プレイヤーに聞くPSVR FPS「Firewall Zero Hour」の感想。シューコンの要否は?


PSVR「Firewall Zero Hour(ファイアウォール・ゼロ・アワー)」がリリースされました。3D空間で他プレイヤーとドンパチ楽しめる本格FPSのVR化は、サバゲーマーならずとも全てのシューターにとっては夢の形の一つなのではないでしょうか。

かく言う私はというと何を思ってか古いゲームばかり漁り呆けており、気になりつつも未着手。そうこうしているうちに周りにはプレイヤーがちらちら増え始めており、評価は概ね上々。実際このFirewall Zero Hour、どのあたりがどう楽しいのか?シューコンも買っておいた方がいいのか?

感想についてプレイヤーに伺ってみました。

Firewall Zero Hourについて語るメンバー紹介

私(管理人)
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘4歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
3DS「世界樹の迷宮X」の流れで3DSバーチャルコンソール熱が入り、ファミコンやゲームギアのレトロゲームばかりやっています。好きなPSVRタイトルはEagleflight。

M氏プロフィール(購入済み)
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG、格闘ゲーム
夜になるといつもPS4かSwitchかがオンライン状態。おしゃべりで優しいアニキ。PSVR「Firewall Zero Hour」購入済み。ただし、シューコン未購入なのだとか。やたら楽しそうなので、感想を語っていただきました。

O氏プロフィール
20170310111984年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。FZHは未購入。多少図々しいがとてもいい奴。新婚!

A氏プロフィール(購入済み)
1975年生まれ
男性
未婚
好きなジャンル:アクション、バイオハザード、HORIZON ZERO DAWN、等
上記M氏の職場同僚。穏やかで真面目なジェントルマン。FZH購入済み。なんと40度近い高熱から奇跡の生還。夏にも関わらずインフルエンザだった説。

VR元年やっと来た!Firewall Zero Hourの率直な感想は?

M「Firewall Zero Hour(ファイアウォール・ゼロ・アワー)買いましたよ。」
私「いいなあ!」


M「Aさんも買ったんですよね?」
A「買いました。」
M「今度やりましょう。」
私「どうですか?サバゲーっぽいですか?」
M「実際にサバゲーやったこと無いので何とも言えませんが(笑)ただね、あれはやってみた方がいいですよ。やっとPSVRの時代が来たっていう感じがしますね。VR元年ですよ(笑)
私「おお、そんなに。」
M「4対4の編成で、相手のPCをハッキングするアタッカーと、それを阻止しつつ相手チームを殲滅させるディフェンダーの2チームに分かれます。」


O「外人さん入ってくるんですよね?」
M「あーもう全然気にならないですね。ていうかむしろVCはやった方がいい。やらないと面白くない。倒れてからも音声で支持出したりサポートしたりできるんです、幽体離脱的に。BF(Battle Field)とかとはまるで楽しみ方が違いますね。ちょうど延期になっちゃいましたけど、しばらくこれで楽しめますよ。」
A「臨場感凄いですよね。本当に戦場にいるみたい。」
M「面白いのは立ち回りですね。普通のFPSは基本全ての動きをコントローラーで操作するんですけど、VRになると自分主観で直感的に見渡すことができる、これが凄くリアル。だから普通のFPSとは全く違う神経を求められますね。逆に言うと、これまでFPS苦手ですっていう人でもいきなり頭角を現すみたいな人もいると思うんですよね。その逆もいるかもしれませんけど。」


私「お、ちょっと勇気が湧いてきた(笑)」
M「もちろん今までFPSやって来た人はある程度攻め方みたいなものや、マップを覚えたり、エイムだったりみたいなコツで有利は有利なんでしょうけれど。払う神経は全然違う。もう新しいエンターテイメントですね。」
A「臨場感凄いですよね。」
M「凄い。だからやられると普通に声出ちゃいますもん、「うわー!」とか言って(笑)」
私「(笑)」

Firewall Zero hourは酔う?

O「酔いはどうですか?」
M「俺は全然。5〜6時間くらいぶっ続けでやったけど、大丈夫だった。まあもともとそんなに酔いに対して弱い方ではないと思うけどね。でもVRの酔いって慣れません?」
私「慣れますね。VRに限らず3D酔いは慣れます。」


O「Aさんどうでしたか?」
A「俺もあんまり気にならなかったですね。ただヘッドセットが重いので肩は凝りましたけどね(笑)
M「そういう意味では長時間はきついかも。ただ人試合自体はさほど長くはないから。」
私「どれくらいですか?」
M「5分くらいですね。」
私「サクッとできていいですね。」
M「やっぱりハードの特性上そこは考慮されているんだと思いますね。健康上の配慮ですよね。ただ絶対みんな続けると思います(笑)時間の面だけじゃなくて、ユーザビリティなんかもある程度酔いにくい構造になっているみたいですね。」

既に品薄!?シューコンは買うべき!

私「シューコンは使ってますか?評判良いみたいですよ。」


M「シューコンね、使ってないんですよ。使おうかなと思っていて。買うべきだと思ってます。ちゃんと傾きなんかも再現されていて、使っている人なんかはかなり感動するみたいですね。トラッキングとかは気になるところですけど。で、この傾きを表現することで何ができると思います?」
私「なんだろう、ターゲットの切り替えが瞬時に直感的にできる。」
M「壁越しでブラインドファイアができるんですよ。


O「あの傾けて手だけ出すやつですか?凄くないですか?」
M「そう。だから本当にサバゲーみたく楽しみたいなら、絶対買うべきだったんだよね。結構高性能なんです、シューコンは。レインボーシックスシージなんかは銃を傾けることができるけれど、シューコンの動きを見てしまうとちょっと比較にならないですよね。ただ微妙に品薄になりつつあって。若干入荷待ちなんですって。」

私「予約しましたか?」
M「まだしてないんですよ。おそらくFirewallの影響だと思います。」
O「売れちゃいますよ!」
M「やばいね、注文しておくよ(笑)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。