もうばっかじゃねーの!?という理不尽さ。普通に歩いていて、足の小指をタンスの角にぶつけて悶絶するあの痛さがなぜか頭に浮かびましたが、それくらいのインパクトがあると思っている。4月も1日にして早くも今月のハプニング大賞ですよ。これは無理だ。今月のバイオRE3にシフトしよう。腰抜けと罵っていただいて構わない。

4月プレイ予定のタイトルは?

4月は色々ありますよ。まずはバイオハザードRE3。

ただし上述の通り、何を思ったのか今更なまじっか初代バイオをやってしまっているものだからRE3まで手が回るかどうか。初代も面白いんだもん。体験版をプレイした限りではとても良さそうな感じ。実は評判のどえらく高いRE2は未プレイ。「RE2は良かったけれど、RE3はクソゲー」みたいな評価や結果にならないことを祈りつつ!

続いて聖剣伝説3リメイク。こちらも体験版をプレイした限りではオリジナルのテイストや世界観は残しつつも今風の育成要素で上手く昇華された印象。聖剣2リメイクは過去類を見ないクソゲーと大変不名誉な評価をされましたが、このノウハウを活かして「聖剣伝説2リメイクのリメイク」とか出して欲しい。原作はストーリーも最高なんだから。

他にも4月はFFⅦリメイクが発売されますね。先日の記事で「FFⅦリメイクは買いません」と申し上げましたが、やっぱり素知らぬ顔で買ってしまったら、その時は誠意を持って謝ります。他にも3月にプレイできなかった名作どうぶつの森とか仁王2とかなんかも控えているけれど、もうどうしたらいいか分からない!楽しいゲーム多すぎ!頑張る!

それでは今月も引き続き宜しくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。