【まとめの金曜日】今週話題になったゲームランキング5本!(10/9)


今週もお疲れ様でした。

著名な方の訃報が相次ぐ中、またもやショッキングなニュースが。イケメン俳優でも国民的大女優でもなく、世界のギターヒーロー、エディ・ヴァン・ヘイレンさん。

10月6日に惜しくも亡くなったのだそうな。Yahoo!ニュースの記事も悲しくて未だにちゃんと読めていない。ギターにおけるジャンル「ピロピロ系」の走りみたいな方で、初めてその奏法を聴いた時にそれは感銘を受けたもの。闘病の末に亡くなるというのがまた残された我々としては悲しくて悔しくてやりきれない。もう今日はそればかり考えてしまうので、なんでもかんでもヴァンヘイレンに絡めてしまったらごめんなさいね。

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様の投稿を手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。JUMPも良いけど、名曲いっぱいだよ、VAN HALEN!

集計期間:10/2(金)〜10/8(木)

第5位:レッド・デッド・リデンプション 2(PS4/Xbox One)

第5位は2年前の2018年10月26日に発売されたレッド・デッド・リデンプション 2。なんでもパッケージ版が3000円という新価格で発売されるのだそうな。私もプレイしましたが、西部劇の世界で自由奔放に荒野を駆けるオープンワールドが楽しかったのですが、ボタン操作をミスると、倒れた人間を助けるつもりが馬乗りになってボコボコに殴って評価が下がったりお尋ね者になったりだとか、高い自由度の反面そういうつもりじゃなかった感を受けるシーンも多く、残念ながら売却済み。楽しかったんだけど。

こんなギターを弾いて世界を旅する放浪者は憧れますね。エディ・ヴァン・ヘイレンみたいに。

第4位:スーパーロボット大戦X-Ω

第4位はスーパーロボット大戦X-Ω。ワタルやレイアースなど、過去にもなんでそこ?というキャラクターを登場させてきたスパロボですが、ガンダムやマジンガーなどお馴染みのロボットに紛れて今度はなんとミンキーモモが参戦。若い世代はご存知ないかもしれませんが、看護婦さんや府警さんなど、技能を身につけた18歳のレディに変身して様々な出来事を解決するという、40年近く前に変身願望のある世の女の子たちを魅了しまくった魔女っ子アニメ。なぜスパロボに!?と思ったら、なんとミンキーモモにはちょい役で登場した「ミンキナーサ」なるロボットが起用されるのだそうな。放送時期は1982〜1983年。

翌年に発売されたヴァンヘイレンのアルバム「1984」は最高だった。

第3位:スーパーマリオ 3Dコレクション(NS)

第3位は9月18日に発売されたスーパーマリオ3Dコレクション。20年以上も前に出たゲームでも、旦那さんの声に反応できなくなるほどのめり込む楽しさ。そうそう、64のマリオからジャンプするとホッホーイってはしゃぐんですよね。ジャンプすると…。ヴァンヘイレンの「JUMP」は名曲ですね。あれはイントロのキーボードが有名ですが、ギターソロのピロピロとアウトロのミュートの刻みがかっこいいんですよね。ぜひ最後まで聴いて欲しい曲です。

第2位:スーパーマリオブラザーズ 35(NS)

第2位は10月1日に配信開始されたスーパーマリオブラザーズ35。私もどハマりいたしまして、平均順位は3位にまでなりました。それもこれも私が昭和生まれでスーマリが登場した80年代育ちの人間だからですね。80’sは音楽も良かった。アメリカ初のポップスやハードロックはどれもキラキラしていた。ヴァンヘイレンを筆頭に。もうそろそろヴァンヘイレンネタしつこいですかね。すみません。大好きで。

第1位:ゲームギアミクロ

第1位は10月6日に発売されたゲームギアミクロ。私はゲームギアサイトも運営しているほどゲームギア大好きっ子なので、飛びつくように購入しましたとも。収録タイトルも上々。オリジナルから若干手が加えられているものも。Switchライトとか3DSライトとかゲームボーイポケットとか、軽量化されたハードというよりも玩具感が強い印象。それでも可愛いビジュアルは可愛くて、買って良かった!そんなゲームギアミクロが発売された2020年10月6日がエディヴァンヘイレンの命日になってしまうなんて、悲しすぎるぞ!

次点:イース・オリジン スペシャルエディション(PS4/NS)

次点は10月1日に発売されたイース・オリジン スペシャルエディション。2006年12月21日に発売されたイースオリジンにサントラとポスター、アートブックが特製のレトロサイズボックスに同梱されたもの。旧作ではあるけれど、動画を見ると超楽しそうだし、これだけ色々セットで5,800円はお得。

当サイトは発売元である3goo様にもお世話になっていますが、窓口の超敏腕ご担当者はHR/HM好き。もちろんヴァンヘイレンもきっとよくご存知で、このニュースをご覧になっていることでしょう。えーん!

以上、ヴァンヘイレンのご紹介でした。生ける伝説が本当の伝説になってしまうなんて、60代は早すぎるよ、エディ!ちょっと前まで笑顔でギターを弾いていたのが信じられない。もうここ数日はヴァンヘイレンのライヴ映像なんて観た日にゃ大変なので、大人しく喪に服すことにしよう。エディ、悲しいけれど、長い闘病生活本当にお疲れ様でした。そして本当に素敵な曲をありがとう。違う、ゲームだ。うちはゲームサイトだった。忘れてた!すまん!

来週はどんなタイトルが盛り上がるのか? それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。 みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。