[写真あり]レトロフリーク ギアコンバーター使い方はこんな感じ


レトロゲームが好きです。買ったばかりの新しいソフトそっちのけで遊び倒してしまうほどに。大掃除の日にゲームボーイを見つけてしまった日には、作業の再開はないものと思って欲しい、妻よ。

そんな中に不覚にも見つけ出してしまったのがゲームギアとそのソフトたち。そういえばレトロフリークにドッキングしてゲームギアソフトを動かすことができる「ギアコンバーター」をご紹介していなかったことに気づきました。

ゲームギアは最高に可愛い。だが、見辛い…

我が家のアンティーク、ゲームギアはこちら。

1990年代前半、白黒が主流だった携帯型ゲーム機界に対抗すべく彗星の如く現れたのが黒船ゲームギア。テカテカと黒光りするボディに眩しい液晶カラー画面は当時としては革新的なマシーン。

が、いかんせんデカい、燃費が悪い、ソフトが少ないと3拍子揃ったパフォーマンスの悪さに王者ゲームボーイに太刀打ちできず。あんなに綺麗な画面だったのに。と、懐かしみながら画面を映してみると…

意外と見づらい。

小さなSTN液晶カラー画面はピカピカと眩く発光する割にゲームの画面は思いの外ボヤッとしていて見づらい。

中には現在のTFT液晶に改造する意識高い系ゲームギア愛好家がいるようだけど、ニンテンドー3DS、スイッチ、Vitaというハイエンド携帯ゲーム機に見慣れてしまった今ではどうしても見劣りしてしまう。どうやら思い出補正があった模様。しかし携帯ゲーム機も本当に綺麗になったもんだ。

そこでギアコンバーターですよ。


そこでこのレトロフリーク、ギアコンバーター。

当ブログでもレトロゲーム紹介の際大活躍しているレトロフリークですが、残念ながら通常のセットでは対応しているセガハードはメガドライブのみ。ここへ外付けのコンバーター「ギアコンバーター」を装着することで、SG-1000、セガマークⅢ、そしてゲームギアのソフトを遊ぶことができるようになるわけです。

レトロフリーク本体に装着した姿はこちら。

どうですこの凛々しい姿。ただでさえボテっとしたレトロフリークの本体に猛々しくそびえ立つギアコンバーターを見ていると、自分の姿勢の悪さを正されているるような気すらしてくるから不思議です。

およそ今風とは言えないビジュアルではあるものの、セガ製の3種類のソフトを挿すことができる夢のアクセサリー。このコンバーターにこんな感じでゲームギアのソフトを挿入するわけですね。

横。

ゲームのカセットは本体の上に挿し込むものという先入観に囚われ過ぎていると、押し寄せる違和感に頭がクラクラします。およそ大手のハードでは表現できない配置。

そして忘れるなかれ、このギアコンバーターはセガマークⅢとSG-1000も使えるのだった。試しに所持していたマークⅢソフト「ファンタシースター」を差し込んだ姿がこちら。

デカいというより、長い。

何かの間違いではないか。だけどこれでいい、これがいい。美術館によくこういうモニュメントが謎な表情で立っているけれど、見た人間を黙らせる何かがこのギアコンバーターにもあります。SG1000のマイカードをゲームギアスロットと反対の横側に挿入した日には一体どんな絵面になるのか、考えただけでもドキドキします。

だけどこの際機能すれば姿形などどうでもいい。レトロフリークでゲームギアソフトをプレイすると、大画面にはっきりとゲームギアソフトを動かすことができます。

そうまでしてゲームしたいか?という余裕の無さが浮き彫りになる佇まい。人は相手の一生懸命な姿に心揺さぶられるものだけど、そういうことなのかもしれない。

とはいえ、現行機に比べればどうしても見辛いゲームギア本体でソフトを楽しむのは今となっては現実的ではないため、これほど鮮明に映し出せるのはとても嬉しい。

他ハード対応同様レトロフリークの基本機能が使用可能!

ファミコンやスーパーファミコンなど他のソフト同様、カートリッジをスロットに差し込むとインストールについて求められます。

案内に沿ってインストールを行うと、数秒であっという間に完了。以降はカートリッジ無しでプレイ可能です。

他ハード同様に倍速プレイ、スクリーンショット撮影、キーコンフィグや連射設定、クイックセーブ、ロードも可能です。これで今は仕事に育児に忙しい当時のゲームギア少年たちも、効率的にゲームギアを楽しむことができます。

そしてスクリーンショットもこの通り。

当時のハード故ドットの荒さはあれど、はっきりくっきりとスクリーンショットを撮ることができ、我々ウェブマスターにとってもとても有難い限りです。

コードフリークのチートプレイも可能

忙しいお父さん(お母さん)たちの効率化、あるいは俺TUEE的な楽しみ方の強い味方がコードフリークによるチートプレイ。

ソフトによって内容は異なりますが、所持金をMAX状態にしたり、経験値をMAXにしたりして通常ではなかなか実現できない楽しみ方をすることができます。そしてゲームギアにおいてもこのコードフリークは使用可能です。

そもそもゲームギアの本体が今でも自宅にあり、且つ現役で使えるご家庭はそう多くないと思います。でも、昔あれだけ楽しんだゲームギアのソフトをもう一度楽しみたい!かといって、3DSのバーチャルコンソールにおいてはこういった便利機能は使うことができずそもそもの配信タイトル数が少ない…。

ある程度自由にゲームギアソフトを楽しむのであれば、何か特殊な知識も必要にならないこのギアコンバーターは相当遊べる品には間違いありません。

あの頃にはもう戻れないけれど、思い出だけは取りに戻れるさ…。あ、セガマークⅢも遊べますから!

テレビ画面より本体の方が気になってしまうけども!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。