[進捗報告]PS4「ゴーストオブツシマ」中盤ダレると思いきや…いよいよ後半へ。


PS4「Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ )」プレイ中です。いい加減周囲ではクリアはもちろんトロコンも終わっているプレイヤーも少なくなく。

言い訳がましく何度もご報告している通り、まさかのセーブデータ消去事件により大きく予定が狂いましたが、20時間のプレイを繰り返すのも厭わないほどに楽しんでおります。

本来そろそろクリアしましたよ報告をしていたかったところですが、本日は現在の進捗についてご報告です。(ネタバレにご注意くださいませ)

やっとこさ後半へ。蒙古の大群拠点は通過不可、クエスト必須だったんですね。

こういうことして遊んでいるから進みが遅い。

そんなことよりフォトモードは面白いですね。変えられる表情のうち「接吻」なんてものもあるんですね。

さて、ストーリーの進捗は、大きく3つに分かれたエリアのうち、間も無く2つ目のエリア最後となる志村城攻略へ。

データ消去前に一度既にプレイしているクエストをすっ飛ばしてエンディングまで一直線だぜとゼルダの伝説Botwばりにラスボスの元へ押し通ってやろうと思ったのですが、途中途中メインストーリーに関連する拠点となる「蒙古の大群の陣」では敵が無限に出てきて通過することができないのですね。拠点を一つ一つ蒙古から解放していくのも楽しいのですが。

よって、ゼルダの伝説みたいに開始早々ガノンドロフの城へ突撃するぜということは残念ながら不可能。確かにストーリー上でも蒙古たちをやっつける前に、叔父上を助けたり本城を奪還したりする必要があるのだからそりゃそうか。

レベルの概念が存在しないからとサブクエスト放置で強化もせず突撃するとそれなりに敵も強いんですよね。網羅的に片っ端から全て片付けることはせず、通過点で発生するサブクエストをコツコツと攻略する程度で進めていますが、それでも十分強くなっていく仁。

自身のプレイスタイルに慣れた頃、とんでもない型が登場しちまったよ。

かれこれ2周目ともなると進めども進めども既に見たシーン。さらに自身が慣れ親しんだプレイスタイルも大きく変わることなく。コソコソ隠れたり、タイマンの真剣勝負というある種ワンパターンな戦い方でこのまま進んでいくのか、と思ったその時。

新しい型「冥人の型」が登場。

奇襲はともかくとして、これまで一貫して緊張感のある男らしい真剣勝負を徹底してきた仁が覚醒し、エリア上でその気迫を目の前に戦意喪失した敵を次々に切り刻んでいく無敵スタイル。

對馬の民を守るべく戦っていたはずが、いつのまにか戦いそのものに取り憑かれていく仁の移り変わりを表しているのか…?というシーンがところどころで見られたけれど、このスタイルの登場で改めて確信。

修羅と化した仁はヤバい。発動時間こそ短いけれど、冥人の型を使うと敵は怯むわ一撃で倒せるわで完全な無双状態。攻撃を一度でも受けると発動条件のゲージがリセットされてしまうので、出し惜しみせずにガツガツ使っていった方がよさそう。

未だ遠距離攻撃が上手く活用できません。あと出し渋りしがち。

そもそもワンパターンな戦い方の理由として、弓などの遠距離攻撃がいまいち利活用できずにいます。というよりも、攻略上ほぼほぼこの太刀で事足りてしまうので。

きっと難易度「難しい」とかになってくると、こういうチマチマした攻撃のバリエーションも重要になってくるのでしょうが、ノーマル難易度であれば軍勢に突撃したり、弓兵からの攻撃を防御するスキルでも身につければ遠距離からの攻撃回避や接近もなんてことはなく。

攻撃力の高い火の矢や攻撃範囲の広い破裂矢などはその効果を分かりやすく実感できるのですが、矢になると一撃で倒すことも難しく、遠方から投石よろしく敵にちょっかいを出す楽しさくらいしか見出せておらず。あ、それが楽しいのか。

さらに私の貧乏性分が手伝ってか、強化したところで矢の所持可能本数も10本そこそこなこともあって出し渋りしがち。もちろんそこら変で補充できるんだけど。ほぼほぼバーサーカーのように元気よく正面突破で進んでおります。

いよいよ後半。難易度は低め、負ける気はしない。

クリアまで直行するつもりが操作そのものが楽しいので、道中巻き起こるイベントをこなしたり、フォトモードで遊んだり、野ブタを追いかけたりしているうちに気がつけばメキメキ強くなる仁。もうその辺のクエストや敵陣の解放では負けることはすっかり無くなりました。この先エンディングに向けてさらに強い敵が出てくるのかどうなのか。

そうやってツシマの地を走り回っているうちに、愛馬で高い場所から飛び降りた時に、地面に着地する直前に馬から飛び降りることでダメージを受けないなんてテクニックを発見しましたよ。

無残にも仁によって蹴り捨てられてしまった馬は落下時それは辛そうにするのですが、一方の仁はというと何事もなかったかのように元気に走り回るわけです。その直後にピューと口笛で呼び寄せられ、いつもの様に仁のもとへ駆け寄ってくる不憫な馬。

間も無くやっとこさ3つ目のエリアに入る直前、いよいよ後半といったところ。今週中にはクリアできるか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。