【まとめの金曜日】今週話題になったゲームランキング5本!(1/15)


今週もお疲れ様でした。

早くも2022年のお正月が待ち遠しい私ですが、PS5の発売から60日が経過した今もなおこの品薄っぷり。隔週で足を運ぶビックカメラには、販売未定のポスターが60日前のあの日からいつも変わらず、変わる気配すらなく同じ場所に貼られたまま。

今年も残すところあと350日、年内にPS5を買うことはできるのか?そもそもPS5は本当にこの地球上に存在しているのか?

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様の投稿を手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。「PS5、最寄りのビックカメラでたまたま買えちゃってさ〜」とか、余裕を見せる日は遠い。

集計期間:1/8(金)〜1/14(木)

第5位:天穂のサクナヒメ

第5位は12月10日に発売された天穂のサクナヒメ。ロングラン。

ファミ通調べによれば、プレイヤーが本作の稲作パートで最も好きな工程は「田植え」。数百もの苗を田んぼに植えていくけれど、ついつい几帳面な人は均等に並べたくて頑張りがちですが、開発側の話によれば、なんとこの田植えは並べるのに苦労する割りに均等さはあまり重要ではなく、植えておく期間が良い米に仕上がるかどうかの肝になるのだそうな。私もちょっとズレると取り返しのつかないことをしたと憂鬱になっていたけれど、完全に無駄だった。

と、吹っ切れた頃には私もクリア済みでもうプレイしておらず。

第4位:Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット

第3位は2月12日に新たなカラバリとして発売されるNintendo Switch マリオレッド×ブルー セット。

部屋に溶け込まないこのビビッドなカラー、マリオというよりもスパイダーマンだとかKinKi Kidsカラーだとか色々言われているようですが、KinKi Kidsにイメージカラーが付けられていることに驚き。ヒガシは黒でリーダーは緑だとか、ジャニーズにはだいたいイメージカラーが決まっているんですって。

ちなみに昭和の私は、トランスフォーマーのコンボイっぽくてかっこいいなと思いました。

第3位:サイバーパンク2077(PS5/PS4/XS/X1)

第3位は8年の歳月と3度の発売延期の末ついに12月10日に発売されたサイバーパンク2077。やいのやいの言われている割りにはプレイヤーも多数。

そしてこの大批判されているバグに対して、CD PROJEKT REDが2021〜2022年にかけての今後の取り組みと開発ロードマップを発表。このCD PROJEKT REDはウィッチャー3でも発生しまくっていたバグを、あれほどまで生まれ変わらせた実績もある会社。

バグだバグだと楽しんでいられるのも今のうちかもしれないよ?

第2位:桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!(NS)

第2位は11月19日に発売されたSwitch版桃鉄。

なんと発売から2ヶ月で国内の売り上げ本数200万本を突破したのだそうな。一方開発期間を5〜6年かけたFF7リメイクが国内売り上げ100万というところを見ると、なんだかいたたまれない気持ちにならなくもない。

第1位:モンスターハンターRIZE(NS)

第1位は体験版が配信開始したモンスターハンターRISE。

私も体験版をプレイしてみましたが、なにせ5〜6年ぶりのモンハンゆえすぐにタイムアップ。久しぶりにプレイした感想は、操作複雑!操竜だの翔蟲(かけりむし)だのワンコのドリフトだの、新しいアクション多過ぎ。だいたいワンコのドリフトって何なのよ!動物がドリフトするのはトムとジェリーだけだから!

とか憎まれ口を叩きつつもプレイしてみると楽しい新アクション。

次点:グラディウスⅢ(PS4/NS)

次点は12月24日にアーケードアーカイブスから配信されたグラディウス3。これも旧作でありながら長いな。

しかしレトロゲームは分かりやすいので人のプレイも見入ってしまう。時々「人がやっているのを横から見ている方が好き」という人がいて、ゲーム嫌いの常套文句だろうとずっと思っているけれど、このグラディウス3なんかを見ているとああそういうことかと理解できる。手に汗握った先の達成感に、プレイしている人と同じく心が満たされるのだ。

見入って見入って…ああああああ!

以上、今週当サイトのtwitterアカウントで盛り上がったゲームでした。年末のお休みムードも開けて新作タイトルが月末ころからポツポツと予定されている模様。来週はどんなゲームが盛り上がるか?

それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。 みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。