PS4/Vita「嘘つき姫と盲目王子」ファミ通・Amazon・海外の評価は?


先日発売されたPS4、PS Vita、Switch「嘘つき姫と盲目王子」の評価について。

開発、販売は、あの超やり込みシミュレーションRPG「ディスガイア」シリーズなどでも有名な日本一ソフトウェアということで、これはやり込み度も高くチャレンジングな作品なのでは?と気になるところですが、世間の評価はどうか?Amazonユーザーレビューやファミ通クロスレビューなど、媒体ごとの評価についてざっと調べてみました。

※時期によって媒体毎でスコアが変動する場合もあります。

ファミ通クロスレビューはゴールド!

国内で代表的なゲーム雑誌ファミ通のクロスレビュー評価は、8点、8点、9点、8点、計33点とゴールド評価。レビュアーのコメントとしては以下の通り。

・動画のような物語と手描きイラスト風のグラフィックが魅力的
・アクションぱずるとしては、よく出来ている部分と、もどかしさあを覚える部分が混在
・欲を言えば、もう少し価格が抑えられていたら最高


・キャラや雰囲気がとても魅力的で、心を鷲掴みにされる
・絵本的な見せ方と優しいナレーションによって、世界観をじっくり味わいたくなる
・意外性のある内容ではない
・誰でも安心して楽しめる作り


・ボリュームが少ないが、満足感はしっかりある
・童話のように少し残酷で、穏やかなトーンの朗読と寂しげなサウンド、幻想的な舞台とユーモラスで物悲しい生き物たちによって、心に刻まれる作品に仕上がっている
・謎解きな難易度はほどほど
・「ピタゴラスイッチ」的な見せ場も用意されつつも、全体的にはやや単調

Amazonカスタマーレビュー 批判の理由は価格設定?

続いてECサイト王者Amazonでのカスタマーレビュー。発売から1週間、ある程度均されてきた時点での総合点は、星5点中3.4点といまひとつの評価。

読み解いてみると、最も多いマイナスの意見としてはゲームの内容そのものに対してではなく、ファミ通同様ボリュームに対する価格面での批判が多い模様です。

一方で世界観やストーリーに対する評価は高く、中にはコスパの高さをもってしても満足出来たという意見も見られました。

「ストーリーや雰囲気が良く、読み聞かせも好感が持て上手くまとまった作品だと思いました。」
「急いでプレイしたわけではないのに5時間半でストーリークリア。プレイ時間が長ければいいとは思いませんが値段の割に物足りなさを感じます。」
「アドベンチャーとしても謎解き要素が単調に感じました。本当に世界観はとても良いのです。」

「パズルの難易度は攻略なしでも小学校高学年のお子様であれば遊べると思います。」
「すんごい短いです。大分のんびりプレイしてましたが、10時間かからず。」
「最後はじわじわと涙がたまり、少し泣いてしまいました。」
「二人は手を繋いでいない状態だと不安な顔になりますが、手を繋ぐと安心したような笑顔になります こういう感じの作りこみが非常に良かった」
「フルプライスでこのボリュームは厳しい。」
「ゲーム性、グラフィックはいい感じ!!」

「まぁ、可もなく不可もなく。ストーリー自体は面白い。だけどボリュームが少なすぎる。」
「ストーリーも泣きましたし、絵も素敵、システムも楽しい・・・のですが、エンディングまで6時間ぐらいでした。」
「ボリューム面では物足りなさは感じますが、この作品を購入して後悔はありません。むしろ大満足です。」

Metacriticメタスコアは未公開。海外の反応は未だ薄め

最後に映画、ゲーム、音楽などの評価、レビューを集積し、独自の指標メタスコアで評価する海外の大手メディアMetacriticのメタスコアを見てみると「THE LIAR PRINCESS AND THE BLIND PRINCE」というタイトルが付けられているものの、残念ながら本作の海外展開についてTBA(未確定)とのことで、評価はされていませんでした

同じく日本一ソフトウェア作品である「夜廻(よまわり)」の例では、日本での発売日2015年10月29日から約一年後の2016年10月25日に、北米、欧州でもリリースされました。もしかしたら2019年の6月頃に発売されるか…?

未だ海外では認知度が低いようですが、主に英語圏を対象とした大手掲示板サイト「4chan」にて、日本でのみ発売されている同作に対して関心を寄せている好奇心の強い海外プレイヤーの印象を抜粋します。

Anonymous 06/06/18(Wed)22:19:18 No.418884508
なんか売れているっぽいね。PS4版とSwitch版半々で。ローカライズはいつ?

Anonymous 06/06/18(Wed)22:20:17 No.418884576
なにこれ?深夜廻シリーズ?

Anonymous 06/06/18(Wed)22:22:28 No.418884739
いや、アートスタイルは似た感じ、開発、販売元が同じだけど、俺の知る限りでは別ものらしいね。

Anonymous 06/16/18(Sat)11:54:34 No.218182570
ほい

Anonymous 06/16/18(Sat)12:06:59 No.218183557
何かの流出映像?確かこの「THE LIAR PRINCESS AND THE BLIND PRINCE」って、可愛い狼の女の子が主人公だったよな…?

Anonymous 06/16/18(Sat)12:07:19 No.218183579
このリンゴには何か意味があるってことか…?

総評:「嘘つき姫と盲目王子」はボリュームに対するコスパが悪い…。が、それを差し引いても良作という意見も多し!

各メディアの評価を見てみた結果、嘘つき姫と盲目王子はストーリーは王道であるものの概ね評価が高く、素直に心を打たれ純粋に感動して泣けるといった意見が見られます。

また、パッと見て印象に残る絵本のような独特の映像表現も個性的で美しいという意見、またキャラクターの細かい動きは見ているだけで、動かしているだけで楽しく、音楽などのクリエイティブに対する拘りを感じるといった評価も多く見られました。が、システム面で言えばそこまで斬新さは無く、とにかく数時間でエンディングに到達するボリュームに対して価格が高い!という意見も一方で多かったようです。

総合得点で判断すると佳作といった印象ではありますが、コストパフォーマンスを意識しないプレイヤー、普段あまりまとまって多くの時間をゲームに取ることができないライトな層からも、価格面を差し引いても十分に良作、傑作と判断されているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。