「龍が如く 極(YAKUZA KIWAMI)」海外プレイヤーはここを評価している!感想まとめ


シリーズ1作目に続き、2作目のリメイク「龍が如く2極」のリリースが発表されました。発売日は2017年12月7日。「龍が如く極」は私もとても楽しめました。

この龍が如く極、ローカライズされて2017年8月29日に海外でやっとリリースされたのですが、そのタイトルはまさかの「YAKUZA」、「極」については「YAKUZA KIWAMI」とそのまんまのタイトル。「龍が如く」という言い回し、ニュアンスはさすがに伝わらないかな…と日本の情緒を感じてみたものの、必ずしも情緒的な意味合いでヤクザと命名されたわけではないかもしれませんね。

さて、ここ日本の歌舞伎町が舞台であるYAKUZAですが、実際に海外での評価はどんな感じなのか?調べてみると、なんとあのmetacriticsユーザースコアは9.3点※、日本のPS4ゲームの中で最上位となっていました、これは驚き。日本の文化?を評価してくれるのは嬉しいものですが、実際どういったところが楽しかったか?レビューを見てみることにしました。

※2017年9月10日現在です。
参照:Yakuza Kiwami for PlayStation 4 Reviews – Metacritic

リメイクとは何たるか、を知らしめる作品

投稿者:17_jrpg Aug 29, 2017
評価:10/10

ロールプレイングの要素を備えたこのオープンワールドアクションアドベンチャーは、友情、愛、尊敬、忠誠心、犠牲、貪欲、裏切り、復讐といったストーリーが描かれ、追加要素が加わったことで、オリジナル版ではやや不鮮明だった部分がより明らかに説明されています。

龍が如く0のシステムが踏襲され、オリジナル版のバトルシステムは大きく強化されました。Brawler(バランス)、Rush(スピード)、Beast(パワー)、Dragon(究極)の4種類のバトルスタイルを使い分けることができ、それぞれのスタイルは経験値やクエストなどで強化していくことができます。

セガは「リメイク作品が何たるか」を、他社作品にも知らしめる素晴らしい仕事をしたと思います。そして、PS2のオリジナル版のファンとして、本作をリメイクしてくれたことに感謝しています。これからも龍が如くシリーズを応援しています。龍が如く3については未プレイなので、リメイクを希望してします!

この素晴らしい作品をヨーロッパへも展開してくれたことに感謝!

投稿者:ultimatesoll Aug 31, 2017
評価:10/10

セガがこの素晴らしい作品をヨーロッパへも展開してくれて本当に感謝です!

本作は2005年にリリースされた龍が如くのリメイクですが、オリジナル版もヤクザ同士のバトルがリアルで楽しく、シナリオも素晴らしかったです。が、この2017年版はそれ以上の出来でした。細やかなグラフィックス、カメラビュー、60fpsで実行される滑らかな動き、新しい映像表現でオリジナルの楽しさが蘇ります。

ボス戦、世界観、要所に隠された要素、クエスト、キャラクター。龍が如く1はそれらの面において、シリーズ最高です。ゲーム内のサウンドは素晴らしく、システムの楽しさを際立たせてくれています。

セガは毎年1本ずつ龍が如くシリーズを作っており、一定期間を経た後に我々の国へローカライズしています。龍が如く2リメイクも年末に日本で発売される予定とのことですが、我々の国へ展開されるのが楽しみです!

Majima Everywhere(どこでも真島)が面白い!

投稿者:Duckzilla3311 Sep 8, 2017
評価:10/10

シリーズ1作目の素晴らしいリマスター作品です。そして龍が如く極2も西洋でリリースされることが発表されました、本当に素晴らしいニュースです!

本作にはたくさんのバトルやギミックがあり、中でも私のお気に入りのキャラクターである真島吾郎を探す「Majima Everywhere(どこでも真島)」は本当に素晴らしい。東京の架空の街である神室町には、クエストなどたくさんの要素が詰まっています。素晴らしいリメイクです。 2作目も待ち遠しいです!

ドラマティックなストーリー重視のプレイヤーにオススメ

投稿者:Gandalf44 Sep 8, 2017
評価:10/10

信じられないほど価値のある作品です。もしドラマティックなストーリーを重視しているのであれば、間違いなく楽しめるはずです。

実は私自身も開発者なのですが、セガの今回の取り組みには本当に感謝しています。ぜひ今後もこのシステムを続く作品にも踏襲してくれることを臨んでいます。

東京に実在する歌舞伎町で巻き起こるストーリーに引き込まれる

投稿者:ShadowPeter Sep 5, 2017
評価:9/10

シリーズの舞台となる神室町は、日本の歌舞伎町として実在する街です。そこで巻き起こる物語にどんどん引き込まれ、結末が知りたくなるような好奇心くすぐる内容です。

本作はセミオープンワールドで、いつでも外出先で車を運転することはできません。ストリートでは、絡まれる女性など様々な人を助けることで報酬を手に入れることができます。

大量のミニゲームも忘れてはいけません。技術面においても、グラフィックや60FPSの滑らかな映像は美しいです。個人的には龍が如く4、5には及ばないものの、音頭も素晴らしいです。龍が如くシリーズが好きな人は、この極みが楽しめるはずです。

プレイ中には、桐生一馬になりきって楽しんでみてください。

最高のストーリーと、膨大なやり込み要素!

投稿者:OrochiamruSama Aug 29, 2017
評価:9/10

長年の龍が如くファンとして、龍が如く0は私にとって最高のゲームでした。そしてこの「極」は、そこから繋がる完璧な作品です。最高のストーリーと膨大なやり込み要素を望むなら、本作は間違いなくオススメです。

徐々にヨーロッパでも人気が高まっている作品!

投稿者:Groot650 Sep 1, 2017
評価:9/10

龍が如くは日本では人気があるようで、残念ながらヨーロッパではまだあまり知名度が高くはなく、数年後にやっとリリースされました(龍が如く5は3年かけてローカライズされました)。ところが極道の世界とその重厚なストーリーに、ヨーロッパでも徐々に人気が高まっています。

このゲームは龍が如く0の17年後の話で、システムも0をベースとしています。主人公がいかにして極道の世界に入ったか、といった新しいカットシーンが追加されています。オリジナル版はその辺りの説明が足りていなかったので、この要素は嬉しいです。ローディング時間も短く、とても快適です。

良い点:
+戦闘はサクサクで快適、爽快感もあります
+ストーリーが非常に面白いです
+キャラクターが魅力的で、ほとんどのキャラクターが忘れられない
+スキルツリーが巨大です
+ Majima Everywhere(どこでも真島)が楽しい!
+サイドクエスト、サブストーリーが面白くて大量!
+ホステスクラブ、バッティングセンター、カラオケなどの遊び要素が満載
+グラフィックスとカットシーンはとても奇麗
+オリジナルからの新しいカットシーン

悪い点:
– 部分的に龍が如く0にあった要素が無くなっている
– ランダムなはずの戦闘は、戻ると同じ敵と戦えてしまう(バグ?)
– 建物に出入りするためのロード時間が、非常に長くなることがあります

全体的に見れば、強くオススメできる素晴らしいゲームです。

サイドクエストもクレイジー!

投稿者:shiftyman Aug 29, 2017
評価:9/10


龍が如くシリーズは最高です!魅力的なストーリー、共感できる主人公、そして、クレイジーなサイドクエストとミニゲームが詰まっていますが、本作も例外ではありません。

徐々に好きなシリーズになりつつある!

投稿者:badgerryan19 Aug 31, 2017
評価:9/10

龍が如く0に始まり龍が如く6に渡って、このシリーズは徐々に自分のなかでも好きなシリーズになってきています。今年のトップ10に2つの龍が如くシリーズが入るかもしれません。

龍が如く0が特にお気に入りでしたが、個性的なキャラクター、ストーリー、クレイジーで楽しいアクションが魅力だと思っています。ぜひ、この龍が如く極、そして龍が如く0もプレイしてみてください。

日本の日常のワンシーンのようなサブシナリオも素晴らしい!

投稿者:Shincy Sep 6, 2017
評価:9/10


メインストーリーが素晴らしい!というコメントが多いようですがサブストーリーも素晴らしく、奇妙でコミカルで非常に面白いです。日本の日常の1シーンのようです。

このキャラクターの会話を本当に楽しむことができるゲームは数少ないのですが、そのリアルな描写は実際にキャラクターやゲームに命を与えているようです。


この記事へのコメント

  1. 上の方の赤色のローマ字が「極み(KIWAMI)」ではなく「いわみ(IWAMI)」になってますよ。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。